こんにちは、SAYAです。



vラインのあたりを触ってみると何かイボみたいなものがある、といった事はありませんか?



また歩いているときにしこりに当たって痛みがあるということで、vラインにイボがあるということに気が付く人も多いようです。



ニキビではないけど、かたいしこりのようなものが出来たと不安に感じている人が多いのです。



ニキビであれば原因が分かっているので安心ですが、イボとなると不安になりますよね。



今回は、vラインにできやすいイボについて解説していきます。



またイボが出来てもvラインの脱毛を継続することができるのか、改善方法も合わせて紹介します。



『イボ』ではなく、ニキビや毛包炎、粉瘤(ふんりゅう)のような『できもの』がVラインにある場合の原因と改善方法については、以下の記事でまとめておりますので、あわせてご確認下さい。



⇒vラインにできものが出来ても脱毛できる?原因と改善方法とは?



⇒vラインの黒ずみに良いクリームはニベア!効果的活用法まとめ!



スポンサーリンク




vラインに出来やすいイボの正体は?




vラインを含めてデリケートゾーンに出来やすいイボは水イボで、基本的に問題なくそのまま放置していても悪いことは起きないそうです。



しかし他の部分と比べて隆起しているので、肌を出すのが恥ずかしいと感じている人も多いようですね。



このイボは外部刺激によって出来たというものではなく、ウイルス感染などが原因なので、身体の中で出来上がったという方が正確です。



ですので、特別手術をして取り除かなければいけないという緊急性のあるイボではありません。



しかし手術をしない限りすぐに消えてしまうということはなく、数年放置していると消える可能性もありますが、イボができる場所によってはつぶれて再生してというのを繰り返す場合も多いのです。



下着に擦れてしまうので、赤みが帯びたり、痛みを伴うなど、場合によっては非常に気になるイボです。



イボが見つかった場合は、早めに病院に行き、どのように対処すればいいのか判断してもらうことをおすすめします。



vラインにイボが出来ても脱毛できる?




良性のイボに関しては、そのままの状態でvライン脱毛を継続しても問題ありません。



悪性のイボは黒色をしていることがほとんどで、時間が経過するごとに大きくなるなど変化があるので、すぐに分かると思います。



大きさの変わらない、隆起しているだけのイボは良性の場合がほとんどですが、脱毛していいのか気になる場合は、利用している脱毛サロンのスタッフに確認してみましょう。



VIO脱毛なんて恥ずかしいと思われる方もいらっしゃいますが、スタッフさんは多くのお客様の脱毛を経験されているので優しく相談にのってくれると思いますよ。脱毛ラボでの体験を載せていますので、参考にしてみて下さい。



⇒VIO脱毛体験in脱毛ラボ!剛毛OK!パンツなしで恥ずかしい?



脱毛継続する場合は、病院の診断が必要になる可能性もあります。







vラインのイボの改善方法は?




イボに関しては基本的に自分ではどうすることもできません。



イボにはいろいろな種類がありますが、水イボに関しては病院に行くとピンセットでねじ切って、絆創膏を貼って終わりだそうです。



基本的に水イボは簡単に処置できる部類なので、悩んでいるのであれば病院で治療してもらうのが一番です。



ウイルス感染によるイボは、同じ場所にしつこくとどまっているという特徴があるので、早めに治療してもらいましょう。



vラインのイボは何科の病院に行けばいいの?




vラインにイボを見つけた人は、何科に行けばいいのか困っている人が多いようです。



イボは基本的に皮膚の疾患になるので、皮膚科に行きましょう。



皮膚科に行けば適切な処置をしてもらうことができますよ。



すぐに手術をして取った方がいいのか、そのまま様子を見るのか、担当医に判断してもらうことができるので、安心することができますよね。



今回紹介したように、vラインにイボをもっている人は、脱毛が完了して毛のない綺麗な状態になっても、イボ自体のコンプレックスが消えずに肌を出すことを躊躇している女性が多いようです。



vライン脱毛をしてムダ毛のコンプレックスを解消するのと同時に、イボのコンプレックスも病院で治療してしまいましょう。



そうすれば水着と着るときなど、自信をもってvラインを出すことができますよ。



Vラインのイボについて、悩みが解消されましたら、VIO脱毛におすすめの脱毛サロンもチェックしてきましょう。