マツエクの付け足しっ聞くとて、完成した仕上がりに物足りなくて付け足すこと?と思いますよね。



ところがどっこい!実は、違うんです~~~!!



「えっ?じゃぁマツエクの付け足しって一体何のことを言うの?」と、あなたも気になって眠れませんよね!(笑)



答えは、この記事を読めばわかります^^



それでは、早速気になる答えを探っていくことにしましょう♪



マツエクとは??








マツエクって、急に付けに行きたい!と急に思っても、美容院と一緒で「こんな風なイメージにしたい」と、ある程度イメージを決めていかないといけません。



というのも、マツエクのデザインというのは、「毛質」「長さ」「本数」「太さ」「カールの強さ」の5つの組み合わせ次第で、無限の可能性が広がっているからです。



自分の好みにカスタマイズできる反面、慣れていない人にとっては、パニックになりそうですよね。(笑)



私も、初めて付けに行った時は、まさにパニック状態でした。(笑)



でも安心してください!!!



ちゃんと施術前のカウンセリングで、スタッフにアドバイスを貰いながら、デザインを決めることができますよ^^



納得のいくカウンセリングの上、想像以上の素敵な仕上がりに、その日は、るんるん気分でサロンを後にしたのでした・・・♪♪♪



マツエクの付け足しってどういうこと?




そんな素敵な仕上がりにも関わらず、私にも、マツエクの付け足しが必要となる時が来たのです。



中には、やっぱり本数が物足りなくて、追加する場合の付け足しもあるかと思います。



しかし、私の場合はそうではありません。



一般的にマツエクの付け足しとは、「リペア」のことを言うのです。



リペアって何?急に聞きなれないカタカナが出てきた・・・と思わないでくださいね!



リペアとは、マツエクのメンテナンスのこと。



そうです!



一般的に言うマツエクの付け足しとは、この「メンテナンス」のことを指しているのです。



ここで、やっとあなたにも納得していただけたでしょうか?(笑)



それでは、マツエクの付け足しとは、メンテナンスのことだと分かったところで、詳しくご説明していきたいと思います♪



付け足しのタイミングとは?




私が、付け足しをすることになったのは、マツエクを付けてから約3週間経った頃でした。



マツエクを付けてから2週間くらいまでは、とても綺麗な状態を維持できていたのですが、3週間頃に、少しずつ抜け始めたり、マツエクの向きがバラバラになってきたな・・と感じるようになりました。



デザインにもよりますが、目安として、両目で80本付けた場合には、2~3週間。



両目で100本付けた場合には、3~4週間が付け足しの目安となってきます!




じゃぁ、100本以上付ければ、1ヶ月以上余裕で持つのかと言うと、残念ながらそうではありません!!!



140本~160本(ごくまれに200本)など、本数が多すぎたり、カールが強かったりするデザインの場合は、必然的にマツエクの持ちが悪くなってしまいます。



そのため、マツエクの持ちを考えると、120本までが良いかなと思います。



更に、マツエクを付け足す期間を少しでも長くしたい=とにかくマツエクの持ちを少しでも良くしたい!と思っているあなたには、下記の記事がオススメ♡



ぜひ、合わせてご覧くださいね♡



マツエクの頻度と抜ける原因を知ろう!リペアと全オフとは?



付け足しの手順




では、実際に付け足しってどのようにしていくのか、気になりますよね!



私の体験談から、手順をご説明していきますね。