一年を通して足を露出するという女性が多く、常に無駄毛を綺麗に自己処理しておきたい部位NO1.が足と言われています。



足を露出するファッションの時だけでなく、足の無駄毛は常に綺麗に処理しておきたいですが、方法によっては、足のザラザラが残ったり、毛穴の黒い点々が気になったりなど綺麗に処理することができません。



どのような方法を実践すれば、足の毛穴が目立たないくらいツルツルにすることができるのでしょうか?



今回は、足をツルツルにする方法をおすすめ順に紹介し、メリットとデメリットも合わせて解説していきます。











足をツルツルにする方法をおすすめ順にご紹介!メリット・デメリットも!




足をツルツルにする方法1.フラッシュ脱毛




脱毛サロンのフラッシュ脱毛は、黒いメラニン色素に反応する特殊な光を照射することで無駄毛の毛根にダメージを与えることができ、毛を薄くしていくことができます。



足の毛をフラッシュ脱毛するメリット1.肌への負担が少ない




脱毛器の進化によりフラッシュ脱毛による皮膚への負担が少ないと言えるでしょう。



他の無駄毛処理方法と違い、肌の表面に直接ダメージを与える方法でないので、肌への負担が軽いという事が魅力です。



毛根部に熱エネルギーによるダメージを与えることができるので、無駄毛の再生を行う部分を弱めることができます。



またフラッシュ脱毛はフォトフェイシャルに使われる光を使用している場合もある(大手脱毛サロン『エタラビ』など)ので、脱毛しながら美肌へと導くという女性には嬉しい効果も発揮します。



足の毛をフラッシュ脱毛するメリット2.終わりのあるムダ毛処理




フラッシュ脱毛は一時的な無駄毛処理ではなく、終わりのある無駄毛処理方法です。



永遠にフラッシュ脱毛しなければいけないという事がなく、徐々に毛が薄くなっていくので、毛がなくなった時点で脱毛をやめることができるのです。



脱毛施術を重ねれば、足の無駄毛をなくすことができるので、自己処理が必要ないほどまでツルツルな足を手に入れることができます。



肌へのダメージの原因である無駄毛の自己処理が必要なくなるので、フラッシュ脱毛は将来のことを考えた無駄毛処理と言えるでしょう。



足の毛をフラッシュ脱毛するデメリット1.お金がかかる




他の処理法と違ってフラッシュ脱毛はお金がかかるという点がデメリットです。



今回紹介した他の2つの無駄毛処理法は、ワックス脱毛や除毛クリームの商品を購入すればそれ以上費用は必要ありません。



自分で脱毛しなければいけないので、商品代金のみで足の毛を綺麗に除毛することができるのです。



しかしフラッシュ脱毛は使われる脱毛器が高額であり、プロのエステティシャンにすべての工程を行ってもらえるということから脱毛完了までにはお金がかかってしまうのです。



脱毛完了までの回数によって、最終的にかかる費用が異なりますが、回数を重ねるごとに毛が薄くなっていくので、目に見えて結果を出すことができます。



足の毛をフラッシュ脱毛するデメリット2.定期的に脱毛サロンまで通う必要がある




脱毛サロンでフラッシュ脱毛を行う場合、毛周期に合わせて定期的に脱毛サロンに通わなければいけません。



脱毛サロンによって2~3か月の間隔で通い、足の無駄毛を薄くしていくことができます。



決まった間隔で脱毛サロンに通わなければいけないということに負担を感じる女性が多く、脱毛途中でやめてしまう人も少なくありません。



足をツルツルにする方法2.家庭用脱毛器を使用する




家庭用脱毛器として販売されているほとんどが、フラッシュ脱毛です。



足の毛を家庭用脱毛器で脱毛するメリット1.自宅でフラッシュ脱毛ができる




家庭用脱毛器のメリットと言えば、自宅でフラッシュ脱毛できるということでしょう。



脱毛サロンに通う必要がなく、あいた時間で自分で脱毛することができます。



時間に縛られることなく、早朝でも深夜でも好きな時間に脱毛することができるので、フラッシュ脱毛に対するストレスを軽減することができます。



また脱毛頻度や脱毛レベルを調節することができるので、自分に合ったフラッシュ脱毛を行う事が出来ます。



足の毛を家庭用脱毛器で脱毛するメリット2.終わりのある脱毛




脱毛サロンのフラッシュ脱毛と比べると出力が弱いため、効果の出方には個人差があります。



しかし使い続けることで無駄毛を徐々に薄くしていくことができ、自己処理が必要ないほどまで脱毛することができます。



家庭用脱毛器の進化もあり、早い段階で脱毛の効果を実感することができます。



足の毛を家庭用脱毛器で脱毛するデメリット1.脱毛完了まで根気がいる



家庭用脱毛器を使用すれば自宅でフラッシュ脱毛することができますが、すべての工程を自分で行わなければいけないので、脱毛完了まで根気のいる作業となります。



一般的な家庭用脱毛器は10日1回の頻度で脱毛施術しなければいけませんし、繰り返し使用しないと脱毛効果を実感することが出来ないので、非常に手間がかかります。



脱毛完了まで根気のいる作業を自分で続けないといけないという点がデメリットです。



足の毛を家庭用脱毛器で脱毛するデメリット2.脱毛器の購入費用が必要




自宅で家庭用脱毛器を使用してフラッシュ脱毛するためには、自分で脱毛器を購入しなければいけません。



家庭用脱毛器は種類によって費用は異なりますが、平均して6~7万円ほどかかります。



中古だとそれよりも安く手に入れることができますが、トラブルや修理、故障などに対するサービスを受けることができない可能性もあるので、メーカーから購入するのが安全です。



家庭用脱毛器の中には、返金保証のついた商品もあるので、家庭用脱毛器に対していろいろな不安がある人も安心して購入することができるのではないでしょうか。



脱毛器の人気おすすめランキング&口コミ2018!家庭用光脱毛編



足をツルツルにする方法3.ワックス脱毛




処理したい足の毛に自分でワックスを塗り、専用のシートを貼りつけ、剥がすだけで処理できる方法です。



はじめからシートにワックスがついているシートワックスもあり、より気軽に足の無駄毛を処理することができます。



足の毛をワックス脱毛するメリット1.毛穴が目立たない




ワックス脱毛はワックスに毛を貼りつけて処理するというもので、細い毛だけでなく太い毛もしっかり脱毛できるという事が魅力です。



また毛根から引き抜くことができるので、毛穴に毛が残らず、毛穴が目立たなくなります。



カミソリや電気シェーバーだと毛穴には毛が残ったままなので、毛穴の黒い点々が気になりますが、ワックス脱毛を行えばそのような事がありません。



足の毛をワックス脱毛するメリット2. 一定期間ムダ毛のない状態を維持できる




ワックス脱毛のもっとも魅力的なメリットと言えば、一定期間無駄毛のない状態を維持できるというところです。



毛根から無駄毛を引き抜くことができるので、次の成長期の毛が生えてくるまでは、全く毛のない状態を維持することができるのです。



一般的な期間は、10日ほど毛のない状態を維持することができます。



数日旅行に行くので自分で己処理が出来ないという時や、水着を着るときなど完璧に足の無駄毛を処理しておきたいという時にベストな処理方法です。



女性向けの2ちゃんねる的な掲示板(ガールズちゃんねる)では、生えてくるものの、だんだん作業としては慣れてくるという体験者の声を見ることができます。



痛いけどだんだん慣れてくる

(画像引用;ガールズちゃんねる)



それから、ツイッターをみてみると、『ワックス脱毛が楽しい』という声もあります。






人によって(=肌質や毛質によって)、一瞬でツルピカ肌を手に入れることができるので、快感に感じるケースもありますね。



足の毛をワックス脱毛するメリット3.毛が伸びてきたときにチクチクしない




足の毛を処理してしばらくすると毛が伸びてきて、チクチクと痛い・・・ということはありませんか?



それはカミソリや電気シェーバーで剃ったときに毛が真横に処理されてしまうので、表面の毛先がとがってしまうためです。



毛先がとがるとチクチクと痛いだけでなく、ストッキングなどから毛が飛び出してしまうのです。



しかしワックス脱毛すれば毛根から抜くことができるので、毛先がとがるということがありません。



次に生えてきた毛の毛先は丸いので、チクチクと痛いことがなく、柔らかい毛が生えてきます。



足の毛がチクチクとすると自分自身も不快ですし、彼氏と近づくときもチクチクしていると恥ずかしいですよね。



知恵袋をみても、同じ意見がのベストアンサーとして支持されていることから、同じ思いを感じている女性は多いといえるでしょう。



知恵袋ベストアンサー



ワックス脱毛していれば、チクチクすることがないので、相手にチクチクが当たる心配がありません。



足の毛をワックス脱毛するデメリット1.埋没毛になる可能性がある




必ず埋没毛になるということではありませんが、ワックス脱毛すると埋没毛になる可能性が高いです。



ワックス脱毛は毛抜きを使ったように毛根から毛を引き抜くので、毛穴に対して大きな負担をかけることになります。



刺激を受けた毛穴は角質を厚くするため、毛穴にフタを作ってしまいます。



その角質のフタによって成長してきた足の毛は閉じ込められてしまうため、埋没毛の状態になってしまうのです。



そのまま放置していれば皮膚を突き破って毛が出てきますが、それまでは皮膚内で毛が成長してしまうので、非常に目立ってしまうということがデメリットです。



多くの女性は、埋没毛の状態を我慢することができず、皮膚を自分で破ってしまいますが、それはそれで皮膚にかなりのダメージを与えてしまうことになるのです。



皮膚を破かれた肌はより角質を厚くしてしまうので、ワックス脱毛を行うときには特別なケアが必要になります。



保湿ケアはもちろんですが、定期的なピーリングで角質を取り除くということが大切です。



ピーリングをしておけば、毛穴に角質のフタが出来るのを防ぐことができるので、埋没毛を予防することができるのです。



埋没毛になった状態でピーリングをしても、古い余分な角質を除去することができるので、埋没毛を改善することができるでしょう。



ピーリングで角質を除去するイメージは以下の動画が参考になります。







足の毛をワックス脱毛するデメリット2.肌に負担がある




自分でワックスを使って毛を毛根から引き抜くという方法なので、少なからず肌や毛穴にも負担があります。



足の皮膚は比較的厚くしっかりしているので、肌荒れする心配は少ないですが、毛穴が赤く炎症する可能性は残っています。



毛が太ければ太いほど毛を抜くときに毛穴に大きな負担がかかるので、毛穴が赤くなってしまうかもしれません。



なるべく毛穴が炎症しないようにするためには、自分で処理する部分を温めて、お肌と無駄毛を柔らかくしておくということが大切です。



無駄毛が水分を含んで柔らかくなっていれば、弱い力で処理することができるので、その分お肌への負担も軽くなります。



ワックス脱毛する前に湯船に浸かったり、ホットタオルで温めるなどしておくと、毛穴の炎症を抑えることができます。







足を ツルツルにする方法4.除毛クリーム




除毛クリームを使って足の毛を処理する方法が、クリーム脱毛です。



毛のタンパク質を溶かす特徴のある除毛クリームを塗って、一定時間放置するだけで、自分で足の無駄毛を処理することができるので、非常に手軽で人気のある方法です。



足の毛をクリーム脱毛するメリット1.広い範囲を一気に除毛できる




除毛クリームは足の毛全体に塗って一気に処理することができるので、短時間で広い範囲を除毛できるという事がメリットです。



広範囲のムダ毛を処理するとなると、汗だくになるということもありますが、除毛クリームはクリームを塗る作業だけでいいのでとても簡単です。



自分でクリームを塗って一定時間放置するだけという手軽さも、除毛クリームが人気の理由です。



足の毛をクリーム脱毛するメリット2.簡単な使用方法




除毛クリームは無駄毛を処理したい部分にクリームを塗って、一定時間放置し、クリームをふき取るだけで毛を処理できるのでとても使い方が簡単です。



使い方がシンプルで、誰でも簡単に使うことができるので、無駄毛処理の初心者に人気のある無駄毛処理法です。



実際に除毛クリームを使った動画がありますので、あわせてご参考ください。







足の毛をクリーム脱毛するメリット3.処理後の毛先がチクチクしない




除毛クリームは無駄毛を溶かして処理する方法なので、毛先がとがらないためチクチクとすることがありません。



毛が伸びてきても毛先がチクチクせず、毛が柔らかいので、毛先が刺さるなどの不快感がありません。



足の毛をクリーム脱毛するデメリット1.肌への負担が大きい




除毛クリームのデメリットと言えば、足の皮膚への負担が大きいということでしょう。



足の皮膚は他の部分と比べると厚みがあるので、ダメージには強いですが、除毛クリームの刺激で肌が赤くなる可能性もあります。



除毛クリームは毛のタンパク質を溶かして処理するという特徴があります。



皮膚もタンパク質からなるので、除毛クリームを使うと毛だけでなく、皮膚自体も溶かしてしまうのです。



そのため肌への負担が大きく、皮膚が敏感な人やデリケートな人は、肌に赤みや痒みが出るなど肌トラブルを起こす可能性があります。



毛を処理する過程で仕方のないことなので、敏感肌やアトピー肌には除毛クリームは使用しない方が良いでしょう。



まとめ



カミソリや電気シェーバーを使用して足の毛を処理すると、どうしても毛がチクチクと残ってしまい、見た目にも黒い点々が目立ちます。



しかし今回紹介した方法を実践すれば、足をツルツルにすることができるので、足のチクチクも黒い点々も気にならないようになります。



足をツルツルにしたいときには、皮膚の表面だけでなく、毛根から処理できる方法がおすすめです。



その中でも終わりのある脱毛である、フラッシュ脱毛が皮膚にも負担が少なく、毛のないツルツルな状態を維持できます。



将来の肌に投資をすると考えて、足の毛をフラッシュ脱毛すれば、自信の持てる素肌を手に入れることができます。



どの方法で足の毛を処理しても、処理後のケアは忘れずにツルツルな素足を手に入れてくださいね。



今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。