vラインは永久脱毛がおすすめ!イメージ




こんにちは、SAYAです。



モジャモジャと生えているアンダーヘア・・・何もお手入れをしないとどうしても下着や水着からはみ出してしまうので、小さく形を綺麗に整えたいですよね。



自己処理の手間を省くためにvラインの毛を脱毛する女性が増えてきていますが、その中でも確実性の高い方法が永久脱毛(美容電気脱毛)です。



でも永久脱毛って高いし、Vラインなら光脱毛でもいいんじゃ・・・と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。



そこで今回、vラインの毛を永久脱毛するメリットとデメリットを紹介します。



スポンサーリンク




vラインの毛を永久脱毛するメリットとは?




vラインを永久脱毛する3つのメリットイメージ




永久脱毛と言うと高額な費用というイメージですが、ショーツからはみ出るVラインの毛くらいであればそこまで高額にはならないのでおすすめです。



では、Vラインを永久脱毛するメリットを見ていきましょう。



メリット1.毛が二度と生えてこなくなり自己処理の必要がなくなる




Vラインの毛は太くて存在感がある上に、少し伸びてくるとチクチクして不快感がありますよね。そのためかなり頻繁に自己処理している人が多いのではないでしょうか。



永久脱毛は、発毛組織である毛乳頭を破壊し、二度と毛が生えてこなくなるので、自己処理の必要がなくなります。



それまでの不快感や自己処理にかかっていた時間、手間が一切なくなるというのは非常に魅力的ですよね。



自己処理のデメリットと言えば、肌へのダメージや乾燥、黒ずみなど様々なトラブルを引き起こしますが、それらの問題から解放されると思うと夢のようですよね。



メリット2.好きな形に脱毛できる




vラインの形というのは、女性の中でも好みが大きく分かれる部分ですが、自由に形を決めてお手入れできる永久脱毛はおすすめです。



永久脱毛は1本ずつ確実に脱毛していくので、理想通りに形作ることができます。



また予算に合わせて脱毛する毛の本数を調節することもできるので、狭い範囲を脱毛したり、広範囲を脱毛したりという選択も可能です。



一つ注意することは、「一度脱毛してしまうと二度と毛が生えてこない」ということです。もし奇抜な形を考えている場合は、一度考え直しましょう!



メリット3.毛穴が目立たなくなる




永久脱毛すると毛穴の中まで毛を綺麗に処理できるので、毛穴が目立たなくなります。



カミソリや電気シェーバーで処理すると、毛穴の黒い点々が残るため、ムダ毛処理後も毛穴が目立ってしまいますよね。



特にvラインの毛は濃いので、せっかく処理したのにショーツから黒い毛穴が点々と見えるという状態は女性としてあまり喜ばしいことではありませんよね。



永久脱毛すれば毛穴の存在も分からないほどツルツルな肌を手に入れることができるので、自信をもって肌を出すことができますよ。







vラインの毛を永久脱毛するデメリットとは?




vラインを永久脱毛する3つのデメリットイメージ




Vラインの永久脱毛を考えている人は、メリットだけでなくデメリットにも目を通しておきましょう。



デメリット1.脱毛すると二度と毛が生えてこない




「一度脱毛すると二度と元に戻らない」永久脱毛の最大のメリットだと言われていることですが、場合によってはデメリットになる可能性もあります。



永久脱毛は好きな形に脱毛できるので、女性の中には蝶やハートの形に脱毛したいと考える人もいるようです。



しかしその時はいいですが、数年、数十年経ったときに同じ感性でいられるかどうかと考えると分かりませんよね。



温泉や銭湯などの場面、海やプールで着替えるときの場面、子供ができたとき、などの事を考えるとシンプルな形の方が安心です。



もしも貴方が奇抜な形を希望しているなら、ブラジリアンワックス脱毛など、一時的な処理方法がおすすめです。



デメリット2.施術時の痛みが強い




フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛と同じような痛みを想像していると、かなり痛い目にあいます。



永久脱毛の施術は毛穴に針のような器具を挿入し、微弱の電気を流すので、他の脱毛方法とは比べものにならないくらいの痛みを伴います。



施術時の痛みに耐えられず、永久脱毛を諦めたという人もいるようなので、永久脱毛をするときは覚悟しておく必要がありますね。



また体調が悪いときや生理時は普段と比べて痛みが増すので、施術を受けるときは生理の日を避けて、体調の良い日を選びましょう。



痛みについて解説してきましたが、永久脱毛は医療機関で行う脱毛方法なので、麻酔を使用することができます。



別途オプションの費用が必要になりますが、麻酔クリームなど局部麻酔を使用することができるので、痛みを軽減しながら脱毛することが可能です。



それでも痛みを完全に取り除くことは難しいですが、精神的な負担を軽くできるという点では麻酔の使用も選択肢の一つとして考えてみてくださいね。



デメリット3.脱毛費用が高い




美容電気脱毛に関して詳しくない人も、費用が高額だということは知っているのではないでしょうか。



なぜ美容電気脱毛が高額になってしまうのかというと、施術に使われる脱毛機はもちろんですが、技術者の育成にもお金と時間がかかるからです。



日本では熟練の技術者が少なく、永久脱毛を行っているクリニックや皮膚科も少ないのが現実であるため、希少価値という意味でも料金が高く設定されています。



また永久的に毛が生えてこない方法としても唯一無二なので、高額な費用が必要になります。



vラインは狭い範囲に密集して毛が生えているので、永久脱毛にかかる費用は50万円ほどと考えていいでしょう。



しかし毛の本数は人によって大きく違うため、はっきりした金額を知りたい場合は、カウンセリング時に見積もりを出してもらう必要があります。



永久脱毛と比べて安く脱毛できるフラッシュ脱毛が主流となっていますが、脱毛完了まで最低でも2年、時間がかかる人だと5年ほど通っているという人も少なくありません。



そのことを考えると、確実に毛が減っていく永久脱毛は価値が高いと言えますよね。



永久脱毛ほど費用をかけられないという人は、フラッシュ脱毛から医療レーザー脱毛に切り替える人が多いように思います。



今回紹介したように、vラインの永久脱毛には、メリットだけでなくデメリットも存在します。



メリットとデメリットを天秤にかけてみて、自分が納得できる選択肢を選んでくださいね!



また、実際に脱毛を開始した後のトラブルを避けるためには、以下の記事も参考になるかと思います。


⇒vio脱毛の自己処理方法は?デリケートゾーンの事前処理のやり方!

⇒iライン脱毛しても毛が抜けない?効果が出ない4つの原因と対処法は?