こんにちは、脱毛サロンコンサルタントSAYAです。



背中の毛が濃く剛毛だと気にしている女性は、背中の毛が見えないファッションをしたり、タートルネックの洋服を選んだりと他人には分からない悩みを抱えています。



背中の毛は自分では見にくい部分なので、どうしても鏡などで確認するしかありません。



いつまでも背中の剛毛にコンプレックスを抱えて生活をするのは嫌だ、と真剣に悩んでいる女性が多いのです。



今回は、背中の毛が濃くなる原因と背中の剛毛を改善する方法を紹介するので、背中のムダ毛のコンプレックスを解消しましょう!



背中の毛が濃くなる3つの原因は?




背中の毛が元々濃い人は、遺伝や隔世遺伝など生まれつきの遺伝的な問題が大きいと言えるでしょう。



しかし元々背中の産毛が薄かったにも関わらず徐々に濃くなった、という人は何らかの習慣によって背中の産毛が濃くなった可能性があります。



どのような習慣によって、背中の毛が濃くなっているのでしょうか?



背中の毛が濃くなる原因1.ムダ毛処理によるダメージ




背中の産毛は自分で処理しにくい部分ですが、ムダ毛処理を繰り返しているとダメージによって体毛が濃くなる場合があります。



カミソリや電気シェーバー、ワックス脱毛、除毛クリームなどいろいろな方法がありますが、すべてに共通して言えることは肌に負担をかけるということです。



少なからず表皮を傷つけてしまうので、バリア機能を破壊してしまいます。



そのため肌を守るために、毛を濃くしてしまうのです。



ムダ毛処理によるダメージで背中の毛が濃くなってしまっているという人は、ムダ毛処理をしないという事が大切です。



しかし背中のムダ毛にコンプレックスを抱えている人は、処理をしないということにも抵抗があるでしょう。



そのような人はムダ毛処理をしなくても済むように、背中脱毛をするというのがおすすめです。



背中の毛が濃くなる原因2.衣類による摩擦や締め付け




背中は衣類による摩擦で、ムダ毛が濃くなる可能性があります。



全身の中でも背中は、一日中衣類と触れている状態で、摩擦も起こりやすい部分です。



さらに汗をかきやすく、皮脂の分泌も活発なので、刺激に敏感な状態になっています。



敏感な状態で摩擦を起こすと、肌を守るために体は毛を濃くしてしまうのです。



特に敏感肌やアトピー肌、乾燥肌の人は、衣類による摩擦や締め付けで痒みを引き起こす場合もあります。



肌を掻いてしまうと、その刺激によりムダ毛が濃くなることもあるので、肌に優しい素材を選ぶということが大切になります。



オーガニックコットンや綿素材、汗を蒸発しやすいシルクなど一枚洋服の中に着ておくと安心です。



背中の毛が濃くなる原因3.下着による締め付け




きつい下着を着ている人などは、下着による締め付けでも背中の毛が濃くなります。



1日のうちのほとんどを下着で締め付けられていると、その部分だけ毛が濃くなるということもあるようです。



下着の締め付けで背中が剛毛化するという事であれば、まず自分のバストサイズに合ったブラジャーを付けるという事が大切でしょう。



下着を購入するときには、大体のサイズを購入するのではなく、毎回バストのサイズを測ってもらいジャストサイズを購入するというのがおすすめです。



またブラジャーのストラップやワイヤーが痛いという人やキツイと言う人は、ブラジャーの下に一枚薄いキャミを着るというのがおすすめです。



実は私もしているのですが、ブラジャーのストラップが痛く、痒くなってしまうので、ブラジャーをつけるまえに一枚速乾タイプのキャミを着ているのです。



意外と着心地も悪くなく、しっかりバストもホールドしてくれるのでおすすめですよ。



バストは汗をかきやすいですが、この方法を実践しはじめてからはバストが汗で臭くなるという事がなくなりました。



背中の毛が濃くなる原因4.ホルモンバランスの乱れ




体毛が濃くなる原因として、ホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンに傾くということも一つです。



男性ホルモンに傾く理由として、睡眠不足や食事バランスの乱れなど生活習慣によるものやストレス、生理、妊娠、出産などがあげられます。



特に妊娠、出産で体毛が濃くなったと実感する女性が多く、何故かと言うと長い期間にわたってホルモンバランスが乱れてしまうことが原因です。



出産してから体毛が濃くなったと感じる女性が多いのも、ホルモンバランスによる影響を物語っています。



また生活習慣は毎日の繰り返しのことなので、影響を受けやすいです。



さらに毎日の習慣を改善するというのは難しく、自分でも気づかないうちに悪い習慣を繰り返している可能性もあります。



一度自分の生活を振り返り、悪いところをリストアップし、少しずつ気を付けて改善していく習慣をつけましょう。







背中の剛毛を解消する方法とは?




背中に生えている産毛が通常よりも剛毛だという人は、人並みまで毛を薄くしたいと考えていることでしょう。



どのような方法で、背中の剛毛を解消することができるのでしょうか?



背中の剛毛を解消する方法1. なるべくムダ毛処理をしない




背中のムダ毛を濃くしないためには、なんといってもムダ毛処理をしないということが一番でしょう。



ムダ毛処理による肌へのダメージは大きいので、ムダ毛処理から解放されれば、背中の剛毛化の可能性も減らすことができます。



とはいえ、夏のおしゃれやドレスを着る場面などでは、どうしても、自分でムダ毛処理をしなければならない場面もあろうかと思います。



そんなときにお勧めなのが、除毛タオルの活用です。



日々のお風呂で使う『タオル』を、除毛効果が期待できる『除毛タオル』に変えるだけで、背中の肌へのダメージを最小限に抑えつつ、ピーリンク効果もあいまってツルツルの背中をキープすることができる優れものです。



背中の剛毛を解消する方法2.抑毛ローションを使用する




背中の剛毛を解消するには、抑毛ローションを使用するのがおすすめです。



抑毛ローションは劇的に背中の剛毛が薄くなるわけではありませんが、長い期間使い続けることで毛が生えにくい状態にしてくれます。



抑毛ローションには豆乳など女性ホルモンと似た働きをする成分が含まれているため、使い続けることで抑毛効果を期待することができるのです。



女性ホルモンと似た働きをする成分を食事に取り入れるということも体毛を薄くする効果があると言われているように、抑毛ローションを使用することで女性ホルモンの力を引き出すことができるのです。



しかし目に見えて効果が出る人と全く効果を感じない人もいるので、効果には個人差があると言えるでしょう。



ムダ毛処理をした後に、抑毛ローションを使用すると毛穴への浸透が高いようです。



背中の剛毛を解消する方法3.背中脱毛する




背中の剛毛を確実に薄くしていくのであれば、背中脱毛が有効です。



毛を薄くしていく方法は個人差があるものがほとんどですが、背中脱毛に関しては確実に毛を薄くしていくことができます。



背中脱毛は脱毛サロンのIPL脱毛やS.S.C.脱毛、医療機関の医療レーザー脱毛など様々な方法があります。



それぞれ脱毛効果や料金に違いがあるので、自分に合った方法を選ぶことができます。



その中から自分に合った脱毛方法を選べば、背中の剛毛というコンプレックスを解消することができるのです。



背中の産毛にコンプレックスを抱えている人は、まめに毛を自分で処理している人が多いようです。



しかし処理するたびに背中の産毛が濃くなってしまい、コンプレックスを強くしてしまう人も多いのです。



本末転倒というのはこのことで、背中のムダ毛のコンプレックスを解消するためには逆効果になります。



背中に生えている剛毛にコンプレックスを抱えている人は、悩みの根源であるムダ毛を解消できる背中脱毛がおすすめですよ。


背中脱毛におすすめの脱毛サロンはココ!



とりあえずお試しで背中だけ脱毛したいなら、コスパ的に部分脱毛に強くサロン初心者にも優しいミュゼがおすすめです。



背中だけの脱毛施術の場合、うなじとの境目がくっきりしてしまい違和感が出てしまう可能性もあるため、背中を含め全身脱毛するのが理想です。


全身脱毛でコスパが高くておすすめは、顔のギリギリの部位まで施術OKのキレイモか、コストを徹底的におさえて低予算で全身脱毛できる脱毛ラボがおすすめです。