デリケートゾーンであるvioラインの脱毛は、他人に見せるのが恥ずかしい部分だからこそサロンのいろいろな配慮が気になりますよね。



安さやコスパはもちろんですが、スタッフの質、脱毛効果なども合わせて比較していきましょう。



今回は、5つの大手脱毛サロンをハシゴし、エステティシャンとしてお客様のむだ毛の悩みを解決してきた私SAYAが、実際に体験してきた脱毛サロンの中で、安心してvio脱毛を任せることができる!というサロンをランキング形式で紹介します。



目次

vio脱毛におすすめの格安サロン第1位 ミュゼプラチナム


ミュゼイメージ
(画像引用;ミュゼの公式ページより)




ミュゼプラチナムvio脱毛おすすめポイント

  • デリケートな部分だからこそ痛みの少ないS.S.C.方式脱毛
  • 好みのデザインに整えることができる
  • 紙ショーツがあり下半身がスッポンポンにならない
  • お得なキャンペーンが豊富


  • ミュゼVIO脱毛おすすめポイント1;痛みの少ないS.S.C.方式脱毛




    ミュゼのS.S.C.方式脱毛は、抑毛効果のあるジェルと光の相乗効果によって、制毛処理していきます。



    熱エネルギーによる毛根へのダメージによって脱毛していくIPL方式の脱毛とは異なり、じんわりと温かくなる程度なので痛みと肌へのダメージも少ないです。



    1度に300本ものムダ毛を処理するので、苦痛な脱毛時間を大幅にカットできます!



    ミュゼVIO脱毛おすすめポイント2;細かい対応が可能!




    デリケートな部分だからこそ、ハイジニーナは脱毛のプロに任せるのが一番です。



    ミュゼでVIO脱毛するなら、7部位をまとめて脱毛できる「ハイジニーナ7美容脱毛コース」はコスパがよくおすすめ。



    ミュゼのハイジニーナ7美容脱毛コース対応部位
    (画像引用;ミュゼの公式ページより)




    へそ下とVライン上に関しては、ハイジニーナ7美容脱毛コース専用のパーツなので、このコースを契約しなければ脱毛することができません。



    脱毛できる面積の広さに加えて、1部位ずつ脱毛していくよりもコスパが高いという点がメリットでしょう。



    VラインとIラインなど数か所脱毛するなら、まとめて7部位を脱毛すると満足度もアップです。



    さらにこのコースには「両わき+Vライン脱毛完了コース」が無料でついてきます。(12,000円以上の契約に限る)



    ミュゼVIO脱毛おすすめポイント3;形や濃さも調節OK!




    ミュゼのハイジニーナ7美容脱毛コースなら、全部の毛を脱毛することもできますが、好きな形に整えることも可能です。



    照射回数も自由に調節できるので、濃さやグラデーションを作って、毛が全く生えていない部分と毛の薄い部分、毛の濃い部分と自然につなげることができます。



    ミュゼVIO脱毛おすすめポイント4;お客様の立場に立った接客




    脱毛サロンの中には紙ショーツなしでハイジニーナ脱毛を行うところもありますが、ミュゼでは紙ショーツを履き、照射する部分だけを出すので、大切なところが丸見えで恥ずかしいという思いをする必要はありません。



    私も他サロンで紙ショーツを履いていない状態で数人のスタッフの中で施術受けたり、スッポンポンで放置されたりしたこともありましたが、すべてVIO脱毛だから仕方がないと諦めていました。



    しかしミュゼは効率の良さだけを重視せずに、お客さんの立場になって脱毛するという考えです。



    はじめてVIO脱毛する人に対しては、声かけを増やしてくれたり、素早く照射して恥ずかしさを軽減してくれます。



    ミュゼVIO脱毛おすすめポイント5;キャンセル料、解約手数料がなし!




    ミュゼではいきなり生理が来て、ハイジニーナ脱毛ができない…なんてときもキャンセル料はかかりません。



    他の脱毛サロンならキャンセル料がしっかり取られてしまい、キャンセル料だけ支払いに行かなくてはいけない事もあります。



    またコースを途中で解約する時も解約手数料がかからないので、残りの回数分すべてを返金してもらうことができます。



    ミュゼはキャンセル料、解約手数料がないので、ペナルティを気にすることなく、気持ちよく通うことができます。



    当日キャンセルについては変更があり、お手入れ開始24時間までのキャンセル・変更はペナルティなし、もしそれ以降だった場合は解約時の返金対象になりません。



    しかし回数消化ということにはならず、回数保証があるので、当日キャンセルの場合も脱毛施術は受けることができます。



    ⇒ メンズ脱毛サロンのおすすめは?ミュゼは男性可?ひげ脱毛有?



    ⇒脱毛ラボとミュゼを徹底比較!脱毛器や料金の違いは?



    vio脱毛におすすめの格安サロン第2位 TBC


    TBCイメージ
    (画像引用;TBCの公式ページより)


    TBC vio脱毛おすすめポイント

  • スーパー脱毛(美容電気脱毛)とライト脱毛から脱毛方法を選べる
  • 二種類の脱毛方法を組み合わせてもOK!
  • 脱毛範囲が豊富で理想通りのvio脱毛ができる


  • TBCのVIO脱毛おすすめポイント1;ライト脱毛だけでなく美容電気脱毛も可能




    TBCはエステサロンで珍しく、永久脱毛である美容電気脱毛(TBCスーパー脱毛)も選択可能です。



    毛穴に細い針のような器具を挿入し、微弱の電気を流すことで毛乳頭を破壊するので、脱毛後は二度と毛が生えてこなくなります。



    美容電気脱毛のみでムダ毛処理すると高額になりますし、VIO脱毛だと痛みの強いので、美容電気脱毛とライト脱毛を組み合わせるのがおすすめです。



    比較的痛みが軽いVラインを永久脱毛で整えて、皮膚が薄く粘膜に近いIラインとOラインはライト脱毛で処理すると、費用も抑えて効率よく綺麗に仕上げることができます。



    TBCのVIO脱毛おすすめポイント2;好みの形にしたり、濃さを調節したり自由自在




    ライト脱毛と美容電気脱毛を組み合わせることで、vioの毛を自由自在に仕上げることができます。



    不要な毛は美容電気脱毛で完全に脱毛、残りの毛や境目をライト脱毛で自然に仕上げることが可能です。



    TBCのVIO脱毛おすすめポイント3;ライト脱毛はVライン両サイドの範囲が選べる




    TBCのライト脱毛はVライン両サイドの脱毛範囲を選ぶことができ、太もも付け根まで太い毛が生えている人は「VラインL」で広い範囲をしっかり脱毛、Vラインから少しはみ出る程度なら「VラインS」で十分です。



    必要な範囲だけ、最小限の費用で脱毛できるからコスパが抜群です!



    vio脱毛におすすめの格安サロン第3位 ディオーネ


    ディオーネイメージ
    (画像引用;ディオーネの公式ページより)




    ディオーネvio脱毛おすすめポイント

  • アトピーやニキビなど敏感肌でも脱毛OK
  • 3歳から脱毛できるほど肌に優しいハイパースキン脱毛
  • 脱毛しながら美肌になれる


  • ディオーネVIO脱毛おすすめポイント1;パイパンか毛を残すか選べる




    ディオーネは同じvio脱毛コースでも、毛を全部脱毛するか、毛を少し残すか選ぶことができ、それぞれ料金も異なります。



    vio全ての毛を処理するハイジニーナ脱毛の全12回コースは120,000円、希望の形を残すハイジニーナ脱毛は96,000円から選択することが可能です。



    毛を残すvio脱毛コースは少し安めになるので、コスパが良くて嬉しいですよね。



    ディオーネVIO脱毛おすすめポイント2;痛みが少なく肌に優しいハイパースキン脱毛




    3歳から脱毛可能なディオーネのハイパースキン脱毛は、敏感肌専門なので、施術時の痛みが少なく肌に優しいのがメリットです。



    通常のフラッシュ脱毛は成長期の毛に特殊な光を照射し、熱エネルギーに変換して毛根部にダメージを与えていきます。



    一方、ハイパースキン脱毛は高熱を使用せず、毛周期の中で約3か月の休止期の毛に対して施術を行い、発毛因子を減少させて発毛を抑えます。



    ディオーネVIO脱毛おすすめポイント3;vio脱毛しながら美肌へと導く




    ハイパースキン法の光には肌内部のコラーゲン生成をサポートする「フォト美顔」の光が約3割含まれています。



    そのため自己処理で黒ずんだ肌のケアにも最適で、脱毛効果だけでなく美肌効果も期待することができます。



    vioラインは加齢によってどうしても黒ずみを避けることができない部分ですが、ハイパースキン脱毛なら脱毛と同時に美肌ケアすることができるのが嬉しいですよね。



    ディオーネVIO脱毛おすすめポイント4;脱毛頻度が多いから早く脱毛完了できる




    通常のフラッシュ脱毛は2から3か月に1回のペースで脱毛しますが、ハイパースキン脱毛は3から4週間に1回、最短で2週間に1回でもOKです。



    休止期の毛に対して行うハイパースキン脱毛だからこそ、短い周期での脱毛施術が可能になり、脱毛頻度が多いのでその分だけ早く脱毛完了することができます。



    ディオーネVIO脱毛おすすめポイント5;粘膜ぎりぎりまで脱毛できる




    ディオーネのハイパースキン脱毛なら、他店では断られてしまう粘膜のギリギリまで脱毛することができます。



    vioのハイジニーナ脱毛と言っても、脱毛サロンによって脱毛範囲や料金、プラン内容が異なるので、コスパの良いサロンを選びたいですね。



    また新脱毛方法として注目されているハイパースキン脱毛ですが、歴史が浅いという点で少し不安が残ります。



    登場して間もないということで、脱毛効果がどこまで実感できるのかハッキリ実例が出ていませんし、どのくらい毛の再生を抑制できるか、という点が不明です。



    vioのように太い毛を脱毛するには、毛根部にダメージを与える脱毛方法の方が、効果的に減毛できると考えられます。



    しかし脱毛に対して不安が残る敏感肌の人や、アトピー肌やニキビ肌で脱毛を断られたという人にはハイパースキン脱毛がおすすめと言えますね。



    またデリケートな部分のvio脱毛は、サロン内の雰囲気やスタッフの接客も考慮する必要があるので、一度カウンセリングを受けてみてサロン内の雰囲気を確認しておくのがいいですね。



    ちなみに、デリケートな部分だからこそ他の人のvioがどうなっているのか気になるという方もいらっしゃるかと思います。
    以下の記事でデリケートゾーンの平均的な毛量についても紹介していますので、興味のある方は合わせてチェックしてみてくださいね。



    ⇒oライン脱毛でおすすめは?毛深く生えてる毛量と自己処理の危険性!

    ⇒iラインの毛量の平均はどのくらい?脱毛完了までの回数は何回?



    また、実際に脱毛を開始した後のトラブルを避けるためには、以下の記事も参考になるかと思います。


    ⇒vio脱毛の自己処理方法は?デリケートゾーンの事前処理のやり方!

    ⇒iライン脱毛しても毛が抜けない?効果が出ない4つの原因と対処法は?



    おすすめの関連記事




    ランキングには惜しくものりませんでしたが、脱毛ラボでのVIO脱毛も効果が高いと人気です。脱毛ラボでの体験談はこちらをご覧ください。



    ⇒VIO脱毛体験in脱毛ラボ!剛毛OK!パンツなしで恥ずかしい?




    ⇒脱毛サロンの人気ランキング2016



    ⇒脱毛ラボとキレイモの全身脱毛比較!料金や回数でおすすめは?



    ⇒脱毛ラボと銀座カラーを比較!全身脱毛でおすすめは?