顔のうぶ毛のセルフ脱毛方法のイメージ




こんにちは、SAYAです。



メイク前に顔のうぶ毛処理をしている人がほとんどですが、その仕上がりによってメイクのりや化粧の仕上がりが左右されますよね。



カミソリや電気シェーバーを使うという人が多いようですが、それ以外にも顔のうぶ毛を手軽にセルフ脱毛できる方法があります。



今回、顔のうぶ毛のセルフ脱毛法と、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。



スポンサーリンク




顔のうぶ毛をセルフ脱毛する方法とは?




顔のうぶ毛をセルフ脱毛する3つの方法を紹介します。



セルフ脱毛法1.除毛クリームを使用する




除毛クリームを使えば、顔のうぶ毛を簡単にセルフ脱毛することができます。



除毛クリームは身体のムダ毛処理に使用するイメージが強いですが、最近では顔のお肌にも使用できるくらい優しい除毛クリームも登場しています。



処理したいうぶ毛に除毛クリームを塗り、一定時間放置するだけで毛を溶かして処理することができます。



うぶ毛のように細い毛に対しては、しっかり効果を発揮することができるのですが、皮膚の薄い顔の脱毛には注意が必要です。



健康な肌の人もトラブルを起こす可能性があるため、乾燥肌や敏感肌、アトピー肌など刺激に弱い肌質の人にはおすすめできません。



除毛クリームによる顔脱毛についてはこちらの記事でも詳しく解説しているので、興味のある方は是非参考になさってください。



⇒ソランシアリムーバークリームは顔に使ってもいいの?



セルフ脱毛法2.ワックス脱毛を使用する




ワックス脱毛は、はじめからシートにワックスが付いた商品もありますし、自分でワックスを塗りシートを貼りつけて剥がす商品もあります。



ワックスにうぶ毛を絡ませて、剥がせば、毛根から毛を処理できるので、毛穴の目立たないツルツルな素肌に仕上げることができます。



ワックス脱毛は毛根から引き抜くので、次の毛が生えてくるまで一定期間毛が生えてきません。



そのため自己処理の頻度を減らせるというメリットもありますが、コツを掴むまでは時間がかかったり、綺麗に処理できない可能性もあります。



⇒顔のうぶ毛を自宅でワックス脱毛するメリットとデメリットは?



セルフ脱毛法3.家庭用脱毛器を使用する




脱毛サロンのフラッシュ脱毛を自宅で行うことができるのが、家庭用脱毛器です。



脱毛サロンの脱毛機と比べると出力は低いですが、サロンと同じように黒い色素に反応する光を照射してダメージを与えていくことができます。



今回紹介した顔のうぶ毛脱毛の中でも、特に効果の高い方法が家庭用脱毛器です。



他の脱毛方法は一時的な毛の処理なので、毛が生えてきては処理をする、の繰り返しになります。



しかし家庭用脱毛器を使用すれば、顔のうぶ毛が徐々に細くなってくるので、自己処理の頻度を減らすことができ、使い続ければ毛の生えるスピードを格段に遅くすることができます。



家庭用脱毛器を使って脱毛するイメージとしては、家庭用脱毛器のみで処理していくという方法もありますし、脱毛サロンと併用して短期で脱毛して行くという方法もおすすめです。



何よりも自分のペースで脱毛できるという点が嬉しいですよね。



⇒脱毛器の人気おすすめランキング&口コミ2017!家庭用光脱毛編



⇒鼻下脱毛の効果が出る回数は?施術NGの条件とは?



顔のうぶ毛をセルフ脱毛するメリットは?




顔のうぶ毛をセルフ脱毛する3つのメリットイメージ




顔のうぶ毛脱毛はプロにも任せることができますが、セルフ脱毛することでいろいろなメリットがあります。



メリット1.お金がかからない




顔のうぶ毛脱毛は専門サロンを利用して行うこともできますが、それなりの技術料とサービス料が必要になります。



そのためセルフ脱毛することで、費用を節約できるというメリットがあります。



メリット2.自分の好きな時間にお手入れできる




セルフ脱毛は自分で好きなときに、好きなタイミングでお手入れできるので、予約時間に縛られません。



脱毛サロンだと予約した時間に来店しなければいけませんし、遅刻やキャンセルをするとペナルティが発生する可能性があります。



その点、セルフ脱毛だと、時間に拘束されることがないので気が楽なのではないでしょうか。



メリット3.肌の状態を見てうぶ毛を処理できる




自分の肌のことは自分が一番よく知っていますよね。



肌の状態がよくない場合、顔のうぶ毛処理のプロであっても完全に任せるのは安心できません。



セルフ脱毛であれば、調子のよくない部分は避けて脱毛することができます。



肌の状態を見て、うぶ毛処理の方法を変えたり、処理する部分を限定できるなど自由に対応できるという点がメリットです。







顔のうぶ毛をセルフ脱毛するデメリットは?




顔のうぶ毛をセルフ脱毛する2つのデメリットイメージ




顔のうぶ毛のセルフ脱毛にはメリットだけでなく、デメリットも存在します。



デメリット1.無理をすると肌トラブルを起こす可能性がある




セルフ脱毛をするときに、無理やり肌を引っ張ったり、除毛クリームやワックス脱毛を頻繁に行うなど肌への負担が大きくなると、肌トラブルを起こす可能性があります。



除毛クリームやワックス脱毛は非常に手軽で脱毛効果の高い処理方法ですが、頻繁に使用すると肌への負担が大きくなります。



頻度は多くても2週間に1回など、肌への負担を考えて最小限での利用がおすすめです。



デメリット2.慣れるまで時間がかかる




セルフ脱毛はすべての工程を自分で行う必要があるので、慣れるまでには時間がかかります。



またコツを掴むまで回数を重ねる必要があるので、慣れるまでの数回は満足のいく仕上がりにならない可能性もあります。



しかし慣れてしまえば、短時間で綺麗に顔のうぶ毛を処理することができます。



顔のうぶ毛は頻繁に処理するため、安全な方法でセルフ脱毛してくださいね。



家庭用脱毛器でのセルフ脱毛を考えている人の中で、
「自分でやるのは面倒」「少しでも早く脱毛完了したい」
という人には、脱毛サロンに通うのがおすすめです。




顔脱毛の場合、トラブルがひどくなってしまったら、最悪、痕が残ったりして取り返しのつかないことも考えられます。



その点、脱毛サロンは安全対策がしっかりしているので、安心して任せることができますよね。



大手脱毛サロンの場合、昔に比べてかなり料金が下がってきています。学生さんやOLさん、主婦の方でも、手が届く範囲の予算で顔脱毛できるのが嬉しいですね。



⇒顔脱毛のおすすめサロンは?ミュゼとディオーネの期間と料金を比較!

⇒ディオーネの顔脱毛の効果は?おすすめできる理由を動画で!

⇒顔脱毛のメリットとデメリットは?サロンで賢く契約するコツは?

TBC顔脱毛の口コミや効果は?2回の体験談まとめ!


顔脱毛すれば、自己処理にかかる時間の短縮になるだけでなく、毛穴が目立たなくなりキメの細かい素肌になります。



女性としていつまでも美しい肌を保つことができるのは、自信にもなりますし、とても嬉しいことですよね。



スポンサーリンク