こんにちは、脱毛サロンコンサルタントSAYAです。



うなじが毛深いと悩んでいる人の中には、元から毛深いという人と、いきなり毛深くなったという人がいます。



後ろ姿にコンプレックスがなかったのに、気が付けばうなじの剛毛が気になるという人は、もしかするとその原因を作り出しているのは自分かもしれません。



うなじの産毛をこれ以上剛毛にしないためにも、毎日の生活の中で剛毛になる原因を排除していきましょう。



今回は、うなじが毛深い理由と、産毛が剛毛になる原因について紹介していきます。







うなじが毛深い理由は?




うなじの毛が濃いという人は、いろいろな理由をあげることができます。



うなじが毛深い理由1.遺伝や隔世遺伝によるもの




ムダ毛の濃さというのは、遺伝や隔世遺伝などの体質によるところが大きいです。



元々うなじの毛が濃いという人は、遺伝や隔世遺伝を疑ってみましょう。



両親か祖父母など、体毛が濃い家系の人は同じように体毛が濃くなりやすいです。



そのような人は、うなじだけでなく腕や脚などの毛も濃い人がほとんどです。



うなじが毛深い理由2.生活習慣によるもの




元々うなじの毛は薄かったのに、次第に濃くなったという人は、生活習慣によるものです。



何気なく過ごしている生活習慣の中に、うなじが濃くなる原因が潜んでいます。



今からでも遅くないので、うなじの産毛が濃くなる原因を見つけだし、出来るだけ排除していくようにしましょう。



うなじの産毛が剛毛になる原因とは?




なぜうなじの産毛が剛毛のように太い毛になってしまうのでしょうか?



うなじの産毛が剛毛になる原因1.自己処理によるダメージ




うなじの産毛を自己処理し続けていると、硬毛化によって産毛が剛毛になります。



硬毛化とは自己処理などの刺激によって、毛が濃くなるという現象で詳しい理由は分かっていませんが、一説では皮膚を守るために毛を濃くしていると言われています。



自己処理の頻度が多いほど、自己処理をしている期間が長いほど、硬毛化になりやすく産毛が剛毛になります。



うなじは自分の目で直接見ることができないので、硬毛化に気が付くのが遅くなる傾向にあります。



うなじの産毛が剛毛になる原因2.紫外線の影響




紫外線は肌を老化させるなど、肌へダメージを与えいろいろな影響を与えています。



その一つにムダ毛を濃くするという影響を与えているのです。



紫外線が当たることでメラニンを生成し、シミを作るなど女性にとって嬉しくない影響を与えます。



紫外線によって肌が老化していくということは、肌にダメージを与えていることにつながります。



そのため紫外線によるダメージから肌を守るために、ムダ毛を濃くしてしまうという結果になります。



暑い季節になると髪の毛をアップにする人が多く、その影響もあってうなじに紫外線が当たりやすくなります。



そのため皮膚がダメージを受けて、うなじの産毛が濃くなってしまうのです。



またこわいことに、紫外線によるダメージは、ムダ毛を濃くしてしまうだけでなく、薄毛の原因になる可能性もあるということです。



紫外線が当たると肌の環境が悪くなるので、頭皮や髪の毛に十分な栄養を与えることができず、毛が抜け落ちるという現象も起こります。



このように紫外線による毛への影響は、いろいろなこわい側面を持ち合わせているのです。



うなじの産毛が濃くなる原因3.肌の乾燥




紫外線による肌へのダメージと同じように、肌が乾燥するとダメージを受けてしまうので、うなじの産毛が剛毛になります。



太陽の光に当たると肌の水分が蒸発してしまうので、紫外線は肌の乾燥も同時に引き起こしてしまうのです。



肌が乾燥するとバリア機能が低下するので、どんどん肌内部の水分が蒸発し、乾燥状態が悪化します。



皮膚はめくれ上がると、改善するのが難しく、うなじの産毛まで剛毛になるので見た目にも悪くなってしまいます。







うなじの産毛を剛毛にするダメージからうなじを守るために必要なこととは?




うなじの産毛を剛毛にしてしまうダメージを紹介しましたが、うなじを守るためにどのような事を行えばいいのでしょうか?



うなじを守るために必要なこと1.自己処理の頻度を抑える




うなじにダメージを与える原因として一番大きな問題が、自己処理です。



肌に直接傷を作り、ダメージを与えることになるので、自己処理をやめるか、自己処理の頻度を減らしましょう。



なるべく髪の毛をアップにしない、うなじを出す前だけ処理をする、など生活の中でうなじの産毛を処理しないように気を付けることが必要です。



自己処理をするたびに肌へのダメージを繰り返し、うなじの産毛を濃くしてしまっているので処理自体をやめるということがうなじを守る近道になります。



⇒うなじの手入れについて!産毛の自己処理方法5つと注意点!



うなじの自己処理をやめるには、根本的に毛が生えにくい状態にもっていくのが大事で、コスパを考えると脱毛サロンに通うことがおすすめです。



脱毛サロンには、主に、全身脱毛と部分脱毛がありますが、まずはうなじであれば、部分脱毛の強いミュゼがおすすめです。



うなじを守るために必要なこと2.紫外線対策を行う




うなじを守るために必要なことは、紫外線からのダメージを避けるため、紫外線対策を行うということです。



うなじは紫外線が当たりやすい部分なので、しっかり対策を行わないと一年中紫外線が降り注いでいるということになります。



また日焼け止めクリームを塗り忘れやすいところですし、髪の毛を下しているときの紫外線対策は忘れがちになります。



そのため首の後ろであるうなじは、日焼けをして相当なダメージが蓄積されているのです。



うなじを守るために必要なこと3.保湿ケアを行う




肌が乾燥すると、肌を守るために重要なバリア機能が低下し、ダメージを受けやすくなる原因です。



そのためうなじまでしっかり保湿ケアすることで、うなじをきれいに保つことができるのです。



顔に化粧水と乳液を塗る延長で、うなじまでしっかりスキンケアを行いましょう。



紫外線を浴びたという日は、ビタミンC誘導体を配合した美容液などを塗っておくとシミなどの原因を予防できる他、傷んだ細胞を修復することができます。



うなじの産毛を濃くさせないために必要な3つのことに共通することは、肌へのダメージを軽減するということです。



元々産毛だったのに関わらずうなじの産毛が濃くなるということは、うなじに対して何等かのダメージが加わっているということになります。



そのため自己処理によるダメージや紫外線、乾燥などを解消していく必要があるのです。



紫外線や乾燥などは、自分の努力でどうにか対応することができますが、自己処理のダメージはなかなか解消することができませんよね。



なぜかというと、自己処理をしないという選択肢がないからです。



うなじの産毛を解消するためには自己処理が必要なのだから仕方がない、と感じている人はいませんか?



うなじの産毛の自己処理によるダメージを解消するには、うなじ脱毛をするという選択肢があります。



うなじ脱毛すればうなじの産毛を処理できるだけでなく、薄くしていくことができるので、結果的に自己処理が必要ないくらいまで脱毛することができます。



うなじの産毛を剛毛にさせないための選択肢の一つとして、うなじ脱毛がおすすめですよ。



自分では処理しにくい部分は、うなじ脱毛しておくといつでもきれいな状態を保つことができるので、ムダ毛に対するストレスが軽減されます。



うなじの産毛が剛毛になると、後ろから見るととても目立つようになり、後ろ姿に自信を持てなくなります。



剛毛にならないように注意して、きれいなうなじを手に入れてくださいね!