永久脱毛をご紹介!


こんにちは、SAYAです。



『永久脱毛』というキーワードがネット上でもたくさん見かけることができますが、その多くは、実は、『永久ではない』可能性があることをご存知ですか?



今回、一般的にどのような意味でこの言葉が使われているのか、本当の『永久な脱毛』とは何か、について、エステティシャンの私が解説いたします。



スポンサーリンク




一般的に永久脱毛と使われている脱毛方法とは?




過去に間違った認識から光脱毛や医療レーザー脱毛に対して永久脱毛という言葉が使われている時代がありましたが、抑毛効果のある脱毛は永久脱毛とは言いません。



また厳密に言うと、一般的に毛が永久的に生えてこなくなる脱毛方法を永久脱毛と言いますが、実は、医学的には永久脱毛という言葉はありません。



正しくは「不再生脱毛」、もしくは「永久減毛」と言われています。



米国電気脱毛協会では、永久脱毛の定義をこのように表しています。



「脱毛終了1ヶ月後の時点で毛の再生率が20%以下の場合」です。



また現在では、最終の処理から6か月経っても毛の再生がなかった場合に永久脱毛だという解釈をされていることが一般的です。



このような定義になっているので、本来の永久的に毛が生えてこないという意味ではないのです。



しかし最近では永久脱毛という言葉も永久的に毛が生えてこないという意味で使用される場合もあり、永久脱毛という言葉が一般的に浸透してきました。



いろいろな脱毛方法がある中で、唯一永久的に毛を脱毛できる方法は美容電気脱毛です。



美容電気脱毛以外の光脱毛や医療レーザー脱毛は、毛が再生する可能性があるので、永久脱毛とは言いません。



よくインターネットで医療レーザー脱毛は永久脱毛です、と説明されているサイトがありますが、それは間違いです。



毛が一時的に生えなくなったとしても、光脱毛や医療レーザー脱毛は再び生えてくる可能性が少なからずあるので、永久的に毛が生えてこなくなるということはありません。



なぜ光脱毛や医療レーザー脱毛は毛が再生する可能性があるのかというと、毛を作り出す毛乳頭は残っているからです。



光脱毛や医療レーザー脱毛では、毛乳頭まで破壊することができず、機能を低下させて毛を生えにくくすることしかできません。



そのため毛乳頭が機能を回復すれば、毛が再生する可能性があるということなのです。



永久的に毛が生えなくなる美容電気脱毛とは?




ニードルを使った美容電気針脱毛


なぜニードルを使った美容電気針脱毛が唯一の永久脱毛と言われているかというと、毛の再生を担っている毛乳頭を破壊できるからです。



毛は毛乳頭の毛母細胞がある限り、抜け落ちても再生し、再び成長します。



しかし美容電気脱毛は毛穴に針のような細い器具を挿入して、微弱な電気を流すことで毛乳頭を破壊し、毛の再生を停止させることができます。



そのため施術を行った毛穴からは二度と毛が生えてこなくなるという訳です。



美容電気脱毛で毛乳頭を破壊できるのは、成長期の毛のみです。この点は光脱毛や医療レーザー脱毛と同じですが、美容電気脱毛は毛を伸ばした状態でないと施術を行うことができません。



その理由は、針のような器具を毛穴に挿入するときに毛の生えている向きにそって入れていく必要があるからです。



また微弱の電気を流すと、すぐに毛が抜けるので、その時点でピンセットを使って毛を引き抜いて処理していきます。



毛の向きとは違う方向に器具を挿入してしまうと激痛を起こしますし、毛根部まで針を挿入していくことができないため、施術時は毛を伸ばしておく必要があるのです。



毛乳頭まで器具を挿入して、電気を流すことで、毛の再生を担っている毛乳頭を破壊することができます。



このように確実に毛乳頭を破壊できる手段が、永久脱毛と言われている美容電気脱毛なのです。



美容電気脱毛のメリットとは?




美容電気針脱毛のメリットとは、ずばり完全に毛が生えてこなくなるということです。



光脱毛や医療レーザー脱毛は何百本ものムダ毛を一気に脱毛できますが、美容電気脱毛は1本ずつ丁寧に脱毛していき、毛乳頭を破壊していくので、確実に毛を生やさなくすることができます。



1回脱毛した毛は二度と生えてこなくなるので、何度も脱毛施術を行わないといけないということがなく、効率よく毛をなくしていくことができるのです。



また地黒の人や肌が日焼けしている人、メラニン色素のない白髪でも、確実に永久脱毛できるので、光脱毛や医療レーザー脱毛できない人も対応します。



どんな肌質や毛の状態であっても確実に毛乳頭を破壊し、脱毛できるという点もメリットの一つです。







美容電気針脱毛のデメリットとは?




美容電気脱毛のデメリットは、「痛み」と「高額な費用」です。



美容電気脱毛は毛穴に細い針のような器具を挿入して電気を流すので、部位によっては強烈な痛みを感じる可能性があります。



体調にも左右されますし、施術者の腕にも左右されるポイントです。



いつもは美容電気針脱毛で痛みを感じない人でも肌が乾燥していたり、寝不足、体調が悪いときは、強い痛みを感じます。



そして二つ目のデメリットは、脱毛にかかる費用です。



医療機関によって違いますが、1本に対して脱毛料金が決まっている機関と脱毛にかかる時間で料金を算出する機関があります。



そのため毛の量が多い部位を脱毛する場合は、高額な費用が必要になります。



以前と比べると美容電気脱毛の料金は安くなっていますが、それでも高額なことに変わりはありません。



クリニックや皮膚科によって料金設定は違いますが、美容電気脱毛で1本の毛を脱毛するのにかかる料金は600円ほどです。



一般的な女性で、片方のワキに800本以上毛が生えているので、そこから計算すると、片方のワキの美容電気針脱毛にかかる費用はおよそ480,000円以上、両ワキで960,000円以上ということになります。



毛の本数には個人差があるので、これよりも費用がかかる可能性もありますし、これよりも少ない費用で脱毛できる可能性もあります。



ワキは狭い範囲にたくさんの毛が生えている部位ですが、より広い範囲を脱毛する場合、この何倍もの費用がかかるということになります。



光脱毛や医療レーザー脱毛など安い費用で気軽に脱毛できる方法があるということを考えると、美容電気脱毛の高額な費用はデメリットと判断しました。



しかし数本のヒゲを脱毛したいという人や、ホクロに生えた毛のみを脱毛したいという人にとっては、そこまで高額な費用にならないのでおすすめです。



実際にかかる費用はカウンセリングで見積もりを出してもらうことができるので、気軽にカウンセリングを受けてみましょう。



永久脱毛である美容電気脱毛はどこでできる?




確実に毛をなくすことができる美容電気脱毛は医療行為となっているので、脱毛サロンでは行うことができません。



美容外科クリニックや皮膚科など医療機関を利用することになります。



医療機関ということで、適切な処置をしてもらうことができますし、薬の処方、脱毛後の診察も安心して任せることができます。



美容電気脱毛を行うときに気を付けるポイントとは?




施術者によって痛みや時間が違う?!


美容電気脱毛を行うときに気を付ける点は、施術者によって痛みや脱毛にかかる時間、費用に違いがあるということです。



経験を積んで熟練した施術者による美容電気脱毛だと、痛みも少なく、早い時間で脱毛を完了することができます。



しかし経験の浅いスタッフによる施術だと、痛みが強く、時間もかなりかかってしまう可能性が高くなります。



また美容電気脱毛は成長期の毛のみに対応しているので、退行期の毛に施術しても脱毛できないという点から、経験の浅い施術者だと適切に処置できない可能性があります。



このように施術者の経験と技術レベルによって大きく左右される脱毛方法が、美容電気脱毛なのです。



美容電気脱毛を行うときに気を付けるポイントは、腕の良い施術者を見つけることが最も大切だということになります。



知り合いに美容電気脱毛を行っている人がいるのであれば紹介してもらうということが一番良いですが、まわりにいない場合は口コミを利用するしかないでしょう。



口コミで痛みが少なく、腕の良いという評判が上がっている医療機関であれば、安心して利用できるのではないでしょうか。



またカウンセリングの時点で不安に思っている事や疑問などを投げかけて、経験の中から回答してくれる人は経験が深いと言えるでしょうし、納得のいかない回答や曖昧な答えが返ってくるようであれば経験が浅い可能性があります。



それまで何人の脱毛を経験し、回数を積んできたのかということが大きく技術を左右します。



腕の良い施術者を見つけて、満足のいく美容電気針脱毛を行ってくださいね!



今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!



スポンサーリンク




おすすめの関連記事



⇒永久脱毛石鹸は脱毛効果あるの?本当に永久なの?



⇒永久脱毛はセルフでできる?効果的な自己処理方法と注意点!




おすすめの関連動画