こんにちは、SAYAです。



脱毛したいという人の中には、てんかんの持病ともっているという人も多いのではないでしょうか。



てんかんという持病を持っているからといって、脱毛を諦めないといけないのか気になりますよね。



今回は、てんかんの持病をもっていても脱毛できるのかどうか、脱毛とてんかんの関係について解説していきます。



スポンサーリンク




てんかん(癲癇)でも脱毛できる?




脱毛サロンではてんかんを持っていると、ほとんどの場合脱毛することができません。



何故かというと、てんかんには光や熱などの刺激に過敏に反応する「光感受性発作」や熱や外部刺激によって引き起こされる「熱性けいれん」というものがあるからです。



脱毛サロンで行われている光脱毛で使用される脱毛機のフラッシュ発光や、施術の際にお肌を伝わる熱刺激は、てんかん発作を誘発する大きな原因となってしまいます。



てんかんの発作は症状によって軽度から重度のものがあり、重度となると呼吸障害や脳機能にも重大な影響を及ぼすため早急な措置が必要となります。



しかし脱毛サロンは医療機関ではないので、脱毛施術時に発作が起きた場合、適切な処置をすることができないという事になってしまうのです。



てんかんの発作が軽度であれば数分そっとしていればおさまりますが、全身けいれんなどにより施術ベッドから落下するなどのケガをする可能性もあります。



脱毛サロンではありとあらゆるトラブルの可能性を回避する傾向にあるため、てんかんを持っている人は脱毛サロンを利用することができないのです。




ほとんどの脱毛サロンではホームページに「現在治療中のてんかんの方や過去に大きな発作が起きた方は脱毛できない」という記載がされており、てんかんの発作を起こす可能性のある人の脱毛は断っている状況です。






このようにてんかんの持病がある人も、脱毛したいと思っている人が多いのです。



では、てんかんの持病があっても脱毛できる機関はあるのでしょうか?



てんかんを持っている人が脱毛できるところは?




医療機関のレーザー脱毛であれば、てんかんの持病がある人も脱毛する事が可能です。



なぜ脱毛サロンでてんかんの人が断られているのかというと、医療機関ではなく、病気に対して適切な対応できないからです。



もしも怪我をしたり、トラブルが起きた場合に、適切な対処ができないという理由から脱毛サロンではNGとなっているのです。



しかし美容外科クリニックで行われている医療レーザー脱毛なら、てんかんを持っている人でも脱毛できる可能性が出てきます。



医療機関には専門知識をもった看護師や医師が勤務しているため、てんかんの症状をしっかり確認してからレーザー脱毛を行ってもらうことができるので、ほとんどのクリニックではてんかんを持っている人も脱毛可能となっているのです。



治療を行う事でてんかんを完治した人や、何年も症状が出ていない人の場合、脱毛の光や刺激によって発作が起きるとは考えにくいといったことが言われています。



しかしてんかん持ちの人がすべて脱毛可能という訳ではありません。その線引きはどの部分なのでしょうか?



⇒医療レーザー脱毛のメリットとデメリットは?光脱毛と料金比較!

⇒医療レーザー脱毛の値段を比較!割引特典を利用して節約できる?



美容外科クリニックでも脱毛できないてんかんの人は?




医療機関である美容外科クリニックでも脱毛できないてんかんの人もいるので、当てはまるかどうか確認しておきましょう。



症状の回復次第では脱毛可能になる可能性が高いので、脱毛したいと考えている人は医師に相談してみることをおすすめします。



医療レーザー脱毛できないてんかん1.薬を服用している




抗てんかん薬を服用している人は、美容外科クリニックであっても脱毛することはできません。



てんかんの薬には発疹を起こす副作用のあるデパケンRや光に過敏に反応する成分が入っているので、脱毛器による照射の際、過剰作用で火傷やてんかん発作を起こす可能性があります。



抗てんかん薬を服用している人は、施術の日のみ薬の服用をやめられるのであれば脱毛可能ですが、主治医の許可が必要になります。



医療レーザー脱毛できないてんかん2.薬剤抵抗型てんかん




「難治性てんかん患者」は重篤なてんかん発作が頻発しているので、脱毛機の光で発作を起こす可能性が高くなるので、脱毛することができません。



症状が軽減すれば脱毛することができるので、まずは治療に専念することを考えましょう。



抗てんかん薬が効かない、難治性てんかんの場合も手術による治療という方法もあるので、てんかん発作で日常生活に支障をきたしている人は手術を検討するのも一つの手ですよ。



医療レーザー脱毛できないてんかん3.光や刺激によっててんかんが引き起こされる症状をもっている




てんかんの中でもフラッシュ系の光に過剰に反応する「光過敏性てんかん」の人は、特に脱毛に対して注意する必要があります。



光過敏症によって過去にてんかん発作で重篤な症状が出ている人は、クリニックによっては脱毛不可となることがあります。



しかし光過敏性てんかんの場合でも、症状が安定し何年も発作が出ていない場合は、主治医の診断書を確認した上で、狭い範囲の脱毛から少しずつはじめていくこともできます。







てんかんの人が脱毛する場合の注意点とは?




脱毛サロンは医療レーザー脱毛と比べて非常に安価で、気軽に脱毛することができます。



医療レーザー脱毛よりも光脱毛を優先して利用したいという人も多いですが、てんかんであることを黙って脱毛サロンを利用することだけは絶対にやめておきましょう。



脱毛サロンは医療機関ではないので、働いているスタッフは医療知識をもっていません。



そのため目の前でてんかんの発作が起きても、適切な対応が出来ないだけでなく、パニックを起こしてしまうかもしれません。



そのような状況になった場合、脱毛サロン側の問題のように捉えられてしまう可能性がありますし、トラブルの元となってしまいます。



てんかんは病気の一種なので、脱毛を行うときにも医療機関であるクリニックを利用しなければ脱毛できないということを覚えておいてくださいね。