こんにちは、SAYAです。



脱毛サロンのカウンセリングでは、脱毛前日までに必ず自己処理をしてきてください、ということを言われますよね。



なぜ脱毛サロンに行くときには、前日までにムダ毛を自己処理しないといけないのでしょうか?



脱毛サロンでムダ毛処理までサービスしてくれれば、自分で何もしなくてもいいので楽ですよね。



今回は、なぜ脱毛サロンに行く前にムダ毛を剃っていくのか、また安全な自己処理の方法を紹介します。



スポンサーリンク




脱毛サロンに行く前にはなぜ毛を剃っていくの?




脱毛サロンでは脱毛施術を受ける前日までにムダ毛を自己処理してきてください、ということを言われます。



なぜ事前に剃っていかないといけないのかと言うと、フラッシュ脱毛の仕組みにその理由があります。



フラッシュ脱毛は黒い色素に反応する特殊な光を照射するので、毛が伸びすぎていると熱エネルギーが集まり過ぎてしまい皮膚を火傷する可能性があります。



そのため前日までに毛を自己処理することで、毛の伸び過ぎを防ぐことができるのです。



また前日にムダ毛を剃らなければいけない理由は、当日に自己処理をすると毛が短くなりすぎてしまい、毛のメラニン色素を認識することができず、脱毛効果が低くなってしまうからです。



前日までに自己処理をしておけば、毛の成長によって脱毛に適した毛の長さになるので、脱毛前日までに自己処理をしておかなければいけません。



また脱毛当日に自己処理をすると、肌荒れを起こす可能性があるため、脱毛施術を行うことができない場合があります。



カミソリや電気シェーバーの刺激によって毛穴が赤く炎症すると、その部分だけ脱毛することができなくなるため、全体を綺麗に脱毛することが出来なくなってしまいます。



前日に自己処理を済ませておけば、自己処理後のデリケートな肌を落ち着かせることができますし、毛穴の炎症も抑えることができます。



ムダ毛の自己処理は前日までに済ませておく事で、全体を綺麗に安全に脱毛することができるのです。



なぜ脱毛サロンではムダ毛を剃ってくれないの?




なぜ脱毛サロンではムダ毛を剃ってくれないのかと言うと、脱毛に適した毛の長さにするためには前日までの自己処理が適しているからです。



脱毛直前に毛を剃ってしまうと毛の長さが短くなりすぎてしまうため、脱毛効果が低くなってしまいます。



そのため脱毛サロンではムダ毛を剃るということはサービスに含まれていないケースが多いのです。



また時間の短縮のためという観点からも、シェービングサービスを行っていない脱毛サロンが多いです。



1人のお客さんにかかる時間を短縮することで、たくさんのお客さんの予約を入れることができ、回転率を上げることができます。



お客さんのムダ毛処理に対して丁寧に時間をかけていると、1人のお客さんにかかる時間が長くなってしまうので、その分回転率が悪くなってしまうということになるのです。



剃り残しに対してシェービング代を支払えば、綺麗に剃ってもらうことができる脱毛サロンもありますが、それはシェービングにかかる時間をお金で買っているということになるのです。



脱毛ラボなどの場合、きれいに自己処理したつもりでも、かなりの確率で『要シェービング』の旨を伝えられ、追加費用を払わざるを得ないケースもあります。



⇒脱毛ラボのシェービング代を払わずに済む方法まとめ!



基本的に脱毛サロンでは、事前に自己処理をしていかなければいけません。



シェービング代を支払えばシェービングしてもらえると思って、全く自己処理していかないと脱毛を断られる可能性もあるので注意が必要です。



脱毛サロンによって、剃り残しのシェービングサービスは違うので、利用する前にチェックしておきましょう。



⇒脱毛サロンで使用する電気シェーバーでワキガは感染する?







脱毛前の自己処理のポイントとは?




脱毛前に自己処理をするときには、肌荒れを起こさないようにシェービングをするといことが大切です。



ムダ毛と一緒に皮膚まで切らないためにも、肌と毛を柔らかくしてから自己処理をするということがポイントです。



湯船に浸かって肌と毛を柔らかくすることもできますし、お風呂に入らない場合は蒸しタオルを使って柔らかくすることができます。



肌と毛を柔らかくすることで、柔軟性を高めることができるので、弱い力で綺麗にムダ毛を自己処理をすることができるのです。



乾燥した肌にいきなりカミソリの刃を当ててしまうと、簡単に切れてしまうので非常に危険です。



しっかりと事前準備をして、安全な方法でムダ毛処理を行いましょう。



また、デリケートゾーン、つまりVIOについては、自己処理が難しい部位ですね。



Vラインはまだしも、Iライン、Oラインは、どんな体勢で、何をつかって、どのように自己処理していいのか分からないケースが多いです。



VIOラインの自己処理方法については、以下の記事で詳しくまとめましたので、もしご存知なければ併せてチェックしてみて下さい。



⇒デリケートゾーンの脱毛前の自己処理方法は?VIOライン別に解説!



特に、粘膜に近く最もデリケートな部位であるiラインについては、ヒートカッターを活用していくのがいいですね。



⇒iラインの処理方法はヒートカッターがお勧め!活用メリットは?



また自己処理後は肌が乾燥しやすい状態なので、必ず保湿クリームなどを塗って保湿ケアしておきましょう。



脱毛当日は保湿ケアすることができないので、脱毛前日までにコツコツと保湿ケアをしておくことが大切です。



保湿ケアしておくことで脱毛効果を高めることができ、毛がないだけでなく潤いのある美肌へと導くことができるのです。



何気なく脱毛サロンに行く前にはムダ毛を剃っていくということが当たり前のように感じていましたが、脱毛をスムーズに進めるために必要な手間だったのです。



安い料金で脱毛できるのも事前にムダ毛の自己処理をしているからなので、肌に負担のない方法で優しくムダ毛を剃ってから脱毛サロンに行ってくださいね。



おすすめの関連記事



⇒脱毛サロンでピルNGの理由は?施術OKのサロンまとめ!



⇒ステロイド使用中でも脱毛できるの?3つの副作用について!