こんにちは、SAYAです。



vラインはデリケートなので、出来物ができやすい部位です。



vライン脱毛期間中に出来物ができてしまうと、脱毛を中断しないといけないのかと不安になりますよね。



そこで今回、vラインに出来物(ニキビ・毛包炎・粉瘤ふんりゅう)が出来ても脱毛できるのかどうか、原因と改善方法もあわせて詳しく紹介します。



vラインにイボがあっても脱毛できる?その正体と改善方法は?



スポンサーリンク




vラインにできる出来物の正体とは?




vラインにできる出来物には、いくつかの種類があります。



vラインにできる出来物1.ニキビ




顔にニキビができるように、身体にもニキビができてしまうことはよくあります。



顔のニキビの原因はアクネ菌によるものですが、身体のニキビはマラセチア菌によるものなので、菌の種類が違います。



ニキビの種類はいろいろありますが、皮脂が詰まっている状態の白ニキビ、赤く炎症している赤ニキビ、膿がたまった状態の黄ニキビがあります。



vラインの出来るできもの2.毛包炎(もうほうえん)




見た目はニキビのようだけど、ニキビではないできものは、毛包炎の可能性があります。



毛包炎はブドウ球菌、特に黄色ブドウ球菌が原因になります。



ムダ毛の自己処理によって毛包に傷がついてしまい、そこにブドウ球菌という菌が付着することで炎症し、毛包炎となるのです。



この原因となるブドウ球菌は私たちの肌にある常在菌なので、心配する必要はありませんが、毛穴に傷を作らないように、またばい菌が入らないように清潔にしておかなければいけません。



vラインに出来るできもの3.粉瘤(ふんりゅう)




vラインに出来ているできものが痛みのあるしこりだった場合、粉瘤の可能性があります。



粉瘤とは、簡単に言うと良性の腫瘍です。



粉瘤の場合は、自分で治すよりも病院に行って診てもらった方がいいでしょう。



vラインにできものが出来る原因とは?




なぜvラインにできものが出来やすいのか、それぞれの原因を紹介します。



出来物ができる原因1.ニキビは乾燥などによる毛穴の角質化




vラインにニキビができる原因は、自己処理による乾燥で毛穴が角質化されたことによる毛穴の詰まりです。



そこにマラセチア菌が増殖することで、赤く炎症を起こしてしまいます。



炎症を起こすと軽く押すだけでも痛みを感じますし、炎症ニキビは脱毛施術することができないので、白いシールを貼って隠してから施術することになります。



不衛生にしていることでも毛穴が詰まってニキビができるので、清潔に保つという事が大切です。



出来物ができる原因2.毛包炎は間違った自己処理法




毛包炎が出来てしまうのは、毛抜きやカミソリを使ってムダ毛処理をしたときに、毛包を傷つけてしまうということが原因です。



傷ついた部分にブドウ球菌が付着することで、炎症を起こし、毛包炎になります。



ニキビとの見分けが難しいですが、毛抜きを使用して2日後くらいに出てきた場合は、毛包炎の可能性が高いと言えるでしょう。



⇒ムダ毛処理のNGランキング!脱毛クリームやカミソリがダメな理由とは?



出来物ができる原因3.粉瘤は代謝の低下




粉瘤ができる原因は先ほども説明しましたが、ストレスや乱れた生活習慣によって新陳代謝が低下するために出来てしまいます。



通常古い角質や脂肪は新陳代謝によって体外へ排出されるのですが、免疫力や抵抗力が低下してしまうと新陳代謝が正常に働かず、皮膚の中に留まってしまうことがあります。



またvラインの衛生状態が悪いときにも、同じようなことが起こります。



粉瘤は、不規則な生活やストレスなどを抱えた女性のvラインにできやすいです。







vラインに出来物があっても脱毛できる?




結論から言うと、vラインに出来物があっても脱毛することはできます。



vラインに出来物ができているときの対処法を紹介します。



vラインにできものがあるときの対処法1.出来物部分を避けて脱毛する




ほとんどの脱毛サロンではvラインにニキビができている場合、ニキビの状態によって脱毛可能か変わります。



赤く炎症している赤ニキビや膿んでいるニキビ(黄ニキビ)の場合は、その部分だけ避けて脱毛することになります。



脱毛の光エネルギーによって、症状が悪化する可能性もあるので、ニキビがない部分のみ脱毛することができます。



vラインに出来物があるときの対処法2.出来物が治るのを待ってから脱毛を開始する




ニキビの状態によっては脱毛できないということを説明しましたが、全体を綺麗に脱毛したい場合は、vラインの出来物を治してから脱毛を開始しましょう。



特にVラインに粉瘤を出来ている場合は、まずお医者さんに診てもらってから脱毛を開始しましょう。



vラインに出来物があるときの対処法3.ニキビOKの脱毛サロンを利用する




vラインに出来物があっても脱毛したい、という人は、ニキビOKの脱毛サロンを利用しましょう。



例えば、ディオーネのハイパースキン脱毛はニキビがあっても脱毛できるので、iラインにニキビができてしまったときでも脱毛することが可能です。



ハイパースキン脱毛は発毛因子に作用する脱毛方法で、これまでの毛根にダメージを与える方法ではありません。そのためニキビを悪化させないという事から、ニキビがあっても脱毛できるという訳です。



ディオーネを利用すれば、ニキビができやすい体質でも、ニキビの有無を気にすることなく脱毛できるのでおすすめです。



vラインの出来物はどうやって治す?




vラインにできものが出来ると、少しでも早く治したいですよね。では、どのようにして治せばいいのでしょうか?



⇒vラインの黒ずみに良いクリームはニベア!効果的活用法まとめ!



vラインの出来物の改善方法1.ムダ毛処理はハサミでカット




出来物を治すためには、清潔に保つということが重要になります。



清潔に保つ方法として、まめにムダ毛を処理する必要があるのですが、そこでカミソリやワックス脱毛していると皮膚にダメージを与えて角質化してしまうので、出来物を悪化させてしまう可能性があります。



皮膚にダメージを与えることなく、清潔にムダ毛を処理する方法は、ハサミを使用して短くカットするという方法です。



ハサミを使えば、毛穴にダメージを与えずにムダ毛を処理できるので、毛穴にばい菌が入り込む可能性も少なく、出来物ができるリスクを抑えることができます。



ハサミよりも綺麗に処理したいという場合は、電気シェーバーがおすすめです。



vラインの出来物の改善方法2.ストレスフリーを目指して生活習慣を見直す




出来物によって原因は違いますが、すべてに共通していることは、ストレスや生活習慣の乱れによって自律神経が乱れてしまい皮膚疾患が発生するということです。



自律神経が乱れると、皮脂分泌が過剰になったり、粉瘤の原因を引き起こしてしまいます。



なるべくストレスをため込まないようにして、バランスのとれた食事を意識し、たっぷり睡眠をとるということが、vラインの出来物解消へとつながります。



vラインの出来物の改善方法3.デリケートゾーンを清潔に保つ




デリケートゾーンが不潔だと痒みを引き起こしますし、細菌の繁殖も増加します。



そのため清潔に保つということが、vラインの出来物を予防する対処法となるのです。



デリケートゾーンを清潔に保つためにもVIO脱毛を行う女性が増えています。恥ずかしいかもと不安な方はこちらの体験談をご覧ください。スタッフの方は慣れていらっしゃるのであまり気にしすぎる必要はないですよ。



⇒VIO脱毛体験in脱毛ラボ!剛毛OK!パンツなしで恥ずかしい?



今回紹介したように、vラインには出来物ができやすく、脱毛を中断しなければいけない可能性もあります。



脱毛を途中でお休みしないためにも、出来物の原因を解消し、ムダ毛ゼロを目指して脱毛していきましょう。