こんにちは、SAYAです。



人気の高いvio脱毛ですが、脱毛施術を行っても毛が抜けないと感じる人がいるようです。



なぜ同じvio脱毛をしても結果が出る人と結果が出ない人がいるのでしょうか?



今回は、vio脱毛しても毛が抜けない理由とその対処法を紹介します。



スポンサーリンク




なぜvio脱毛しても毛が抜けないのか?




vio脱毛しても毛が抜けない理由として、3つの原因を考えることができます。



毛が抜けない理由1.照射レベルが不足している




脱毛において特に1回目は効果を感じにくいという特徴があります。



非常にデリケートな部分であるvioラインをはじめて脱毛する際には、極力出力を低くして脱毛施術を行います。



最大レベルで脱毛すると肌トラブルを起こす可能性が高く、脱毛サロンではトラブルを回避するために、特に1回目の施術では照射レベルを抑えて脱毛していくのが一般的なのです。



照射レベルを抑えて施術していくため、毛が抜けるまで毛根部に十分なダメージを与えることができないということで1回目の施術後は毛が抜けにくいという事になるのです。



2回目以降は痛みを感じない程度までレベルを調節しながら脱毛を行っていくことになるので、毛が抜けやすくなります。



毛が抜けない理由2.ダメージを受けていない元気な毛だから




1回も脱毛施術をしていない毛は、全くダメージを受けていない元気な毛です。



元気な毛に1回光を照射し毛根部にダメージを与えたからと言って、毛が抜けるほど強いダメージを与えることはできません。



脱毛サロンで使用されている脱毛機は、医療機関で使用される脱毛機と比べて出力が低いという事が特徴です。



そのため弱い出力により、ダメージを繰り返すことで、毛根部にダメージを与えることができ、毛の成長力を奪うことができるのです。



脱毛施術を行ったことのない元気いっぱいの毛にはじめて光を照射してもダメージが不十分なため、毛が抜け落ちないということになるのです。



通常脱毛してから二週間ほど経過すると毛が自然と抜け落ちますが、vio脱毛1回目の場合は毛が抜けるまでに時間がかかるのでそれ以上かかると思っていた方が良いでしょう。



またダメージ不足により抜けない毛もあるので、vio脱毛の効果が全くないと焦る必要はありません。



毛が抜けない理由3.脱毛方法による違い




脱毛サロンによって導入している脱毛機の種類が違うため、脱毛の仕組みも違います。



例えば、IPL脱毛は黒いメラニンに反応する光を照射して、熱エネルギーに変換して毛根部にダメージを与え脱毛していきます。



⇒IPL脱毛がVIOに効果的な理由は?脱毛完了にかかる回数は?



そのため黒い色素の濃い太い毛ほど、高い脱毛効果を与えることができるのです。



⇒VIOの濃い場合の脱毛にかかる回数・費用とおすすめサロン!



しかしうぶ毛のような細い毛は反応しにくいので、光を集中することができず、脱毛効果が弱くなってしまいます。



一般的にvioラインの毛は太くて濃い毛が生えている人がほとんどなので、IPL脱毛は効果的な脱毛方法と言えるでしょう。



実際、IPL脱毛方式を採用している脱毛サロン『エピレ』では、VIO脱毛に強く、お客さんにも人気があります。



他にもミュゼや脱毛ラボが導入しているS.S.C.脱毛は、抑毛効果のあるジェルと光の相乗効果により脱毛効果を発揮します。



脱毛したい部分に抑毛カプセルを含んだジェルを塗ると毛穴にまでジェルが入り込み、そこで光を照射することで熱エネルギーが発生し、ジェルの中に含まれている抑毛カプセルを弾かせることができるのです。



その抑毛カプセルが毛根部に浸透していき、抑毛効果を発揮するという仕組みです。



S.S.C.脱毛は濃くて太い毛はもちろんですが、うぶ毛のような細い毛にも同じように脱毛効果を発揮するという事がメリットです。



脱毛ラボではこのS.S.C.脱毛を導入しているので脱毛効果を感じられます。体験でも受けることが出来るので、まずはサロンに行ってみて下さい。スタッフさんから詳しい話も聞けますよ。



⇒VIO脱毛体験in脱毛ラボ!剛毛OK!パンツなしで恥ずかしい?



他にもジェルを使用しない冷却ヘッドを採用した脱毛機を使用している脱毛サロンも最近増えてきています。



この方法はまだ歴史が浅くどこまで脱毛効果を発揮するのか未知数です。



このように導入している脱毛機の種類によって得意とするムダ毛の種類が違うので、脱毛したい部位によってサロン選びの基準を変える必要があります。







vio脱毛で抜けない場合はどうすればいい?




1回目のvio脱毛で毛が抜けなかった場合、次回サロンに来店したときに抜けなかったということを伝えて、最大レベルまで照射レベルを上げてもらうように提案してみましょう。



脱毛サロンによってははじめての施術の段階で最大レベルまで上げて照射する場合と、はじめての脱毛では一般的なレベルで光を照射する場合があります。



それは脱毛サロンによって考え方が違うため、社員教育として指導している内容が違います。



1回目からしっかり脱毛効果を実感したい場合は、初回の施術時からレベルを最大限引き上げてもらうことができるように担当するスタッフに相談してみましょう。



徐々にレベルを上げていき、我慢できるところまでギリギリ上げてもらうことができるので、脱毛効果を最大限実感できるところまで調節してもらうことができます。


VIOの毛は太く、しっかりした毛な事が多いのでなかなかすぐには抜けづらいかもしれませんが、続ければ必ず効果は出るので無理に自己処理等しないようにしましょう。Oライン脱毛の工程について解説しましたので、参考にしてみて下さい。



⇒oライン脱毛でおすすめは?毛深く生えてる毛量と自己処理の危険性!



vio脱毛で毛が抜けない場合は、我慢できないレベルまで上げる方がいいの?




照射レベルを上げるほど脱毛効果が高まりますが、我慢できないレベルを我慢した方が良いのか気になりますよね。



脱毛効果が高ければ高いほど早く脱毛を完了することができるので、脱毛にかかる費用も節約することができます。



しかし脱毛施術時の痛みが強いということは、肌に与えるダメージも大きいということです。



我慢できない痛みを無理やり続けるということは、取り返しがつかない肌トラブルを引き起こす可能性があります。



それが、火傷状態です。



そこまでのレベルにいくまで脱毛サロンのスタッフがとめると思いますが、毛穴が炎症したり、肌が赤く火傷するまでの状態になる可能性があるため、脱毛を継続できない状態まで悪化する可能性があります。



やはり極限まで効果を実感したいという気持ちは分かりますが、我慢できる程度のレベルに抑えるということが大切です。



vioラインは他の部位と比べると脱毛効果を実感しやすい部位ですが、1回目の施術に限っては毛が抜けないと感じる人も多いようです。



しかし継続して脱毛していくと、必ず毛が細くなり、毛が生えるスピードも遅くなるので安心して脱毛を継続してくださいね。



また、実際に脱毛を開始した後のトラブルを避けるためには、以下の記事も参考にしてみてください。



⇒vio脱毛の自己処理方法は?デリケートゾーンの事前処理のやり方!