こんにちは、SAYAです。



サロンによって異なるキャンセルルール、特に気になるのが罰金や回数消化などのペナルティですよね。



ミュゼは、2016年12月にキャンセルに関するルールが変更されています。



そこで今回、ミュゼの予約キャンセルのルールについて、ペナルティの有無、ペナルティなしでキャンセルできるのはいつまでか紹介します。



スポンサーリンク





ミュゼの予約はいつまでキャンセルできる?




以前までのキャンセルルールは、予約日の前日23時59分までという規定でした。



変更後は、「お手入れ開始時間の24時間前まで」となっています。



キャンセルルールが厳しくなったというよりも、緩くなりましたね。



ミュゼのキャンセルのペナルティは?




ミュゼは、お手入れ開始時間の24時間以内を過ぎてキャンセルするとペナルティがあります。



ペナルティは、「解約時の返金対象にはならない」というもの。



ミュゼでは契約を解約すると残りの回数分が全額返金されますが、返金対象とならない回数分の料金は差し引かれてしまいます。



しかし契約を解約しない限りペナルティは実行されないので、ミュゼを継続利用する人にとってはペナルティがないということになりますね。



罰金や回数消化などのペナルティが発生する脱毛サロンが多い中、ミュゼはとても良心的な対応だと思います。



スポンサーリンク




ミュゼの無断キャンセルのペナルティとは?




「ミュゼの予約を無断でキャンセルしてしまった・・・」という場合、どのようなペナルティがあるのか気になりますね。



無断キャンセルのペナルティは、お手入れ開始時間の24時間以内のキャンセルと同じで、解約時に返金対象から外れてしまいます。



ペナルティだけ見てみると軽いですが、ミュゼは予約が取りにくいサロンとして有名なので、次の予約がすぐに取れない可能性があります。



その点を考えると、しっかり予約を把握して、キャンセルしないようにしたいですね。



脱毛は間隔をあけないと効果がでないので、次の予約をいつとったのか忘れてしまうかもしれませんが、なるべくキャンセルしないようにしましょう。間隔をどれくらいあければ良いのか、こちらの記事で解説していますので、参考にしてみて下さい。



⇒ミュゼの脱毛間隔は何ヶ月おきがベスト?通う頻度と期間まとめ!



ミュゼの予約をキャンセル、変更するときは、お手入れ開始時間の24時間までにしてくださいね。



sponsored link