医療レーザー脱毛でも抜けない毛がある?!


こんにちは、SAYAです。



効果が高いとされる医療レーザー施術を受けたのに、なぜか抜けない毛があると気付き、不安を感じる場合がありますね。



利用している医療期間が悪いのか、自分には合わないマシンだったのか、原因と対策を知りたいところです。



そこで今回、「医療レーザーの施術を行っても抜けない毛」の原因と対処法ついて解説していきます。



スポンサーリンク




医療レーザー脱毛を行っても抜けなかった毛の原因とは?


毛が抜けない4つの原因


医療レーザーを行うと、普通は2週間ほどで自然と毛が抜け落ちるはずですが、抜けない毛がある場合はなぜでしょうか?



医療レーザーで抜けない毛の原因1.成長期の毛ではなく退行期の毛である




医療レーザーは毛根がつながっている成長期の毛に対してのみ、ダメージを与えることができます。



体毛というのは成長期、退行期、休止期というサイクルを繰り返し、常に健康な毛を維持しています。



成長期は今まさに生えている毛のことで、毛乳頭から栄養をもらってイキイキと育っている毛のことを差します。



退行期の毛は、その成長が終わり毛乳頭から既に離れている状態で、後は抜けるのを待つだけの毛です。



休止期とはお休みの期間に入った毛根の事を言い、この状態の毛穴は空っぽで毛乳頭から新しい毛が作られるまでお休みをしている状態です。



医療レーザー脱毛とは、毛根がつながっている成長期の毛に対してのみダメージを与えることができるので、同じ毛が生えているように見えている退行期の毛に対してはダメージを与えることができないという訳なのです。



見た目には全く違いが分からないので、医療レーザーをしたにも関わらず、なぜか抜けないという状態になってしまいます。



退行期の毛に関しては、そのまま時間が経過すれば自然と毛が抜け落ちます。



しかし、レーザーのダメージによって抜け落ちたのではなく、毛周期のサイクルによって抜け落ちただけなのです。



退行期の毛はレーザー処置をしてから2週間経っても抜けないので、おかしいな?と思うかもしれませんが、その毛は既に毛根から離れてしまっている毛であるため、毛根にダメージを与えることは出来ないという事になります。



医療レーザーで抜けない毛の原因2.出力が低い




毛根部に対して十分なダメージを与えることが出来なかった場合は、毛が毛根から離れずにそのままの状態をキープしているので、2週間経っても毛が抜け落ちることがないのです。



特に医療レーザー1回目の施術は、出力を抑えているので、効果を実感できない可能性が高いです。



出力を抑えている理由は、デリケートな肌の場合は特に、肌がどれだけのエネルギーに耐えることができるのかという確認のためでもあります。



1回目の施術で肌トラブルを起こすことなく、安全に処理できた場合は、次回からレベルを上げて施術する医療機関が多いのです。



この場合の対処法としては、次回クリニックに来院したときに抜けなかった毛の事を伝えて、レーザーの出力を上げてもらいましょう。



1回目の照射で効果を実感できない場合は、次回照射レベルをギリギリまで上げてもらうことができます。



十分なレベルで照射しなければ、医療レーザーの意味がありませんよね。



レーザー照射の出力レベルが強すぎると、その分痛みが強くなりますし、火傷などの可能性があるので、無理をして高いレベルで照射する必要はありません。



しかし、レベルが弱すぎると毛根部に十分なダメージを与えることができず効率悪いので、ギリギリまで出力のレベルを上げてもらう必要があります。



クリニックによって異なりますが、毎回脱毛前には効果が出ているか、手入れ部分の状態の変化を看護師さんか医師が確認してくれます。



ほとんどの場合、施術をするのは看護師さんですが、その前段階の診察では医師の方がきちんと確認してくれるクリニックが多いです。



医療レーザーは出力が強い分、1回1回の施術のダメージが完了までの回数や費用に大きく影響を与えます。



そのため照射のレベルが弱いのかなと感じたときは、遠慮せずに利用しているクリニックに尋ねてみましょう。







医療レーザー脱毛で抜けない毛の原因3.照射漏れの可能性




医療機関とはいえ、人の行為なので、照射できていない部分が発生する可能性があります。



照射漏れがないようにクリニックでは気を付けて施術を行っていますが、脱毛後に抜けない毛がある場合は照射漏れを疑ってみましょう。



照射漏れがあった場合の対処法としては、利用しているクリニックで照射漏れの部分を再照射してもらうという方法があります。



クリニックによっては決まった期間内に照射漏れと判断されれば、毛が抜けなかった部分にもう一度照射してもらうことができます。



照射漏れに対する対処法はクリニックによって変わるので、カウンセリング時に確認しておきましょう。



それぞれのクリニックによってその条件は異なりますが、例として挙げると湘南美容外科クリニックでは2週間以内の申し出でによって、照射漏れの部分に再照射をお願いすることができます。



しかしそれには照射漏れかどうかの判定を受けなければいけません。



そこで照射漏れと判断されなければ、再照射をしてもらうことができないのです。



照射漏れと思っていても、今回紹介した他の原因によるものかもしれません。



基本的にクリニックでは看護師さんが施術してくれるので、医療のプロということで照射漏れも起こりにくいとされています。



照射漏れの判定でわざわざクリニックまで行ったのに、照射漏れではなかったという判断をされて、そのまま帰ったという人も多いようです。




しかしそこで照射漏れと判定されれば、再照射してもらうことができるのでチャレンジしてみるのもいいでしょう。



モヤモヤが残るよりも一か八かの判定を受けて、はっきりと照射漏れかどうかの判断を出してもらった方が、それ以降の脱毛にも影響を与えるので、抜けない毛があった場合は照射漏れを疑うのも一つの選択だと言えますよね。



⇒湘南美容外科の口コミ評判まとめ!vio脱毛の料金や効果の実際は?



医療レーザー脱毛で抜けない毛の原因4.毛抜きの使用や肌の黒ずみがひどい




毛抜きを使用してムダ毛を処理している場合、毛周期が乱れてしまうため、決まったサイクル通りに手入れしても効果を与えることができない可能性があります。



毛抜きを使用して毛根から無理やり毛を引き抜いてしまうと、成長期を途中で無理やり中断させてしまうことになり、毛周期に合わせて生えている毛は混乱してしまいます。



そうなると成長期→退行期→休止期のサイクルで繰り返しているにも関わらず、毛周期が乱れてしまうと成長期の周期が長くなるなどバランスが乱れてしまうのです。



また色素沈着がひどく肌が黒ずんでいると、レーザーを照射しても毛ではなく黒ずんだ皮膚の方に反応してしまい、十分な出力でレーザーを照射しても毛にパワーを集中させることができなくなります。



そのためレーザーが毛だけでなく、お肌にまで散乱してしまい、毛根に対してダメージを与えることができなくなってしまうのです。



このように毛抜きを使ってのムダ毛処理やお肌の黒ずみなど、自分のお肌が原因で効果を発揮していない可能性があります。



この場合の対処法としては、ムダ毛処理に毛抜きを使用しない、色素沈着がひどく黒ずんでいるお肌の美白ケアを行う事が必要になります。



このようにいろいろな原因によって、医療レーザーでも毛が抜けないという事が起こります。



少しでも不安に感じた場合は、クリニックに相談して疑問を解消しましょう!



スポンサーリンク