鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションの成分について!イメージ (引用画像;http://s-herb.com/pine_lotion/)



こんにちは、SAYAです。



今回は、パイナップル豆乳ローションの脱毛効果や美肌効果を確かめるために、どのようなもので作られているのか、その成分について調べてみたいと思います。



ムダ毛処理のあとに使用すると美肌になる効果がある、ということなのですが、実際にどのようなもので作られているのでしょうか?



早速、詳しくみていきましょう!



スポンサーリンク





鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションの成分について!




まずは大きく分けて3つの成分から成り立っています。



イソフラボン




イソフラボンには身体を女性らしくする働きがあるとされていて、女性ホルモンの1つ『エストロゲン』と同じような効果があるとされています。他にも、女性の更年期障害を和らげたり、骨を強くする働きがあります。



イソフラボンの中でも、ダイズエキスとアイリス由来のエキスを組み合わせることで、美肌効果の実感レベルを最高に高めることができることが判明。



マンダリンオレンジ果皮エキス




肌表面の層を均一に整え、肌に透明感を出すことができるとされています。



パイナップルエキス




ムダ毛のタンパク質を溶解し、抑毛作用が期待できるとされています。



また、酸化を抑えてくれるビタミンCや、代謝を促進させる今話題の酵素もたっぷりはいっていて、それらの成分が含まれたパイナップルエキスを肌に塗ることは、抑毛効果が見込めるだけでなく、肌の老化を防ぎ、美肌を活性化させるを高める効果も期待できる訳です。



さて、上記の成分概要を踏まえたうえで、改めてパイナップル豆乳ローションのHPをみていきます。



抑毛効果がある、ということはストレートに書かれていませんが、このような記述がありますね。



「女性ホルモンに抑毛効果がある。」



イソフラボンには女性ホルモンと同じような働きがあるため、イソフラボンを最高の組み合わせで配合することで男性ホルモンより女性ホルモンを優位に立たせて抑毛することができるということを意味していると思われます。



でも肌の表面に塗ったからと言って直接ムダ毛に働くわけではないのでは?と感じるのが正直な私の意見。



そのため直接ムダ毛を抑毛できる、と言い切っていないわけですね。



しかし、イソフラボンやマンダリンオレンジ果皮エキスが配合されているだけあって美肌には効くのだと思います。



パイナップル豆乳ローションを塗るだけで生えているムダ毛を減らしていくというのは不可能ですが、



「ムダ毛処理をしている肌のトリートメントとしてパイナップル豆乳ローションを塗り美肌を目指す」



という使用方法が一番合っているのではないでしょうか?







ホームページの口コミの欄を見て感じる事・・・




「ムダ毛のお手入れがとても楽になりました。」



という感想を見てどう思うか。



ムダ毛で悩んでいて藁をもすがる思いでこのパイナップル豆乳ローションを見たときに「ムダ毛のお手入れが楽になる」という口コミを見て、勝手にムダ毛が薄くなると勝手に解釈しないかどうか心配です。



ちなみに、パイナップル豆乳ローションの脱毛効果については、こちらの記事でまとめています。



パイナップル豆乳ローションの脱毛効果は?



ムダ毛で悩んでいるときは少しでもムダ毛に効くものを見つけたいという思いが強くなってしまうので、勝手に自分にいいように解釈してしまいがちになりますよね。



ムダ毛処理をした肌のケアとしてパイナップル豆乳ローションを使うことで、肌質が整ってムダ毛処理をしやすい肌を作ることができた、と解釈した方がよさそうです。



同じ鈴木ハーブ研究所の製品で『パイナップル豆乳ソープ(石鹸)』がありますね。こちらについても、直接的な脱毛効果がある、というよりは、ムダ毛処理しやすい肌をつくる感じです。



ただ、意識せずに市販の安売りされている石鹸をつかうよりは、自身の美意識向上含め、おすすめできますね。



パイナップル豆乳ソープ(石鹸)の脱毛効果は?口コミまとめ!



最後に、より安全・確実、かつコスパ高く脱毛できるのが大手脱毛サロンです。



なぜなら、肌への負担が少なくムダ毛の悩みを根本的に解消する上に、ミュゼなどの格安サロンなら月数百円から通い続けることができるからです。



脱毛サロンランキングでおすすめのサロンを合わせてチェックして行きましょう。




プロが厳選した脱毛サロンランキング2017!

人気おすすめの脱毛サロンをコスパ&部位別比較と口コミで!