聞きにくい聞きにくいライン




こんにちは。あかねです。



ミュゼはじめサロンやクリニックでVラインを手入れする際、事前にアンダーヘアを自己処理することになりますが、デリケートゾーンなだけに、不安がつき物ですよね。



ミュゼではアンダーへアの事前処理のためにVラインプレートというテンプレートが配布されますが、イメージがわかないという人も多いでしょう。



そこで今回は、Vラインプレートの画像を紹介しながら、使い方や自己処理の範囲、アンダーヘアの量や形の調整ができるかどうかなど、実際に私が疑問・不安に感じた内容を中心にご紹介します。



★ミュゼの最新キャンペーン情報★
ミュゼ公式サイトイメージ



脱毛は急ぎたい。支払いはゆっくりしたいなら、ミュゼの全身脱毛がおすすめ!


 勧誘なし、丁寧な接客で口コミ良好

 全身脱毛22ヶ所、月々8400円(税込)で利用可能

 全身脱毛が月2回通え、1回60分、最短6カ月で脱毛完了

 全身脱毛1回の来店で一気に全身お手入れ可能

 途中解約も可能

 痛みがほとんどないSSC脱毛方式









ミュゼの自己処理用vラインプレートを画像で解説!




ミュゼで脱毛する場合、前日までに自己処理をしていく必要があります。



それは、Vライン脱毛の場合も同様。



Vラインの自己処理は難しいと思うかもしれませんが、カウンセリング時にもらった「Vラインプレート」を使用すれば、どの程度デリケートゾーンのシェービングすれば良いかわかります。



ミュゼのVラインプレートは台形を逆さにしたような形で、上部は10センチ、下部は5センチ、高さ10センチ。




実際のVラインプレートの画像がこちらです。



Vラインプレート
実際のVラインプレート




では、このVラインプレートを使ったアンダーへアの自己処理のやり方を見ていきましょう。

ミュゼのvラインプレートでの事前処理のやり方は?




Vライン脱毛の施術の事前処理をする場合、このVラインプレートの範囲内は残し、ラインからはみ出したアンダーヘアを処理することになります。



私の経験上、まずVラインプレートからはみ出した部分をハサミでカットし、その後にシェーバーで形を整えるようにお手入れするとアンダーヘアの処理がしやすいです。



私の場合、実際にはVラインプレートよりも1センチ程度内側の範囲までシェービングをしていきました。



先ほど施術の前日までにアンダーヘアを自己処理する必要がある、と書きましたが、このとき剃り残しがあると脱毛してもらえない可能性があります。



vライン脱毛はどこまで剃るの?サロン別違いと自己処理のコツ!



詳しくは上記の記事でご紹介しているので、確認してみてくださいね。



自己処理に失敗して肌荒れができてしまうと、状態によっては施術がキャンセルになってしまうこともあります。



そうならないために万全の肌状態で施術を迎えたいですね。



肌荒れ防止対策など、詳しくはリンク先の記事を参考にしてください。



⇒自己処理のカミソリ負けでもミュゼ脱毛できる?赤みの対策は?



ミュゼのvライン脱毛の範囲は?




Vラインのアンダーヘアの生え方は人それぞれです。



お腹近くまで毛が生えている人もいれば、太ももの付け根部分にまでアンダーヘアが広がっているという人もいます。



そうなるとVラインだけでは足りなくて、「これはお腹の毛?ひざ上の毛?」という不安が出てくるのではないでしょうか。



不安な方は「Vラインプレート」の裏側を確認してもらうと、Vラインのお手入れ範囲が図で示されています。



ミュゼの公式ホームページでもわかりやすく解説していますね。



ミュゼのVラインプレートの使い方と自己処理の範囲について!イメージ

画像引用;ミュゼの公式サイトより




こちらを見る限り、ミュゼのVライン脱毛ではかなり広い範囲の手入れが可能であることがわかります。



ミュゼでは実際のお手入れの際にも光を当てる部分をマーカーで示してくれますから、一体どこまでが施術範囲なのか?という心配は不要です。




もしVラインだけではなく、周辺のデリケートゾーン全体を効果に納得いくまで手入れしたいのであれば、「ハイジニーナ7美容脱毛コース」というセットコースがおすすめ。



ミュゼ vio脱毛コースイメージ
(画像引用;ミュゼの公式ページより)




ハイジニーナのコースだと6回72,000円、フリーセレクトだと6回18,000円を4カ所契約することになるので総額72,000円です。



料金としては同じですが、ハイジニーナには専用パーツであるへそ下とVライン上の手入れがつくので、ハイジニーナコースの方がお得度は増します。



また、アンダーヘアを自然な形で残したい場合、こちらのセットコースであれば、VIOおよびその周辺部位における毛量のバランスを考慮しながら細かい処理や要望を注文できるため、安全確実です。



特に、サロンでVラインだけ手入れした場合、それ以外にある周辺の濃いムダ毛が、逆に、目立ってしまうという落とし穴がありますので、実は、そのあたりも注意が必要なんですね。



その点、ミュゼのVIOコース(ハイジニーナコース)を利用すれば、施術範囲が広いですし、アンダーへアを理想とする形に仕上げることができるので満足度が大きいですよ。



ミュゼの無料カウンセリングであれば、アンダーヘアの形についても、しっかり相談に応じてくれますので、VIO初心者でも安心です。



初めてのvio脱毛は不安だし恥ずかしい…という方もいますよね。



こちらの記事ではミュゼでのVライン脱毛体験をご紹介しています。



vio脱毛は恥ずかしい?ミュゼで初めてのVラインを体験!



ミュゼでアンダーヘア全体の毛量を減らしたい場合は?




Vラインプレートを見た時に多くの人が感じるのが、『プレートの内部』のアンダーヘアの手入れはしてくれるのか?ということではないでしょうか。



なぜなら、アンダーヘア全体の毛量が多い人がVラインだけ手入れした場合、アンダーヘア全体を見たとき、逆にプレート内部の部分のモッサリ感が目立ってしまいみっともなくなってしまうのでは?という心配がよぎるからです。




ミュゼでアンダーヘア全体の毛量を減らしていくためには、アンダーヘアに関する部位(トライアングル上、トライアングル下、Vライン左右、の3パーツ)すべての契約が別途必要になります。



最近のミュゼの初回キャンペーンでは、『ワキ+Vライン』がセットになっているメニュー(その月によってキャンペーンの内容は異なります)もありますが、これだけでは、アンダーヘア全体の毛量を減らすことはできません。



自分に最適なプランを選ぶためには、事前のカウンセリングでしっかり相談をしてくださいね。




ミュゼでアンダーヘアの形は決められるの?


意見を伝える




アンダーヘアの形の要望を相談することはできますが、ミュゼでスタッフさんから形について要望を聞いてくれたり、提案・説明をしてくれる可能性は低いです。



したがって、こちら側(お客さん側)から、予約前にアンダーヘアの形の要望を伝えていく必要があります。



アンダーヘアのデザインは、どんな形があるのかを事前に調べ、 希望の形を決めた上で、カウンセリングの際にミュゼのエステティシャンに相談をするとスムーズです。



アンダーヘアの形人気ランキング!女性の理想のハイジニーナとは?



また、施術前に、コールセンターに電話で相談をして、説明を受けておくとさらにスムーズ。



サロンのコールセンターの方はたいていの場合、お客さんよりも知識が豊富ですから、事前に電話で打ち合わせをしておくことで、施術やアンダーヘアの自己処理に関してあなたが想定していない新しい視点や切り口を発見することができます。



また、あなたの頭の整理もつくので、よりイメージに近いアンダーヘアに仕上げることができるでしょう。



ミュゼの公式ページで詳細チェック



ミュゼでの脱毛に興味がある方は、ぜひミュゼの口コミなどもチェックしてみてくださいね。



⇒ミュゼの脇脱毛の効果の実際は?1回・2回の体験写真&口コミ!