顔のうぶ毛をワックス脱毛する女性のイメージ




こんにちは、SAYAです。



自宅で気軽に行える顔のうぶ毛処理の方法の一つに、ワックスの活用があります。



最近ではワックス専門サロンも増えてきていますし、通販でスターターキットを購入すればすぐに自宅で始めることができます。



自宅で気軽にできるようになって、自分で顔のうぶ毛処理に挑戦してみようと考えている人も多いのではないでしょうか。



そこで今回、顔のうぶ毛を自宅でワックス処理するメリットとデメリットをはじめ、綺麗に手入れする際のコツも紹介していきます。



スポンサーリンク




ワックス脱毛の種類について




いろいろなタイプのワックスが販売されているので、自分に合ったアイテムを見つける事からはじめましょう。



専門店ではハードタイプを使用しますが、自宅で使う場合、ソフトタイイプか、シートタイプがおすすめです。



ソフトタイプは常温でも柔らかいので扱いやすいですし、シートは既にシートとワックスが一体化しているので、面倒な手間が省かれます。



自宅でハードタイプを使って顔のうぶ毛処理をするのは、肌トラブルの観点から、かなりハードルが高いと考えていいでしょう。



顔のうぶ毛をワックス処理するメリットとは?


顔のうぶ毛をワックス脱毛するメリットイメージ




一般的に顔のうぶ毛はカミソリや電気シェーバーを使って処理する女性が多いですが、ワックスで手入れするといろいろなメリットがありますね。詳しく見ていきましょう。(※追記して3つにまとめています)



メリット1.一定期間毛のないツルツルな状態を持続する




毛根から毛を引き抜くことができるので、処理後の肌は毛がないツルツルな状態になります。



また毛穴の中からうぶ毛を処理できるので、次の毛が生えてくるまで1週間ほど毛のない状態を維持することができ、うぶ毛処理の手間を省くことができます。



毎日のように顔のうぶ毛処理を繰り返していた人にとっては、自己処理の手間が省けるので非常に楽です。



カミソリや電気シェーバーで剃ったときのような毛穴の黒いブツブツも残さずに綺麗に処理できるので、仕上がりも非常に綺麗です。



  • 半信半疑で顔のうぶ毛をワックスで処理したのですが、ごっそり産毛が抜けました。ベビーパウダーを顔全体に塗り、毛の流れに沿ってシートを貼り、逆方向から一気に剥がす。剥がしたらすぐにクーリングをする、を繰り返すと綺麗に仕上がりましたよ。



  • 癖になりそうなくらい綺麗に処理できました。



  • メリット2.短時間で顔のうぶ毛を処理できる




    ワックスを塗って剥がすだけ、ワックスシートを使うならシートを貼って剥がすだけなので、何分も放置して待つ必要がなく短時間で顔のうぶ毛を処理できます。



    慣れてくれば1カ所手入れするのにかかる時間は、1分くらいで済ませることができます。



    顔のうぶ毛を処理する場合は、小さい範囲を数回に分けて行いますが、眉毛と口まわりのうぶ毛処理であれば10分くらいで終わるので、忙しい朝でもうぶ毛処理が可能です。



    メリット3.狭い範囲でも手入れ可能




    セルフでできるため、気になる狭い範囲でも、手入れすることができます。



    ワックス専門サロンを利用すると、顔のうぶ毛を一気に処理しないといけないので、それなりの時間がかかってしまいますが、自宅でする場合は気になる範囲のみ処理できます。



  • 口周りのうぶ毛をワックスで手入れしました。直後は少し赤くなっていましたが、乳液をつけたら赤みが引いて綺麗になりました。







  • 顔のうぶ毛をワックス脱毛するデメリットとは?




    顔のうぶ毛をワックス脱毛するデメリットイメージ




    非常に手軽で確実な方法ですが、もちろんデメリットもあるので、合わせて紹介しておきます。(※追記して3つにまとめています)



    デメリット1.コツを掴むまで難しい




    綺麗に処理するためには、ワックスを塗る方向、シートを剥がす角度や力具合など、様々なコツが必要になります。



    慣れるまでコツを掴むのが難しく、ムダ毛を抜くことができなかったり、顔にワックスが残ったりします。



    きれいに仕上げるのコツは、毛の流れに沿ってワックスを塗り、剥がすときは毛の流れとは逆に向かって、シートを皮膚に平行に剥がす事。



    ゆっくり剥がしてしまうと、毛を引き抜くことができないだけでなく、皮膚が引っ張られてしまうので内出血しやすくなります。



    躊躇なく一気に剥がすと、毛とワックスが絡まった状態で綺麗に抜くことができますよ。



    このコツを掴むまでは諦めずに、何度か挑戦し続けることが大切です。



  • あまり抜けずに、ワックスが肌に残ってベタベタになってしまいました。



  • はじめてワックスシートに挑戦しましたが、剥がすときがすごく痛い。



  • デメリット2.処理をする前に5mmほど伸ばさないといけない




    手入れ前に、処理する毛を5mmほど伸ばさないといけません。



    そのため少し毛が伸びた状態で過ごさないといけない、ということがデメリットになりますね。



    処理したい毛をワックスに絡ませて引き抜くので、必要な長さの毛がないと、処理ができません。



    デメリット3.肌が弱い人は肌トラブルを起こす可能性がある




    ワックスを一気に剥がすときにも肌と毛穴に刺激を与えることになりますし、慣れていない人が手入れをすると綺麗に処理できないどころか、かなりの負担がかかります。



    毛抜きと同様、毛根から無理やり引き抜く方法なので、毛穴が炎症する可能性があります。



    また毛包炎になる可能性もあるので、十分肌を清潔にしてから処理を行い、事後も肌を冷やすなど冷却して保湿することが大切です。



  • ヒゲの処理にワックスシートを使用したのですが、毛が太かったからか、少しアザみたいなのができてしまいました。



  • 肌が強い人によっては非常に手軽なムダ毛処理方法なので、顔のうぶ毛に限らず、デリケートゾーンや脚のムダ毛処理にもおすすめです。



    顔は皮膚が薄く非常にデリケートなので、手入れのコツがつかめていなかったり、肌が弱い場合、肌を痛める可能性が高いです。



    顔のうぶ毛処理に初めてワックスを使う場合、事前に、身体の他の部位で練習をしてから顔のうぶ毛処理を行うと安心ですね。







    ワックス以外にもうぶ毛処理の方法はあります。安全にうぶ毛処理を行いたい方はこちらもご覧ください。

    TBC顔脱毛の口コミや効果は?2回の体験談まとめ!