脱毛ラボでシェービング代が発生するのは、剃り残しがあった場合のみですが、『毎回、シェービング代を請求するように教育されているのではないか?』と噂が立つくらい毎回シェービング代を請求されてしまう実態があります。



シェービング代は基本1000円ですが、顔・VIOの場合は、さらに500円追加されます。



月額制コースだと毎月1回はサロンに通わなければいけないので、毎回シェービング代がかかってしまう場合、それだけで毎月最大1,500円、月1回通った場合、年間で最大18,000円という大変な金額の出費になってしまい予算的に大打撃です。(*_*)



そんな不安を解消するために、今回、脱毛ラボのシェービング代を無料で済ます方法について私が実践している方法や、剃り残しがあってもシェービング代を支払わなくて済む方法についてまとめました。



今回のノウハウを活用することで、シェービング代の支払いを無くして出費を最低限におさえることができますので、是非、ご参考下さい。



脱毛ラボの公式ページも併せてチェック



脱毛ラボのシェービング代を無料にする方法まとめ!


脱毛ラボのシェービング代を無料にする方法まとめ!断るイメージ




まずはじめに押さえておくべきポイントは、



シェービング代を支払わずに済むための基本スタンスは、入念に自己処理をしたうえで、強い意志を持って、シェービングを断るということです。



「シェービングしてもいいですか?」としっかり聞いてくれるスタッフもいますが、中には「シェービングしますね」と勝手にシェービングをはじめるスタッフもいます。



そんなときはハッキリ「シェービングいらないです」と答えましょう!



ちなみに、脱毛ラボは基本的には強引な勧誘はありません。



シェービングに関しても、ちゃんと処理しておいてハッキリ断りさえすれば無理に払う目になったということはなさそうですので、ご安心ください^^



さて、ハッキリとシェービングを断ったとしても、本当に剃り残しがあってしっかり脱毛できないんじゃ・・・と不安になるかもしれませんね。



そうならないためには、『剃り残しがない』と自信をもって言える状態に事前に自己処理してからサロンに行くようにする事が大切です。



では、どうやって剃り残しを無くせばいいのでしょうか?詳しく見ていきましょう。



脱毛ラボのシェービング代を無くす自己処理は?背中はどうする?


脱毛ラボのシェービング代を無料にする方法まとめ!自己処理方法イメージ




脱毛ラボでは、脱毛の前日か2日前に自己処理をすることになっています。



一回の自己処理でキッチリとムダ毛を剃ろうと思うから難しいのであって、何回かに分けて処理すれば剃り残しを防ぐことができます。




私は脱毛の2日前から自己処理をスタートさせます。



そうすると2、3回自己処理をするタイミングがありますよね。



私は2日前に1回、前日に2回自己処理をして剃り残しがないかチェックしてから、脱毛ラボに行っています。




VIO部分など自己処理しづらい部分もありますが、脱毛効果を高めるためにしっかり処理しましょう。



⇒VIO脱毛体験in脱毛ラボ!剛毛OK!パンツなしで恥ずかしい?



以下の方も、同じやり方で、シェービング代を払わずに済んでいますね。