こんにちは、脱毛サロンコンサルタントSAYAです。



脚を出したいのに色素沈着の黒ずみが気になる、という女性は多いのではないでしょうか。



本来白くて綺麗な脚のはずが、いろいろな原因によって色素沈着を起こし黒ずむため、女性の自信を奪っているのです。



脚の黒ずみがなければストッキングやタイツなどで隠さず、もっと自信を持って脚を出せるはず・・・。



しかし今からも遅くはありません、正しいケアをすれば黒ずみは少しずつ改善していくことができるのです。



今回は、脚の色素沈着の原因と効果的な改善方法を紹介します。







脚の色素沈着の原因は何?




脚の色素沈着の原因はいろいろあります。



脚の色素沈着の原因1.自己処理によるダメージ




一番肌に影響を与える原因は、自己処理によるダメージでしょう。



繰り返しカミソリで処理していると、皮膚と毛穴に負担をかけてしまいます。



カミソリは刃を当ててムダ毛を剃るので、目には見えませんが、表皮を傷つけてしまっているのです。



そのためカミソリで処理した後、クリームなどでケアもせずに放置していると、粉が出るように乾燥してしまいます。



頻繁にカミソリを使用している人や、長い年月カミソリでの処理を続けている人は、少しずつダメージを蓄積しているため、毛穴があとになって黒ずんでしまうのです。



また毛穴の黒ずみを悪化させる原因は、毛抜きの使用です。



毛抜きを使って脚の毛を抜くと、毛穴に相当なダメージを与えてしまうので、毛穴が黒ずんでしまい、一つ一つの毛穴がブツブツ跡になって大きく目立ってしまいます。



なぜ黒ずむのかというと、毛抜きによる刺激とダメージを受けると肌内部ではメラノサイトがメラニンを生成し、肌を守ろうとするからです。



メラニンはシミの原因となるので嫌われがちですが、決して悪いものではなく肌を守るために生成されているものなのです。



脚の毛を自己処理するときには、絶対毛抜きは使用しないようにしましょう。



脚の色素沈着の原因2.摩擦




脚の中でも特にひざやくるぶしの黒ずみの原因は、摩擦によるものがほとんどです。



デニムやスキニーパンツなどを頻繁に履いていると、同じ部分だけ摩擦が起こってしまいます。



そのため一部分だけ極端に乾燥する上に、繰り返し摩擦が起きるので、皮膚が色素沈着を起こしてしまい黒ずんだ跡が出来てしまうのです。



脚の色素沈着の原因3.肌の乾燥




脚は顔などの皮膚と比べて厚く、しっかり作られていますが、それでも乾燥には弱い部分です。



ムダ毛の自己処理や衣類による摩擦、季節的な乾燥によって、脚の皮膚も乾燥で悲鳴を上げています。



肌が乾燥していると摩擦によるダメージをダイレクトに受けてしまい、黒ずみの原因となるメラニンを生成するため色素沈着を起こしてしまうのです。



肌が乾燥していると表皮がはがれやすくなり、バリア機能が低下するため、肌内部の水分までどんどん蒸発してしまいます。



脚の皮膚の乾燥をクリームなどを塗らずに放置していると、粉をふいたようになるのもこのせいです。







脚の色素沈着を改善する方法は?




脚の色素沈着による黒ずみを効果的に改善するためには、どのようなケアをすればいいのでしょうか?



脚の色素沈着を改善する方法1.保湿ケアを行う




顔は毎日しっかりスキンケアする人が多いものの、脚の皮膚の保湿ケアを毎日きちんとしている人は少ないのではないでしょうか。



脚の皮膚も毎日保湿ケアをしてあげないと乾燥状態が進んでしまい、色素沈着の黒ずみがひどくなってしまうのです。



効果的な保湿ケアをすれば、乾燥を改善することができ、お肌のターンオーバーを正常に働かせることができるので、色素沈着を起こした皮膚も新しく生まれ変わることができるのです。



脚の色素沈着を改善する方法2.リンパマッサージをする




皮膚や毛穴の黒ずみを改善するためには、リンパマッサージも効果的です。



リンパマッサージをすることで、血流を活発にすることができ、肌の細胞の新陳代謝を効果的に活性化することができるのです。



肌の生まれ変わりの周期は28日と言われていますが、加齢や乾燥、ダメージなどによってその周期が乱れてしまいます。



肌の新陳代謝がうまく働かないと、古い細胞が排出されないので、そのまま定着し角質が厚くなります。



古い皮膚が剥がれ落ちないということは、メラニンも排出されないということなので、色素沈着による黒ずみが一向に改善されないということになります。



リンパマッサージをすることで、老廃物や水分を排出することができ、栄養を効果的に細胞に運ぶことができるので、ターンオーバーを正常に機能させることができるためメラニンの排出を促すことができるのです。



マッサージをするときに、保湿クリームやマッサージクリームを使うと、マッサージ効果とともに保湿ケアもできるので一石二鳥です。



脚の色素沈着を改善する方法3.皮膚科を受診する




自分では治すことができない脚の色素沈着を改善するためには、皮膚科を受診しましょう。



皮膚科では、ハイドロキノンとトレチノインを併用して黒ずみを治療していきます。



ハイドロキノンはお肌の漂白剤と言われているほど、強い美白効果を発揮します。



またトレチノインにはピーリング効果があり、肌のターンオーバーが通常よりも早く促進されます。



そのため古い角質が除去され、メラニンが排出されるので、脚の黒ずみを解消していくことができるのです。



この2つを併用して治療すると色素沈着に効果がありますが、心配なのは副作用です。



赤く腫れたり、皮膚がただれたり、乾燥状態になるので保湿剤と併用するなど使用方法には注意しなければいけません。



皮膚科で治療しないといけなくなるまで悪化させずに、早い段階で脚の黒ずみを解消し、予防しておくことが大切ですね。



脚の毛の脱毛を開始したとしても、カミソリ等で自己処理をしなければいけないタイミングが出てくるでしょう。



そんな時は極力肌と毛穴にダメージを与えない方法を選ぶ必要があります。



カミソリよりも電気シェーバーを使用するのがいいですが、どうしてもカミソリで剃りたい時には専用のシェービングクリームを使用するとダメージを最小限にすることができます。



便利さや快適さを優先すると、その分肌や毛穴に負担をかけているかもしれません。



まずは肌と毛穴に負担をかけない事を優先して自己処理する必要があるでしょう。




しかし負担をかけない自己処理はなかなか難しいです。



前述の通り、脚の色素沈着はカミソリでの剃毛や毛抜きによるものが、特に大きいですよね。



脚の色素沈着が気になって皮膚科を受診するなら、初めから原因となる自己処理を避けて、脱毛する。



それなら色素沈着も起こりづらくなって、自己処理にとられる時間も最小限で済みますよね。



脚の色素沈着を改善する方法4.脚の毛を脱毛する




脚の黒ずみを改善する方法として一番有効な方法は、脚の毛を脱毛するということです。



脚の毛を脱毛すれば、黒ずみの原因となるカミソリ等での自己処理をしなくても済むので、黒ずみを悪化させることもありません。



また脚脱毛したからといってすぐに黒ずみが消えるということはありませんが、保湿ケアをしていくことで少しずつ綺麗な肌色に改善していくことができるのです。



カミソリ等での自己処理が必要なうちはダメージから解放されることがなく、保湿ケアをしたとしても十分にその効果を発揮しません。



しかし脚の毛の脱毛が進んでいくうちに、毛が細くなり、自己処理によるダメージもなくなっていくので、肌は自分の力を取り戻しダメージから回復する方へと進んでいくのです。



黒ずみを改善していくために必要なことは、まず自己処理をやめるということです。



そのためには脚脱毛をして、自己処理の必要ない素肌を手に入れることが必要なのです。



なお、TBCのスーパー脱毛なら、脱毛クリニックとほぼ同じ美容電気脱毛を採用しており、ほぼ永久脱毛でありながら、より安価でお手入れできます。



さらに、フラッシュ脱毛と組み合わせることもでき、『足全体をフラッシュで一通り手入れしつつ、気になるスネ毛だけは美容脱毛でつるつるに仕上げる』といった、希望が叶います。



まずは、外から見えない脇などで試してみるのもいいですよね。



⇒TBCの脇脱毛の料金と本数は?スーパー脱毛のデメリットは?



今回紹介したように、脚の色素沈着を悪化させる原因は一つではありません。



自分の生活に当てはまるものがないか確認し、改善する効果的な方法を試してみてくださいね!



綺麗な肌色の脚を手に入れれば、ストッキングやタイツで隠さず、自信を持って脚を出すことができるので、いろいろなファッションを楽しむことができますよ。