気になる!アメリカのムダ毛事情


こんにちは、SAYAです。



ムダ毛は全世界の女性の悩み・・・と思いがちですが、海外のムダ毛事情を知るとそうでもないようです。



海外の女性と日本の女性の間では、ムダ毛に対して全く違う考え方を持っています。



また体毛の色の違いによって、主流となっている脱毛方法にも違いがあるようです。



今回は、アメリカのムダ毛事情と人気の脱毛サロンについて解説します。



スポンサーリンク




脱毛サロンはアメリカにもあるの?




アメリカにももちろん脱毛サロンがあります。フラッシュ脱毛をはじめ、ニードル脱毛(美容電気脱毛)、ブラジリアンワックス脱毛のサロンなど、幅広いムダ毛処理のサロンがあります。



定期的にサロンにかよってムダ毛を処理したり、自宅で処理したり、日本人の女性と同じようにこまめに処理をしているようです。



アメリカの女性と日本の女性のムダ毛に対する考え方の違いとは?




海外のムダ毛事情


日本人女性はムダ毛を処理しているのが当然、という考えをもっていますが、海外では必ずしもそうではありません。



海外の女性は腕の毛を全く処理せずに、ボーボーと生やしている人が多いですし、ワキ毛も処理せずに過ごすほどです。ワキ毛が生えているのが見えても、あまり気にしないという女性が多いようです。



その理由として、海外の女性の体毛は金色やブラウンなど、目立たない色であるということも関係しています。



アジア人のように黒い毛だと目立ってしまいますが、肌の色と変わらない色だと毛が生えていても気にならないということですね。



海外の女性は腕やワキなどの体毛に関しては神経質に処理をしませんが、デリケートゾーンとなると話は別です。



VIOのデリケートゾーンの毛は、綺麗に処理をしている人がほとんどです。その理由としては、「デリケートゾーンに毛が生えていると不潔だから」ということです。



この考え方は、海外の女性だけでなく男性も同じ意見だそうです。



つまり海外の女性だけでなく、男性もVIOの脱毛をしているということです。海外ではツルツルが一般的なのですね。



日本では見た目を最優先してムダ毛処理をする一方、海外では清潔な状態を保つためにムダ毛処理をするということです。



特にスポーツ選手はVIOだけでなく、ワキもツルツルにしている人が多いようです。ワキをツルツルにする理由も、毛が生えていると不潔だからだそうです。







アメリカで主流になっている脱毛サロンは?




アメリカで人気の脱毛サロン


先ほども紹介したように、日本人と海外の女性は体毛の色が違います。



日本で主流になっているフラッシュ脱毛は、メラニン色素に反応する光を使用するので、体毛が金色だと光が反応しないので脱毛することができません。



そのため海外ではフラッシュ脱毛のサロンは数少ないです。海外で主流となっているのは、ニードル脱毛とブラジリアンワックス脱毛です。



特に手軽に処理できる方法として、ブラジリアンワックス脱毛の人気が高く、月に1回ほど専門サロンに通って処理したり、自宅でワックス脱毛するなど、人によって様々です。



また海外ではニードル脱毛も人気が高く、色素の薄い毛も確実に脱毛できるので利用している女性も多いようですね。



ニードル脱毛は、毛穴に針のような器具を挿入し、微弱な電気を流して毛乳頭を破壊します。そのため確実にムダ毛を脱毛することができ、二度と生えてこなくなります。



日本では安くて脱毛効果の高い光脱毛が主流となっていますが、アメリカでは十分な脱毛効果を得ることが出来ない事から、ブラジリアンワックス脱毛が主流となっているということですね。



有名な海外ドラマ「セックス&ザ・シティ」でキャリーがブラジリアンワックス脱毛しているシーンがあり、日本でも一躍有名になりました。



最近では日本でも、ブラジリアンワックス脱毛の専門サロンが増えてきていますし、利用する女性も多いようです。



その理由として、一定期間ですが、ツルツルな状態を維持できるということが魅力ですね。



広い範囲を一度に短時間で処理することができ、ムダ毛を毛根から引き抜くことが出来ることから、次の毛が生えてくるまでの期間、ツルツルで綺麗な状態を保つことができるのです。



今回紹介したように、日本と海外ではムダ毛に対しての考え方が大きく異なり、ムダ毛の色素の違いによって主流となっている脱毛方法まで違うのは面白いですよね。



日本では安く手軽に脱毛できる光脱毛があるので、ムダ毛が気になるという方は脱毛サロンを利用するのがおすすめですよ。



おすすめの関連記事



⇒脱毛サロンの広告モデルと実際に通ってる芸能人まとめ!