デリケートゾーンは敏感な部分なので、自己処理による刺激で肌が赤くなったり、毛穴が炎症を起こすなどのトラブルが・・・



しかも自分では見えない部位だけにどんな格好で、どのようにして自己処理すればいいのか分からないといった女性の声をよく聴きます。



そこで今回、エステティシャンとして脱毛施術を担当してきた私が、肌への負担がかからないデリケートゾーンの正しい自己処理方法についてご紹介します。



スポンサーリンク




ミュゼのデリケートゾーンの自己処理方法と事前処理範囲は?vio別に解説!

vio脱毛前のデリケートゾーンの自己処理の方法を解説イメージ




デリケートゾーンのムダ毛の自己処理には、基本ハサミと電気シェーバーを使用して行います。



カミソリが手軽で良いというイメージを持っている
方もいるかもしれませんが、カミソリを使用すると皮膚を傷つけてしまうことになるので、脱毛前の自己処理には向いていません。



肌が乾燥したり、毛穴が炎症すると、脱毛施術を受けることができない可能性もあるので注意しましょう。



電気シェーバーを使う事で、肌への負担を最小限にしつつ安全にアンダーヘアのムダ毛を剃ることができます。




1.vライン




Vラインのムダ毛の処理は、まずハサミで短く毛をカットします。毛が長いまま電気シェーバーを使うと、毛が絡まってしまったり、肌への負担が大きくなってしまいます。




ハサミで短くカットしてから電気シェーバーでムダ毛を剃ることで、アンダーヘアが絡まることなく綺麗に剃ることができるのです。





毛の流れに合わせて「上から下に剃る」ことで、毛穴への負担を最小限にできます。




毛の流れに逆らって剃ると、毛穴への負担は大きくなり、炎症を起こす可能性が高くなるため注意が必要です。






このように脱毛前の自己処理で失敗すると、脱毛できない状態に・・・。



ミュゼのハイジニーナ7(VIO脱毛)美容脱毛コースでは、『Vラインプレート』という独自のプレートを使って自己処理します。



自己処理が甘いと施術を断られてしまう場合もありますので、よく注意書きを読んでからサロンに向かいましょう。こちらの記事の口コミも参考にしてみてください。



⇒ミュゼの脇脱毛の効果の実際は?1回・2回の体験写真&口コミ!



ミュゼでVライン脱毛を検討している場合、具体的な使い方などを事前にイメージしておくとスムーズですね。



ミュゼのVラインプレートの使い方と自己処理の範囲について!



2.iライン




まずハサミを使って長い毛をカットし、すべての毛が短くなったら、電気シェーバーで剃っていきます。



自分で見えにくい部分なので、鏡を使うとアンダーヘアの状態を把握でき、ムダ毛を手入れしやすくなります。



Iラインの毛を剃るときには、電気シェーバーを持っていない方の手を使って皮膚を外側に引っ張って剃るようにしましょう。




皮膚を伸ばすことで電気シェーバーの刃を肌に密着させることができ、より肌に負担をかけずに綺麗に剃ることができます。



Iラインは粘膜部分に近く、非常にデリケートな部分なので、電気シェーバーは内側から外側に向かって動かしてシェービングしましょう。



粘膜の方向に電気シェーバーの刃を向けてしまうと、とても危険です。



全身の中でも最もデリケートな部分になるので、自己処理を続けるよりもサロンで脱毛の専門家に任せたほうが安心ですね。






このように、自己処理により黒ずみが進行してしまうと、レーザーを当てたときにやけどの原因になるため、脱毛サロンで施術してもらう際に光の出力を弱める必要があり、時間と費用も余計にかかってしまいます。



そのため脱毛効果が出にくいのですが、黒ずみがあっても高い脱毛効果が期待できるサロンもありますね。



理想的なアイラインの形については、以下の記事でまとめておりますので、ご興味があればチェックしてみて下さい。



vio脱毛でIラインの全部脱毛がなぜNG?どんな形が理想的なの?



3.oライン




Oラインの毛を普段から手入れをしている人は少なく、VIO脱毛を開始して、初めてアンダーヘアの自己処理をした、という人がほとんど。



まず、Oラインの自己処理では、肛門のまわりの毛から剃っていきます。



お尻の曲線にそって外側から内側へ電気シェーバーを当てていくと安全にキレイに剃ることができますよ。



Oラインは普段自分の目で見ることができない部位なので、鏡を使って自己処理してください。



自分が手入れをしやすい姿勢でOKです。



「下に鏡を置き、その上にしゃがんだポーズでOラインの毛を剃る」という人が多いです。



デリケートゾーンは皮膚が薄く、敏感な部分なので、シェーバーは切れ味のいい刃を使う事が大切。



切れ味の悪くなった刃を使って処理をすると、アンダーヘアが絡まったり、皮膚を切ってしまう肌トラブルの原因になるので定期的に新しい刃に交換しておきましょう。



ミュゼでは、このような自己処理セットが販売されていて、エステティシャンにも相談しながらできるため、特にVIO脱毛初心者にとって安心ですね。



ミュゼの自己処理セット
画像引用;ミュゼの公式サイトより




ミュゼの詳細を見てみる



ミュゼの口コミ評判&効果を見てみる



あなたが全身脱毛を検討しているなら、コスパの観点から脱毛ラボがおすすめ。



脱毛ラボでは、全身脱毛6回が数万円代という低料金ででき、私の経験からも一定の脱毛効果が得られることと、vio施術は、あえてパンツ無し・下半身すっぽんぽんで施術するため、照射漏れのリスクがなくなり、より良い脱毛結果が得られることが期待できるのです。



vioが初めての場合、すっぽんぽんは恥ずかしいと思うかもしれませんが、エステティシャンも慣れていますし、実際にやってみると淡々と進んでいくため、恥ずかしいと感じるのは、施術が始まる前までで、いざ始まってしまえば、思いのほか恥ずかしさは感じないものです。



oラインは自分ではムダ毛処理しにくいところなので、気になる方は一気に脱毛してしまいましょう。脱毛を考えている方に向けて、oライン脱毛について徹底解説しましたので是非参考にしてください。



⇒oライン脱毛でおすすめサロンと選び方!平均毛量や完了回数ついて!



脱毛ラボでのVIO脱毛の詳細についてはこちらの体験談をどうぞ!最新のキャンペーン情報も載ってますので是非ご活用ください。



⇒VIO脱毛体験in脱毛ラボ!剛毛OK!パンツなしで恥ずかしい?



脱毛ラボの詳細を見てみる


コメントを残す