こんにちは、脱毛サロンコンサルタントSAYAです。



自分の顔の産毛が人よりも濃い、と悩んでいる女性が多いのではないでしょうか。



他人とのムダ毛を比べることは難しいので、自分のムダ毛が特に濃いと勘違いしてしまう女性が多いようです。



女性のほとんどが自分のムダ毛に対して悩みを抱えているのが現実です。



ムダ毛は自己処理すれば一時的になくなりますが、すぐに生えてきますし、肌へのダメージもきになりますよね。



今回は、顔の産毛が濃い理由と顔の産毛が濃くなる原因、改善方法を紹介します。











顔の産毛が濃い理由は?




顔の産毛が濃いというのは、いろいろな理由があります。



顔の産毛が濃い理由1.遺伝などにより元々体毛が濃い




顔の産毛が濃いという人は、元々生まれつき体毛が濃いということが考えられます。



人によって生まれつき持っている体質や性質が異なるので、毛が薄い人もいれば、毛が濃い人もいるのです。



これはどうしようもないことなので、体毛の薄い人は持って生まれた体質と考えられます。



元々体毛が濃い人は、小学生の頃から毛に対してコンプレックスを抱いている人がほとんどです。



そのため早い段階でムダ毛の処理をはじめることになり、さらに顔の産毛を濃くする原因を作り出してしまっているのです。



顔の産毛が濃い理由2.後天的な理由によって顔の産毛が濃くなる




生活していると、お顔の肌にいろいろな刺激やダメージを受けています。



お肌に刺激やダメージを受けると、毛が濃くなり肌を守る機能が働いたり、メラノサイトからメラニンが放出されて色素沈着が起こり肌や毛穴が黒ずみます。



後天的な原因でムダ毛を濃くなった場合は、その原因を改善していくことで、毛を細くしていくことも可能です。



大切なことは何が原因で、顔の産毛が濃くなっているのかという事を知る事です。



顔の産毛が濃くなる原因は?




元々体毛が濃くなくても、後天的な理由で顔の産毛が濃くなる可能性があります。



どのような原因によって、顔の産毛が濃くなってしまうのでしょうか?



顔の産毛が濃くなる原因1.ホルモンバランスの乱れ




女性は女性ホルモンが優勢になっていますが、いろいろな原因によりホルモンバランスが乱れてしまうので、男性ホルモンに傾いてしまいます。



男性ホルモンは体毛を濃くする作用があるので、ホルモンバランスが乱れると顔の産毛が濃くなってしまうのです。



ホルモンバランスが乱れる原因はいろいろありますが、「生活習慣の乱れ」「ストレス」「生理」があります。



ホルモンバランスの乱れの原因1.生活習慣の乱れ




ホルモンバランスに影響を与える生活習慣の乱れには、睡眠不足や食生活などをあげることができます。



睡眠不足は身体の機能を整える自律神経を乱す原因となり、さらに自律神経が乱れるとホルモンバランスも安定しません。



ホルモンバランスが崩れると、先ほども説明したように男性ホルモンの働きによって顔の産毛が濃くなってしまうのです。



睡眠時間はとても大切で、1日の身体の疲れを取るだけでなく、細胞の生まれ変わりの時間でもあるので、肌の再生やダイエットにも十分な睡眠は欠かすことができません。



忙しい毎日を過ごしている女性にとっては、早い時間に寝るということは難しいかもしれません。



しかし質の良い睡眠は、どんなに高価な美容液よりも美肌効果があると言われるように、美しい肌を作り出すだけでなく即効性があるという事が魅力です。



ホルモンバランスを安定させたいという人は、早めに寝る用意を済ませて、いつもよりも早くお布団の中に入ってみましょう。



また食事の栄養バランスもホルモンバランスに影響を与えています。



無理なダイエットによって食事を制限したり、偏食だったり、お肉類ばかりを食べているとホルモンバランスが乱れます。



特に肉食の人は、男性ホルモンに傾きやすくなるので、バランスの良い食事を心がけましょう。



ホルモンバランスの乱れの原因2.ストレス




適度なストレスは良い緊張感を作り出すことができるので、毎日の生活にハリを出してくれます。



しかし過度なストレスや慢性的なストレスは、逆効果となってしまいます。



ストレスによってホルモンバランスが乱れてしまい、顔の産毛が濃くなってしまうのです。



ストレスというのは目に見えず、感覚的に掴むのが難しいものなので、定期的に発散するという事が必要です。



イライラしていなくても、身体を動かしたり、大きな声を出したり、湯船につかって、体内にたまったエネルギーを放出させることでたまった余分なストレスを解消することができます。



ストレスが解消されると、ホルモンバランスが安定するので、心が穏やかになり落ち着きますよ。



ホルモンバランスの乱れの原因3.生理




女性には毎月くる生理という現象があり、生理中だけでなく、生理の前後もホルモンバランスが乱れやすくなります。



そのため気分に浮き沈みがあったり、イライラしたり、感情の起伏が激しくなるのですが、それだけでなく体毛も濃くなるのです。



しかし生理によるホルモンバランスの乱れは、一時的なものなので、深刻な体毛の変化を引き起こすことはありません。



顔の産毛が濃くなる原因2.自己処理による刺激とダメージ




毛抜きを使って顔の毛を抜いたり、カミソリによる摩擦や刺激、ダメージによって顔の産毛は濃くなります。



何故かと言うと、毛は肌を守るために生えているからです。



自己処理によってダメージを受けた肌は、自分自身を守るために毛を濃くしてダメージから肌を守ろうとしているのです。



人間の機能としてはとても大切なものですが、女性としては嬉しいような、嬉しくないような微妙な感情になりますね。







顔の濃い産毛を改善する方法とは?




濃くなってしまった顔の産毛は、どのようにすれば改善することができるのでしょうか。



顔の濃い産毛を改善する方法1. 女性ホルモンと似た働きをする食べ物を摂取する




女性ホルモンと似た働きをする食べ物を積極的に摂取するのがおすすめです。



食事は毎日のことですし、食べたものによって身体はいろいろな影響を受けています。



大豆に含まれているイソフラボンであれば、豆腐や納豆、豆乳などいろいろなものに含まれているので摂取しやすいです。



濃くなった体毛を改善するだけでなく、女性ホルモンを活性化させることができるので、美肌を保ちたい人にもおすすめです。



顔の濃い産毛を改善する方法2.抑毛ローションを使用する




抑毛ローションは女性ホルモンと似た働きをする、豆乳成分やパイナップル成分を配合したローションで、抑毛効果があると言われています。



使い続けることで毛を細くしていくことができ、毛が生えにくい状態にすることができるのです。



しかし抑毛ローションについては、効果の出方に大きく個人差があり、結果が出るまで時間がかかることから保湿ローションの代用として使用するのがおすすめです。



それでも産毛のような細い毛に対して効果が高いと言われているので、まずは気軽に始めることができる抑毛ローションからはじめてみてはどうでしょうか。



顔の濃い産毛を改善する方法3.顔脱毛をする




確実に結果を出すのであれば、顔脱毛するのが近道です。



顔の産毛が濃くなる原因である自己処理からも解放されるので、今現在の悩みである顔の産毛だけでなく、将来の悩みの種まで解消することができます。



自己処理を続ける場合と比べると、脱毛の費用がかかりますが、将来の事を考えると自分に対する投資と考える女性が多いです。



脱毛完了までにも時間がかかりますが、自己処理を継続していく場合と比べれば短期間です。



美容院に行くような感覚で、2、3か月に1回脱毛施術に通っていく中で顔の産毛が薄くなります。



また産毛の生える周期が遅くなれば、それだけ自己処理の頻度も減りますし、次第に産毛の生えない素肌を手に入れることができます。



早い段階で顔脱毛を開始すれば、それだけ顔の産毛が濃くなるのを防ぐことができるので、早く脱毛を終えることができます。



また顔脱毛は肌のキメを整えて、毛穴を小さくするというメリットもあるので、顔全体の悩みを解消することができるでしょう。



顔の産毛が濃い人は、いろいろな原因が考えられるので、まず自分自身の生活を振り返り、その原因を排除していきましょう。



また今回紹介した顔の濃い産毛を改善する方法を取り入れていくと、コンプレックスだった顔の産毛も解消されて自信がつきますよ。



最後に、顔脱毛におすすめのサロンはいくつかありますが、選ぶポイントは、目の近くのギリギリのところまで脱毛してくれるかどうかです。



眉毛やほほのうぶげが気になるケースは多いですが、目の近くゆえに、施術対象外というサロンが多いのが現状です。例えば、ミュゼ、脱毛ラボなどは対象外になります。



顔脱毛におすすめの脱毛サロンはどこ?3つ厳選!



TBC(コスパは比較的安く、技術が高い。実績が豊富で安心。顔脱毛含め、部分脱毛に強い。)

ディオーネ(コストがやや高めだが、独自の脱毛方式で痛くなく安心。顔脱毛含め、部分脱毛に強い。)

KIREIMO(全身脱毛サロンの中で、顔脱毛がギリギリ部分まで施術OK。全身脱毛もしたいならキレイモおすすめ。)


の3つです。