iライン脱毛後のかゆみを感じている女性のイメージ




こんにちは、SAYAです。



iライン脱毛をした人の中には、脱毛後iラインにかゆみが出てツライと感じている人も多いようです。



なぜiラインを脱毛すると、かゆみがひどくなるのでしょうか?



今回は、iライン脱毛するとかゆみが出るのか、原因と改善方法を紹介します。



⇒iラインにニキビやできものができる原因と脱毛対策まとめ!



スポンサーリンク




iライン脱毛するとかゆみが出る原因は?




肌の痒みが出る2つの原因イメージ




iライン脱毛を経験した人のほとんどが、iライン部分にかゆみを感じるようになります。



iライン脱毛後のかゆみは、いくつかの原因が考えられます。



iライン脱毛後かゆみが出る原因1.iライン脱毛前に処理した毛が伸びてくるから




iライン脱毛前にはiラインの毛をすべて自己処理して、ツルツルな状態にする必要があります。



毛が伸びすぎていると火傷をする可能性があるため、脱毛前日までに自分でシェービングをしておかなければいけないのです。



そのためiライン脱毛後しばらくすると、毛が伸びてきて、毛先が皮膚を刺激するためかゆみが生じるのです。



カミソリや電気シェーバーで剃った毛は、真横にカットされているため、先端がとがっています。



そのとがった先端がiラインのデリケートな皮膚に刺さるので、刺激になりかゆみが生じるのです。



特にiラインの粘膜に近いラインは、両側の毛がお互いの皮膚を刺激し合うのでより強い痒みを生じます。



またかゆみだけでなく、くすぐったい感覚もあるようです。



しかし脱毛前に自己処理するのはどこの部分でも言えることなので、アンダーヘアのみ避けることはできません。



⇒デリケートゾーンの脱毛前の自己処理方法は?VIOライン別に解説!

⇒iラインの処理方法はヒートカッターがお勧め!活用メリットは?

iラインはブラジリアンワックス脱毛できる?メリットとデメリットは?



iライン脱毛後かゆみが出る原因2.脱毛による肌への刺激とダメージ




iライン脱毛後のかゆみは、脱毛による肌への刺激とダメージからも生まれます。



iラインを脱毛するということは、皮膚に少なからず刺激とダメージを与えます。



脱毛は熱エネルギーを利用しているので、デリケートなiラインの皮膚は熱を帯びて、それによって刺激を受けかゆみを生じてしまうのです。



iラインのようなデリケートゾーンは極力出力を抑えて、刺激を弱くしていますが、出力を弱くしすぎてしまうと脱毛の効果まで弱くなってしまいます。



そのためiラインへの刺激とならない程度でありながら、しっかり脱毛効果を出すことができるレベルで施術しないといけないのです。







iライン脱毛後のかゆみを軽減する方法とは?




肌の痒みを軽減する4つの方法イメージ




iライン脱毛後は、我慢できないほどのかゆみを我慢していなければいけないのでしょうか?



答えは、NOです。



iライン脱毛後のかゆみを軽減する方法を実践して、ツライかゆみから解放されましょう。



iライン脱毛後のかゆみを軽減する方法1.抑毛ローションで毛を柔らかくする




iライン脱毛後のかゆみを軽減するには、毛を柔らかくすることが効果的です。



そこで抑毛ローションを使用するという方法がおすすめです。



最近ではパイナップル豆乳ローションなど様々な種類の抑毛ローションが販売されています。



⇒パイナップル豆乳ローションの脱毛効果は?

⇒鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションの成分について!



抑毛ローションを使用する本来の目的は、毛を細くするためですが、毛を柔らかくする効果も期待することができるのです。



毛を柔らかくしながら、抑毛効果も期待できるので一石二鳥です。



一つ注意すべき点は、即効性がないので継続して使用する必要があるということです。



iライン脱毛後だけでなく、iライン脱毛期間中は続けて使用することで効果を実感することができるケースがあります。



iライン脱毛後のかゆみを軽減する方法2.アンダーヘアトリートメントを使う




iライン脱毛後のかゆみの原因は、脱毛前に処理した毛が伸びてきて、毛先の硬くとがった毛が皮膚に当たるからです。



そこでアンダーヘアトリートメントを使うと、硬い毛を柔らかくすることができます。



アンダーヘアトリートメントはアンダーヘア専用に開発されているので、アンダーヘアのような太い毛を効果的に柔らかくすることができ、脱毛後のかゆみを軽減してくれます。



毛は硬いほど皮膚に当たったときの刺激が強くなります。



特にiラインは敏感な部位なので、同じ刺激でも他の部分と比べると強い刺激となってしまうのです。



アンダーヘアトリートメントはわざわざクリニックなどに行かなくても通販で購入することができます。



通販を利用すれば住んでいる場所もまわりの目も気にすることなく、アンダーヘアトリートメントを購入することができるのでおすすめですよ。



iライン脱毛後のかゆみを軽減する方法3.毛が伸びてきたらすぐにシェービングする




iライン脱毛後の皮膚のかゆみは、毛が数ミリ伸びてきた時点から感じ始めます。



そのため対処法としては少し伸びてきたらカミソリなどですぐにシェービングするという方法でかゆみを軽減することができます。



自然と毛が抜け落ちる10日後くらいまで続けていれば、iラインのかゆみに悩まされることなく過ごすことができるでしょう。



伸びてきた部分をシェービングしても毛穴の中では既に毛根から毛が離れている状態なので、脱毛効果に変化はありません。



毛穴付近まで毛が伸びてきたら自然と毛は抜け落ちるので、それまではシェービングで乗り切りましょう。



iライン脱毛後のかゆみを軽減する方法4.体調を整えてから脱毛する




先ほども説明したように、iライン脱毛後のかゆみの原因は、脱毛による皮膚への刺激の可能性もあるということを説明しました。



体調が悪く、皮膚が敏感になった状態だと、それだけ脱毛による刺激やダメージも強く感じとってしまうということになります。



そこで脱毛後のかゆみを軽減するためには、自分の体調を万全に整えた状態で脱毛を行うという事が大切になるのです。



体調を整えていれば、皮膚も刺激に強い状態になり、ダメージを受けにくくなるためかゆみも軽減されるというわけです。



iライン脱毛は1回では完了しないので、毛周期に合わせて施術を受ける必要があります。



毎回iラインのかゆみに悩まされると思うと、憂鬱になってしまいますよね。



今回紹介したiライン脱毛後のかゆみを軽減する方法で、iライン脱毛後も快適な毎日を送ってくださいね!



⇒vio脱毛におすすめのサロンは?iラインの全部脱毛がなぜNG?アンダーヘアの理想の形は?



ちなみに、以下の記事でデリケートゾーンの平均的な毛量についても紹介していますので、興味のある方は合わせてチェックしてみてくださいね。



⇒oライン脱毛でおすすめは?毛深く生えてる毛量と自己処理の危険性!

⇒iラインの毛量の平均はどのくらい?脱毛完了までの回数は何回?



また、実際に脱毛を開始した後のトラブルを避けるためには、以下の記事も参考にしてみてくださいね。



⇒vio脱毛の自己処理方法は?デリケートゾーンの事前処理のやり方!

⇒iライン脱毛しても毛が抜けない?効果が出ない4つの原因と対処法は?



おすすめの関連記事



⇒vラインに粉瘤が出来ていると脱毛できない?原因と治す方法は?



⇒vライン自己処理後のかゆい原因は?痒みを解消する方法とは?



⇒iライン脱毛しても毛が抜けない?4つの原因と対処法は?