ミュゼの口コミ評判&体験(脇・V・膝下)!効果は何回目で?

ミュゼの脇・ひざ下・Vラインの私の体験談、5つのデメリット、施術回数ごとの口コミ(2chやツイッター等)をご紹介します。

ミュゼに何回通えば効果を感じられるのか、肌質、毛質、施術部位によってちがうため、口コミをみても結果はさまざま。

より納得して契約するには、あなたと状況が似ている人の口コミをたくさんチェックし、事前に理解を深められると良いですね。

ミュゼの詳細&最新キャンペーン情報

『ヒジ下+ヒザ下+背中』など、全身3か所で360円・98%オフ!

初心者でも安心できる丁寧な接客。

サロン初心者でどこに契約していいか分からない場合、とりまミュゼ。

ミュゼの効果は一般的に何回目で感じられるの?

ミュゼの公式ホームページを見ると、施術の回数が2回から3回で毛質が変化してうぶ毛のようになり、6回くらい通えばムダ毛で悩むことはなくなると書かれていますね。

ミュゼの効果イメージ(回数別)

しかし、私がミュゼに通った時の体験や口コミサイトの情報を参考にすると、6回で終了できる人はあまりいません。

もちろん、6回目くらい施術を受けると毛質に変化を感じますが、まだ通う必要があるケースが多いです。

また他にも、2ちゃんねるの本音ベースの口コミを見ると、12回終了しても、数ヵ月後にはまたムダ毛が出てきたり、ミュゼに2年から3年通っているという声も。

回数が多くなるのは気になるところですね。

ミュゼの口コミ(2ちゃんねる)
(引用;2ちゃんねる)

脇やひざ下などの部位や、肌や毛質によって、効果や回数が変わってきます。

【私のミュゼの口コミ体験談】1回目の施術後1週間で効果を実感

私の場合、1回目の施術日から1週間後に、その効果を実感しました。

Vラインのムダ毛をつまんでみたところスルッと抜け始めたのです。

脇もついでに軽くつまんでみました。ところが両脇はこの段階ではまだ変化なし。同じく両膝下のムダ毛もつまんでみました。これも変化なし。

私の場合、効果が一番早く表れたのはVラインで、1週間くらい経つと抜け始めます。

両脇と膝下が抜け始めたのは2週間近く経ってからでした。

これは、その後2回の施術でも同じ順番で同じ時間の経過を辿りました。

部位によって効果に違いがあることを体験しました。

ただし、光を当てた場所のムダ毛が全てなくなるわけではありません。

毛周期の関係で、光に反応する成長期の毛だけが抜けるのです。

そのため、無理に力を入れて引き抜こうとする行為は、毛穴に負担をかけ、色素新着や炎症の原因となるためNGです。

できれば自然に抜けるのを待つ方がいいですが、抜く感覚を体験したいという人は指でつまんで優しく引っ張ってみましょう。

Vラインの場合、恥ずかしい部位だけに不安も大きいかもしれませんが、ミュゼの無料カウンセリングでは、エステティシャンが親身になって話を聞いてくれ、不安な気持ちも解消されますので臆することはありません。

ミュゼの最新キャンペーン情報に戻る

【私のミュゼの口コミ体験談】2回目の効果は?

ミュゼで1回目の施術をしてからひと月くらいは自己処理がいらない状態になりました。

事前にシェービングをしていますし、光を当てた箇所の毛が2週間後には抜け落ちるわけですから、ひと月自己処理をしなくてすむと言っても、きれいでいられるのは実質2週間くらいです。

さすがに2ヶ月くらい経つと、ムダ毛が気になる状態になりました。これは2回目も同じでした。

そのため、1回、2回程度では、毛質や毛量に変化はなく、カミソリで自己処理をひと月くらいしなくて済むという程度です。

でもひと月も自己処理をしなくてすむという快適さを知ると、早くも次の手入れをしたくなります。

そしてこの頃になると「こんなに楽になるのなら、もっと早くにミュゼに通っていればよかった」という後悔を感じ始めます。

よく言いますよね、「やった後悔よりやらなかった後悔の方が大きい」みたいなこと。まさにそれです。面倒だと思いながら自己処理をしていた時間がすごくもったいなく感じたのです。

だからもし「1回から2回目の効果は?」と聞かれたら、きっと「気持ちの変化」と答えるでしょう。

【私のミュゼの口コミ体験談】本当の効果を実感したのは3回目!

3回目終了後には明らかな変化を感じました。

すでに3ヶ月近く経過していますが、脚の特にひざ下に関しては、ムダ毛がほとんど目立たなくなりました。うぶ毛のような毛質になったからムダ毛が気にならなくなったのかもしれません。

ひざ部分に前回抜け落ちなかった毛がそのまま何本か残って伸びていますが(写真参照)、ごく数本なので気になる程度のものではありません。

ミュゼ・ひざ下の施術結果・写真(3回目後)

毛穴はまだ目立ちます。これがなくなればもっとお肌がツルツルの状態になると期待をしています。


両脇とVラインはどうかと言えば、毛質の変化はありません。まだ比較的しっかりとした太い毛です。でもムダ毛の量が減り、全体にまばらな感じになりました。1回目、2回目とは明らかな違いです。

以上が私のミュゼの口コミ体験談です。

ミュゼの公式サイトでは、3回目で『毛質の変化を実感』と書かれておりますが、私の場合、まさにその通りになりました。

このように私の場合、ミュゼは、費用対効果が高かったので、個人的におすすめできるサロンです!

ミュゼの公式ページで詳細チェック

ミュゼの5つのデメリットとは?

より納得感をもって契約いただくために、私が感じているミュゼのデメリットもチェックしていきましょう。

私が感じたミュゼのデメリットは、主に以下5つです。

ミュゼのデメリット1.全身脱毛において、よりコスパの高いサロンが存在する

ラボイメージ
画像引用;脱毛ラボの公式ページ

ここ最近、格安の全身脱毛で頭角を現してきているのが、『脱毛ラボ(以下、ラボ)』です。

キャンペーンを活用すると月に1回から2回の頻度で通え、かつ、1回の施術で全身を上から下まで一気に手入れをしてくれるスピード全身脱毛が、85880円で契約することができるコスパの高いコースがあります。

ミュゼの場合、同じ6回の契約では50%オフでも126000円かかる上、1回あたりの施術時間も長くなるため、予約も取れにくいのですが、ラボの場合、コストが安い上に予約も取れやすいのです。

ラボは、コスト削減により設備が簡素であったり、剃り残しによるシェービング代が発生したり、キャンセル料金がかかったりしますが、これらをひっくるめても、全身脱毛のコスパを考えた場合、ミュゼではなくラボに軍配が上がります。

また、ひときわ目立つ料金システムとして、月額1990円からでき、しかも11カ月間無料という、目を疑うほどの格安プランがあります。(その月により異なる)

しかし、この場合、全身の部位を1/8に分けて、1か月ごとに1/8づつ施術していく『お試しコース』であるため、全身すべての部位を1回施術するのに、8か月もかかってしまうのです。

全身のお手入れを完了させるためには、どんなに少なくとも6回はかかるわけで、一見、月額1990円という事で超格安に見えますが、このプランで全身1回を完了させるには、8カ月×6回=48カ月(4年)かかってしまう計算になり、『そんなに待てない!』と感じるケースが大半です。

その代替プランとして、『スピード全身脱毛6回分が85880円』というキャンペーンが用意されているわけですが、全身6回で10万を切る料金は、他サロンと比較しても破格であり、全身をとにかく安く済ませたい場合は、ラボがおすすめです。

脱毛ラボの公式ページで詳細チェック

ミュゼのデメリット2.顔に含まれる部位が、『鼻下』と『あご』のみ

ミュゼの顔脱毛は、『鼻下』と『あご』の2部位のみであり、目に近い、『眉間』や『鼻』が施術対象外である点は注意が必要です。

つまり、眉毛と眉毛のつながりや、産毛による鼻の黒ずみを何とかしたい、という悩みを解消できないのです。

もし、そういうニーズがある場合、費用がミュゼよりも多少かかりますが、ミュゼではなくディオーネがおすすめです。

より肌に優しい光を照射するディオーネは、眉間やもみあげなど目の近くの部位でも安全に施術できます。

芸能人やモデルがたくさん通うキレイモも顔に強いといわれていますが、さすがに、眉間やこめかみといった目に近いギリギリの部分は施術がNGなのですね。

しかし、格安で全身の手入れができ、かつ、スリムアップもできるため、コスパ高くトータルビューティしたいなら芸能人御用達のキレイモがおすすめ。

キレイモの公式サイトで詳細チェック

ミュゼのデメリット3.全身コースに顔が含まれていない

さらに、ミュゼの『全身コース』は、『鼻下』『あご』すらも、含まれていません。

ミュゼで、鼻下やあごを含めて全身を手入れしたい場合、別途、フリーセレクト美容脱毛コースを契約する必要があり、残念ながらコスパが悪くなります。

顔を含めた全身のお手入れを希望するなら、ミュゼではなく、先ほどお話したように、

  • ディオーネ(特に、顔を隅々までつるすべにしたい場合)
  • キレイモ(特に、顔を含めて全身のムダ毛をコスパ高くケアしたい場合)
  • の2つのサロンがおすすめです。

    ミュゼのデメリット4.部位によって強い痛みを伴う部分がある

    顔やVIO(特にI・O)などは、皮膚が薄い、色素沈着が進んでいるなどの理由により、人によって強い痛みを伴う可能性があります。

    こちらも、予算がかかっても痛みを伴わない快適な施術を希望する場合は、ミュゼではなく、無痛で受けることができるディオーネがおすすめです。

    ミュゼのデメリット5.他サロンと比較すると、まだまだ予約が取りずらい場面が多い

    脱毛器が新しくなり施術時間が半分に短縮され、キャンセル待ちなどをリアルタイムで教えてくれるアプリが登場するなど、ミュゼの努力により、『予約がとれない問題』は解消の方向には向かっています。

    しかし、日本で一番知名度の高いサロンゆえに、店舗や時間帯によっては、まだまだ予約が取れずらい状況が続いています。

    多少、予算がかかっても自分のペースをキッチリ確保したい場合は、ミュゼではなく、他のサロンも検討していきましょう。

    ミュゼの予約に関する記事一覧

    ミュゼの本音の口コミを施術回数別にご紹介します

    とはいえ、あなたが脱毛サロン初心者であったり、全身ではなく、まずは部分的にお手入れしたい場合は、高いコスパと安心感が得られるミュゼがおすすめです。

    そこで、もう少しミュゼの実態に迫るべく、私以外のミュゼの口コミ体験談として、信頼性の高い代表的なツイッターのつぶやき(=商売目的のURLが含まれていないつぶやき)を、施術回数ごとにご紹介します。

    ミュゼ1回目から効果が得られたという口コミ

    ありぃさんの場合、10月10日に1回目の施術が終わり、17日経過の10月27日時点で『全然生えてこない』という状況。

    別サロンでの施術経験を踏まえての、『これで行けそうな予感』という口コミですから、ミュゼに対する期待感の大きさがうかがえます。

    また、じろうちゃんぽんさんの場合も、1回目で脇毛の量が半減していますね。

    ミュゼの脇・1回目の実際は?効果や黒ずみの原因について!

    1回目では効果が得られなかったが、2回目から効果が得られたという口コミ

    『1回目は全然効果がなかったが、2回目は実感できた』という声もあることから、人によって効果が異なるといえます。

    毛周期のタイミングだけでなく、その人の肌質・肌色・毛の状態に合わせて、エステティシャンが、光の照射エネルギーを調整していることも大きく影響します。

    さらに、同じミュゼでも、部位によって完了までにかかる回数や時間は違ってきます。

    (例えば、Iライン・Oライン・顔などは、産毛や肌の色素沈着により、強い光を当てにくいため、どうしても完了まで時間がかかるなど)

    よって、参考になる口コミを見分けるは、具体的な部位に対して、詳しい体験が書かれているかチェックしましょう。

    なお、ミュゼでお手入れできる部位は、以下24か所です。

    ミュゼの部位

    (画像引用;ミュゼの公式ホームページ)

    さらに、『むだ毛で悩まないレベル』とミュゼの公式ページでも書かれている施術6回目の口コミについてチェックしていきましょう。

    ミュゼ6回目の効果の実際は?

    もちろん、施術部位や肌質によって状況はことなりますが、公式サイトにも書かれている『6回通うことで高い確率で効果を実感できる』というのは、これらの口コミをみても1つの目安になるといえるでしょう。

    ミュゼにおいては、『脇』と『ひざ下』は比較的抜けやすい部位である一方、顔やVIOの場合、肌が薄く照射出力を上げられない、産毛ゆえに、照射エネルギーを吸収しづらい、などの理由から、6回では抜けにくいケースが多く、注意が必要です。

    ミュゼの口コミに関する記事一覧

    ミュゼの効果に関する記事一覧

    ミュゼの全身脱毛の効果は?

    口コミを集めてみました。

    このつぶやきから見えてくるポイントは、

  • 脚の手入れが何か月も不要になる
  • 皮膚科での医療脱毛と比較してコスパが高い
  • 接客も丁寧で、デリケートなVIOも不快さ無し
  • の3点。

    ミュゼの全身やVライン脱毛に関するおすすめ記事は以下でまとめておりますので、合わせてチェックしてみて下さい。

    ミュゼの全身脱毛に関する記事一覧

    ミュゼのvライン脱毛にに関する記事一覧

    まとめ

    ・ミュゼは、特に脇や膝下など『抜けやすい部位』については、公式サイトに記載のとおり3回で毛質の変化を実感でき、6回でムダ毛に悩まない状態が手に入る可能性が高い。

    ・皮膚が薄い部位や色素沈着がある顔やVIOなどは、施術完了までに公式サイトに記載されている回数以上かかる場合がある。

    ・ミュゼのデメリットは、予約が取れにくいケースがある、また、全身に顔が含まれておらずコスパが低い

    脇・V・ひざ下など部分的にコスパ高く手入れするならミュゼ

    ミュゼの詳細を見てみる

    ページの先頭へ