vioラインの医療レーザー脱毛 どのくらい痛いの?


こんにちは、SAYAです。



医療レーザー脱毛の痛みは、脱毛する部位によって全く違います。



その中でも特に痛いと言われているvioラインは、実際にどのくらいの痛みなのでしょうか?



今回は、vioラインの医療レーザー脱毛の痛みの度合いと、その痛みを軽減する麻酔について解説していきます。



⇒医療レーザー脱毛後の炎症で色素沈着する理由と対処法まとめ!



スポンサーリンク




なぜvioラインの医療レーザー脱毛は痛みが強いの?




全身の中でも特にvioライン脱毛の痛みは強いと言われる理由は、「皮膚の黒ずみ」と「皮膚の薄さ」にあります。



vioラインのお肌は、皮膚が薄く非常にデリケートな部分であるため、医療レーザー脱毛の施術時の痛みが強くなるのです。



さらにiラインの皮膚に関しては、通常の皮膚とは違い性器の粘膜に非常に近い部分となっているので、強い痛みを感じるのは仕方のないことなのです。



iラインは黒ずんでいる人が多く、毛だけでなく肌の黒ずみである色素にまでレーザーが反応してしまうため、強い痛みを感じることになります。



一部分が痛いというよりもiラインに関しては、皮膚の奥が痛いと感じる人が多いようです。



vioラインを医療レーザー脱毛した人の感想は?




実際にvioラインを医療レーザー脱毛した人の感想を口コミから抜粋してみました。


「vラインの痛みは、奥深くまで長い針をスッと刺されるみたいなイメージです。iラインの脱毛は恥ずかしいと思っている余裕は全くなく、悶絶しながらひたすら終わるのを待つ感じです。」



「一番痛く感じたのはIOです。粘膜に近いところは特に敏感でした。脱毛自体は短時間で終わったので、私は耐えられない痛みではありませんでした。」



はじめて脱毛するときはとても痛かったですが、回数を重ねるごとに痛みに慣れました。



このようにほとんどの女性はioラインの痛みが強いと感じていますが、中には想像していたよりも痛みを感じなかったという人も多いですね。



VIOの医療レーザー脱毛は痛いという口コミが広まっているので、その予想に反して痛くなかったと拍子抜けする人も多いようです。



vioラインの医療レーザー脱毛の痛みは麻酔で軽減できる?




医療機関である美容クリニックでは麻酔を使用して、医療レーザー脱毛を行う事ができます。



いろいろな種類の麻酔で痛みを軽減することができますが、どの方法が効果的に痛みを緩和できるのでしょうか?



痛みを軽減する方法1.麻酔クリーム




医療機関では脱毛の痛みを軽減する手段として、麻酔クリームを選ぶことができます。



結論から言うと、麻酔クリームは皮膚の表面を麻酔で麻痺させるだけなので、レーザーで毛根部までダメージを与える医療レーザー脱毛の痛みの緩和には効果が薄いです。



医療レーザー脱毛の痛みを麻酔で軽減するためには、皮膚の深さのどこまで麻痺させることができるのかという事がポイントになります。



vioラインの毛根の深さは、約3.5mm程度です。麻酔クリームがこの深さまで届くのか、というと不可能でしょう。



表面を麻痺させる麻酔クリームの効果が届くのは、皮膚の表面から0.1mm〜0.3mm程度の深さまでです。



そのため医療レーザー脱毛の痛みは、麻酔クリームではカバーしきれないという事が分かります。



痛みを軽減する方法2.笑気麻酔




皮膚の表面を麻痺させる麻酔クリームよりも、笑気麻酔の方が医療レーザー脱毛の痛みを軽減できると考えられます。



なぜなら笑気麻酔は部分的に麻痺させるわけではなく、笑気ガスを吸う事で頭がボーっとなり、痛みを感じにくく、恐怖心をなくすことができるからです。



笑気麻酔についてはじめて聞いた人は少しこわく感じるかもしれませんが、完全に全身を麻痺させるわけではありません。



歯科医院で子供の歯科治療に使用されるなど、身体に害はありませんし、笑気ガスの吸引をやめて時間が経てば元に戻ります。



笑気ガスについては濃度が薄いですが、ある程度の痛みはカバーすることができるでしょう。







番外編:市販の麻酔クリームを使用する




麻酔クリームを使ってみましょう!


美容クリニックで提供されている麻酔以外にも番外編として、自分で麻酔クリームを購入して使用するという方法があります。



自分で麻酔クリームを購入して、脱毛前に塗っておくのです。



クリニックの麻酔は脱毛料金とは別に費用がかかってしまうので、自分で麻酔クリームを入手すれば格安で済ませることが出来るというわけです。



医療レーザー脱毛の経験者の中にはこの方法で痛みを軽減した人もいますが、この方法はあまりおすすめできません。



なぜかと言うと、市販の麻酔クリームにはたくさんの脂分が含まれていて、医療レーザー脱毛を行ったときにその脂分に反応してしまい火傷をする可能性があるからです。



ネットにはこのような方法も記載されていることがありますが、安いからといって飛びつくのは危険です。



市販の麻酔クリームは保証がないため、手を出すのはやめておきましょう。



インターネットの口コミサイトを見ると「痛かった」という意見ばかりに目がいきがちですが、痛みの感じ方は人それぞれです。



脱毛の麻酔に関しては、保険適用外であるため、1回2000から3000円と結構高めな設定になっています。



そのため毎回麻酔を利用していると、かなりの負担になってしまう可能性があります。



私のおすすめとしては、1回目は麻酔を使わずに医療レーザー脱毛に挑戦してみるということです。



1回目の脱毛でどうしても我慢できない、という場合は、2回目の施術から麻酔の利用をおすすめします。



もしも我慢できる程度の痛みであれば、毎回2000円ほどの金額を支払わなくて済むということになります。



医療レーザー脱毛は痛いという思い込みからカウンセリングでも麻酔の利用を推奨する美容クリニックも多いですが、麻酔なしでvioラインを医療レーザー脱毛している女性はたくさんいます。



実際に医療レーザー脱毛を行う場になると、いろいろな緊張が混ざって、意外と痛みにも我慢できるものです。



中には「体験してみると意外と痛くなかった」と拍子抜けする人も多いので、カウンセリングなどで一度医療レーザー脱毛を体験してみると良いですよ。



痛みを軽減するために看護師さんが行う対処方法とは?




看護師さんが行う痛みの対処方法とは?


vioラインの医療レーザー脱毛に関しては、施術時の痛みが強いということは施術を担当する看護師さんも理解しています。



ですので、いろいろな対策を行ってくれているようです。



まず一つ目は、風を最強で当てて、痛みを感じにくくしてくれます。



患部が冷やされることで痛みを感じにくくすることができます。



二つ目は、1ショットずつ間隔をおいて照射していく、ということです。



連続してレーザーを照射すると、その分痛みを感じる時間が長くなってしまうので、単発でレーザーを照射することで痛みを軽減することができます。



このように施術を担当する看護師さんも痛みを軽減できるように、いろいろな対策を行ってくれています。



どうしても医療レーザー脱毛の痛みに不安があり、vioラインの脱毛を決断できないという人は、コース契約するよりも単発で体験してみるのがおすすめです。



医療レーザー脱毛は痛みが強いですが、シミや毛孔性苔癬が改善されるという嬉しい効果もあります。



⇒毛孔性苔癬でも医療レーザー脱毛できる!効果が得られる回数は?

⇒レーザー脱毛でシミが薄くなる理由!濃くなるケースとは?



あとは、レーザーよりも痛みが少ないといわれている光脱毛も検討していくのも有りですね。



⇒医療レーザー脱毛のメリットとデメリットは?光脱毛と料金比較!



また、こちらの記事では医療レーザー脱毛の途中で妊娠した時の事についてまとめています。申し込む前にチェックしてみてください。



⇒妊娠したらレーザーで医療脱毛できないの?再開の基準とは?



今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!



スポンサーリンク




おすすめの関連記事



⇒医療レーザー脱毛しても抜けない3つの原因とその対処法!




おすすめの関連動画