iライン脱毛に悩むなら医療脱毛がおすすめ!イメージ




こんにちは、SAYAです。



iライン脱毛しようと考えている人は、エステ脱毛か医療脱毛かどちらにしようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。



今回は、iラインは医療脱毛がおすすめなのか、メリットとデメリットを紹介します。



⇒vio脱毛の3つのデメリットとメリットについて!



スポンサーリンク




iラインは医療脱毛がおすすめか?




エステ脱毛は気軽さが良いですが、iラインを脱毛するなら医療脱毛がおすすめです。



なぜなら医療脱毛は、エステ脱毛に比べて濃い毛を脱毛する力が強いからです。



エステ脱毛は美容ケアの要素を取り入れた脱毛が目立ちますが、医療脱毛に関しては本格的に脱毛という目的に集中することができます。



毛の毛根に届くパワーでダメージを与えることができるのは、医療機関で行う医療脱毛です。



エステ脱毛は毛根部まで光を届けるパワーがないので、効果的に毛を弱らせることができません。



エステ脱毛と医療脱毛の原理は同じなので、同じような仕組みと考えられがちですが、根本的な部分を見てみるとそうではないのです。



一般的にiラインの毛は濃くて太いので、ダメージを与えるには相当のパワーが必要になります。



それに十分なパワーを持っているのが、医療脱毛なのです。



iラインを医療脱毛するメリットは?




iラインの医療脱毛における3つのメリットをイメージしたビリヤードの3番ボールの写真




iラインを医療脱毛するといろいろなメリットがあります。



iラインを医療脱毛するメリット1.少ない回数で脱毛を完了できる




医療脱毛は毛根に与えるダメージが強いので、少ない回数で脱毛を完了できるというメリットがあります。



特にiラインのように濃い毛の脱毛に適した仕組みになっているので、光を集中させることができます。



医療脱毛は費用が高いというイメージが強いですが、少ない回数で脱毛完了できるということは、脱毛にかかる費用を抑えることができるということです。



医療脱毛を利用した人の中には、想像していたよりも費用がかからなかったと驚く人もいます。



また毛周期に合わせて脱毛施術していきますが、少ない回数で脱毛完了できるので早く毛のないツルツルな肌を手に入れることができます。



iラインを医療脱毛するメリット2.肌トラブルが起きた場合すぐに対処してもらうことができる




iラインというデリケートな部分なので、肌トラブルを不安に感じる人が多いのではないでしょうか。



万が一、iラインを医療脱毛して肌トラブルを起こした場合でもすぐに薬を処方してもらうことができるなど、対応が敏速であるということがメリットです。



毎回医療知識のあるスタッフが肌の状態を見て、脱毛施術を行うので、肌トラブルが起きにくいです。



それでも脱毛パワーの強い医療脱毛なので、皮膚が赤くなるなど肌トラブルを起こす可能性もゼロではありません。



そこで適切な薬を処方してもらうことができるので、安心して脱毛を続けることができるのです。



また脱毛後には炎症を抑える軟膏の薬をもらうことができるので、適切に使用すれば赤い炎症もすぐに収まります。



炎症を抑える軟膏はステロイド剤であることがほとんどです。



ステロイド剤についてはいろいろな考え方があるので、使用したくない人は使用しなくても構いません。



しかし炎症が起きた場合は、すぐに抑えることができるので、医療脱毛後の軟膏はもらっておきましょう。







iラインを医療脱毛するメリット3.照射漏れがあった場合再照射してもらえる




Iラインを医療脱毛し毛が抜けなかった場合、照射漏れの可能性があります。



万が一、医療脱毛を行って照射漏れがあった場合は、再照射してもらうことができるということがメリットです。



脱毛サロンでは照射漏れに対する対応を行っているサロンはあまり見かけません。



しかし医療機関では照射漏れの対応がしっかりしているため、安心して利用することができるのです。



iラインを医療脱毛して照射漏れがあった場合、利用している医療機関に連絡をしなければいけません。



また期間が決まっているところもあるので、その期間内に照射漏れの可能性があるという連絡をしなければいけません。



そして来院して照射漏れかどうか確認することになります。



そこで照射漏れと判断された場合のみ、再照射してもらうことができます。



しかし照射漏れではなかった場合は、再照射してもらうことができません。



このように利用している医療機関の技術不足によって照射漏れが起きた場合は、無料で対応してもらうことが出来るという事がメリットです。



⇒湘南美容外科の口コミ評判まとめ!vio脱毛の料金や効果の実際は?



iラインを医療脱毛するデメリットは?




iラインの医療脱毛における2つのデメリットイメージ




メリットの多いiラインの医療脱毛ですが、デメリットもあります。



iラインを医療脱毛するデメリット1.脱毛にかかる費用が少し高い




医療脱毛は脱毛完了までのかかる回数が少ないので費用が抑えられるとは言っても、総額として見てみるとエステ脱毛よりも少し高くなってしまいます。



そのため最安値で脱毛したいという人や、少しでも安いところで脱毛したいと思っている人には、医療脱毛は少し高く感じてしまうかもしれません。



しかし最近では脱毛キャンペーンを行っているところも増えてきているので、エステ脱毛よりも安く利用できる場合もあります。



⇒iラインの毛量の平均はどの位?脱毛完了までの回数と費用は?

⇒oライン脱毛でおすすめは?毛深く生えてる毛量と自己処理の危険性!



iラインを医療脱毛するデメリット2.脱毛施術が痛い




医療脱毛は脱毛するパワーが強い分、脱毛施術時の痛みも増します。



一般的にゴムを弾いた時のような痛みと表現する人が多いですが、iラインに関しては「思わず声が出るほど」や「体がビクッとなってしまう」など人によって感じ方が違います。



一度iラインを脱毛してみてどうしても我慢できない場合は、麻酔を使用するという方法があります。



麻酔クリームを使用する局部麻酔となるので、気軽に使用できるという点がメリットです。



麻酔を使用すれば、痛みを軽減しながらiラインを確実に脱毛することができます。



⇒vioラインの医療レーザー脱毛の痛みは?麻酔はした方が良い?



医療脱毛はメリットもデメリットも理解してから契約するのが一番です。



こんなはずではなかった、と後悔する前に医療脱毛についてしっかり知っておきましょう。



iラインの医療脱毛経験者の話を聞くと、後悔しているという人は少ないようです。



エステ脱毛よりも脱毛効果の高い医療脱毛だからこそ、満足度が高いということではないでしょうか。



とはいえ、やはり費用面で医療脱毛は手が出ないという場合は、脱毛サロンも検討していくといいですね。



やらないよりは、やったほうが、見た目はもちろん、日々のお手入れの負荷が圧倒的に楽になるのでお勧めです。



⇒vio脱毛におすすめのサロンは?iラインの全部脱毛がなぜNG?アンダーヘアの理想の形は?



また、実際に脱毛を開始した後のトラブルを避けるためには、以下の記事も参考にしてみてくださいね。



⇒vio脱毛の自己処理方法は?デリケートゾーンの事前処理のやり方!

⇒iライン脱毛しても毛が抜けない?効果が出ない4つの原因と対処法は?