こんにちは、脱毛サロンコンサルタントSAYAです。



顔に生えている毛は体毛ほど濃くないにしても、産毛程度でとても目立つので気になりますよね。



なぜ顔の産毛が体毛ほど濃くないのに目立つのかというと、ファンデーションなどによって白く整えられた素肌だと産毛程度であっても黒く目立ってしまうからです。



メイクもケアもせず、日焼けをしてシミだらけの素肌であれば、産毛が生えていたとしてもあまり目立たないでしょう。



しかし女性は自分の魅力をさらに高めるために、人からの目線に気を付けて、毎日のようにメイクをしてお肌を綺麗に整えているのです。



白く整った素肌に産毛が生えていると、特に目立ってしまうため、産毛であっても少し生えているだけでとても気になってしまうのです。



今回は、女性が気になる顔の産毛取りについて、いろいろな方法に情報や意見を交えて紹介します。








顔の産毛取りの方法1.フラッシュ脱毛・家庭用脱毛器




綺麗に、完全に顔の産毛を処理したいなら、脱毛サロンを利用して脱毛するか、家庭用脱毛器を使用して自分で脱毛するのがおすすめです。



家庭用脱毛器の中には、顔のポイント脱毛に適している照射面積の小さい家庭用脱毛器も登場しています。



照射面積が小さい家庭用脱毛器だと、口周りや眉毛などの細かい部分も綺麗に脱毛することができます。



家庭用脱毛器を一台持っていると、自分のあいた時間に気軽にフラッシュ脱毛できるだけでなく、徐々に毛を薄くすることができるので自己処理が頻度も減らすことができるという点が魅力です。



また脱毛サロンを利用すれば、自分で施術することなく、プロのエステティシャンに顔の産毛を脱毛してもらうことができます。



適したレベルで照射してもらうことができるので、効果的に気になる顔の産毛を脱毛することができるという点でも脱毛サロンのフラッシュ脱毛は一番おすすめできる顔の産毛処理の方法です。



顔は常に人に見られる部分なので、産毛が生えてきたらすぐに処理しなければいけないというプレッシャーが女性にはあります。



フラッシュ脱毛すればその必要がなくなりますし、毛穴が目立たなくなり、肌のキメも細かくなり、メイクのりも良くなります。



また、家庭用脱毛器については、現状、『ケノン』が使い勝手がよく、コスパもすぐれているのでおすすめです。



顔の産毛取りの方法2.医療レーザー脱毛




フラッシュ脱毛よりもさらに強力で、最短で脱毛を終えることができるのが、医療レーザー脱毛です。



医療機関を利用しないといけないという敷居の高さがありますが、何よりも早い段階で顔の産毛がなくなるということが魅力ではないでしょうか。



脱毛効果の高さに比例するように、脱毛時の痛みも強くなりますが、麻酔を使用すれば痛みを軽減しながら顔の産毛を脱毛することができます。



顔の産毛は6回ほどで脱毛を終えることができるので、自己処理の手間を考えると、とても楽な顔の産毛取りの方法です。



早い段階で脱毛を終えることができるということは、脱毛による肌へのダメージからも早く解放されるという事です。



女性はお肌のコンディションによって、その日の気分が左右されるということが大いにありますよね。



自分に合った処理方法を行って、他人の視線を受けても恐くない、自信の持てるツルツルの素肌を手に入れてくださいね。







顔の産毛取りの方法3.シートワックス脱毛、ソフトワックス脱毛、ハードワックス脱毛




簡単に、しかも一気に顔の産毛を処理できるワックス脱毛が人気です。



ワックス脱毛にもいろいろな種類があり、自分でワックスを伸ばしシートを貼りつけるソフトワックスタイプや最初からシートにワックスがついているシートワックスなどがあります。



ソフトワックスだけでなく、ワックス脱毛専門店で使われるハードワックスもありますが、扱いが難しくうまく処理できないので、顔の産毛取りにはソフトワックスがおすすめです。



ワックス脱毛は比較的肌への刺激が弱く、毛根から産毛を引き抜くことができるので、毛のないツルツルの状態を一定期間保つことが出来るという点が魅力です。



また顔の産毛だけでなく、鼻毛も脱毛できる方法としても人気があります。



スティックの先端にワックスをつけて、それを鼻に入れて固まるのを待ち、引き抜くだけで鼻毛を一気に処理できるというものです。



鼻毛の除毛はとても難しく、処理を忘れやすい部分なので、気が付くと鼻毛が出ている・・・なんて恥ずかしい経験を一度はしたことがあるのではないでしょうか。



鼻毛をワックス脱毛していれば、ある程度の期間処理の必要がないので、鼻毛を気にしない快適な時間を過ごすことができます。



私SAYAもソフトワックス脱毛に挑戦したことがありますが、顔の産毛だけでなく、太い毛も綺麗に処理できるのでとても便利なアイテムです。



VIOゾーンの毛も処理することができるので、水着を着るときなど、毛のないツルツルなお肌にしたいという時にもおすすめですよ。



顔の産毛取りの方法4.脱毛スティック・脱毛パフ




脱毛スティックと脱毛パフはお肌にのせて転がすだけで、顔の産毛を絡め取るというアイテムです。



顔の産毛がコイルやパフに絡まることで、毛根から引き抜くことができるという仕組みです。



脱毛スティックは毛根から産毛を引き抜くので、除毛したときにチクッという痛みがあります。



肌によっては、抜けた毛穴が赤く炎症し、白ニキビが大量に発生したという口コミもあり、必ずしもお肌に優しい産毛処理の方法ではありません。



また非常に敏感肌の人は、クルクルとお肌をこすった時点で赤くなるなど、刺激は強いようです。



顔だけでなく、全身の産毛取りに使用することができますが、肌と毛穴へのダメージや負担を考えるとあまりおすすめできません。



処理後の肌へのダメージとニキビの大量発生を考えると、他の方法で顔の産毛取りをした方が良いでしょう。



顔の産毛取りの方法5.脱毛パック




顔の産毛取り専用の脱毛パックは、顔全体にパックを伸ばし、一定時間放置してはがすだけで顔の産毛を処理できるというものです。



仕組みとしては、パックに産毛が張り付き、毛穴から産毛を抜くというアイテムです。



顔の産毛以外にも、角栓や角質まで取り除くことができるので、お肌がワントーン明るくなります。



昔流行し、現在も一定の人気を誇る鼻パックにも、鼻の産毛が抜けて少し張り付いていた記憶があります。



あのように強い粘着力のあるパックをすることで、顔の産毛を処理できるというものです。



顔専用の脱毛パックには美容成分もたっぷり配合されているので、お肌に優しいことが魅力です。



顔の産毛は非常に柔らかいので、弱い力で引っ張るだけで簡単に処理できます。



顔の産毛取りの方法6.電気シェーバー・カミソリ




肌にとって刺激が少なく、完全に処理できる方法と言えば、電気シェーバーやカミソリでしょう。



女性のほとんどの人がどちらかの方法を選択しているように、確実に産毛を処理することができる方法です。



しかし電気シェーバーやカミソリはお肌の表面までしか産毛を処理することができないので、すぐに新しい毛が生えてきたり、毛穴が黒く目立ってしまいます。



特に口周りの毛穴は年齢を重ねるにつれて重力によって垂れ下がり、涙型へと形を変えていきます。



加齢によってさらに毛穴が大きく目立つようになると、電気シェーバーやカミソリで産毛を処理しても目立ってしまう可能性があります。



そうなる前にお肌のハリを保つためにアンチエイジングをするなど、何らかの毛穴用のケアを行う必要があるでしょう。



しかし電気シェーバーは1本持っていると、緊急時にササッと顔の産毛を処理することができますし、手軽に続ける産毛処理法としてはとても人気の高い方法です。