うなじのレーザー脱毛


こんにちは、SAYAです。



髪の毛をアップにする機会の多い人や、ショートカットの人は、うなじの毛が気になってしまいますよね。



うなじは自分で見ることができないので、自己処理するのは危険ですし、残り毛が綺麗になっていないとせっかくのヘアスタイルも台無し・・・



うなじの毛をしっかり脱毛して、後ろ美人になりましょう!



今回は、うなじを医療レーザー脱毛したときにかかる回数と人気のうなじの形についてご紹介していきます。



スポンサーリンク




毛深いうなじにも医療レーザー脱毛できる?




うなじの毛が髪の毛ほど剛毛だと、髪の毛の延長、遅れ毛として考えられるため、脱毛サロンでも、クリニックでも脱毛を断られてしまいます。



髪の毛の遅れ毛も脱毛して綺麗な形に整えたい、という女心は叶えられない可能性がありますね。



しかし髪の毛ではなく、ただ太く濃いうなじの毛に関してはしっかり脱毛してくれます。



医療レーザー脱毛は黒いメラニンに反応するレーザーを照射して脱毛していくため、薄い毛よりも濃い毛の方が早く脱毛効果を実感することができます。



そのためうなじの毛も薄いよりも濃い方が、早い段階で脱毛効果を実感できるでしょう。



どうしても心配な人は、カウンセリングを受けてみて脱毛可能か確認してみましょう。



⇒医療レーザー脱毛は体験OK!大手クリニックの脱毛器の違いは?



医療レーザー脱毛をするとうなじが剛毛になる?




レーザーを照射すると徐々に毛が薄くなるはずの医療レーザー脱毛ですが、中にはうなじの毛が剛毛になったという人もいます。



これは硬毛化(こうもうか)と言われる現象で、すべての人に起こるわけではありません。



硬毛化の原因についてははっきりとわかっていませんが、何らかの刺激によって毛が太くなってしまうという現象です。



注意するポイントとしては、医療レーザー脱毛よりもパワーの弱いフラッシュ脱毛の方が硬毛化になる可能性が高いということです。



脱毛サロンのフラッシュ脱毛はクリニックに比べて弱い脱毛器を使って何度も繰り返し施術していくことで脱毛していくので、硬毛化になりやすいという事なのです。



そう考えると、うなじのような産毛の脱毛は、医療レーザー脱毛で短期間のうちに終わらせてしまう方が向いていますね。



万が一医療レーザー脱毛によって硬毛化してしまっても、回数を重ねるごとにうなじの毛は細くなっていくので、安心してくださいね。



医療レーザー脱毛で脱毛できるうなじの範囲は?




髪の毛とうなじの毛の境目のラインから首の付け根の範囲まで、左右は耳の下のラインまでがうなじの脱毛可能な範囲となります。



うなじの脱毛をするときに忘れがちな背中のムダ毛・・・意外と後ろから見ると目立ちます。



うなじの産毛が綺麗になると、背中のムダ毛との境目が目立ちます。



洋服の中から背中の剛毛が見えないためにも、背中上だけでも脱毛しておくのがいいですよ。



うなじの医療レーザー脱毛にかかる回数は?




一般的には6回ぐらい!


医療レーザー脱毛は強いレーザーを照射して熱エネルギーに変換して脱毛していくので、非常に高い脱毛効果を発揮します。



一般的に医療レーザー脱毛で脱毛完了までにかかる回数は、6回ほどだということです。



基本的にうなじのように産毛の脱毛は回数がかかるので、何年も通わなければいけないのですが、医療レーザー脱毛だと2ヶ月に1回のペースで通うと1年で脱毛が終わります。



1年だと頑張って脱毛に通おう!という気持ちにもなりますよね。



うなじの医療レーザー脱毛の痛みはどのくらい?




医療レーザー脱毛でうなじ脱毛した人の口コミを集めてみました!






医療レーザー脱毛は痛いという情報が出回っているので、脱毛前にある程度覚悟を決めている人が多いようですね。



また他の部位の医療レーザー脱毛を経験している人、医療レーザー脱毛未経験の人でも、痛みに対するとらえ方が異なるようです。



いずれにしても「医療レーザー脱毛=すごく痛い」という事を頭に入れておくと、「それほど痛くなかった」と感じるかもしれませんね。



うなじは顔に近い場所であるため、はじめて医療レーザー脱毛を行った方は衝撃を受けるケースが多いようですね。



さらに追い討ちをかけるごとく、レーザーを照射して毛を焼いているので、照射してすぐに毛が燃える焦げ臭いニオイがします。



これは仕方のないことですが、はじめての方は驚くことが多いようです。



うなじ脱毛の痛みに関しては、回数を重ねることで痛みに慣れます。



最近の脱毛器には冷却機能が内蔵されているので、その点でも脱毛の痛みを抑えることができるということのようです。



うなじ脱毛の衝撃が気になる方は、脱毛エステにおけるうなじ脱毛についても、参考までチェックしていくといいかもしれません。



以下の記事では、大手脱毛サロン・ミュゼでのうなじ脱毛についてまとめていますので、ご覧下さい。



⇒ミュゼのうなじ脱毛について!毛が濃いと脱毛できないの?



また、医療レーザーのメリット・デメリットや、脱毛エステの光脱毛との料金の違いなどは、以下の記事でまとめております。



⇒医療レーザー脱毛のメリットとデメリットは?光脱毛と料金比較!




医療レーザー脱毛前のうなじの自己処理、シェービングはどうする?




美容クリニックで医療レーザー脱毛を行う前には、自分でシェービングする必要があります。



しかし自分の手が届く範囲なら問題ないですが、うなじのように直接見えない部分の毛を自己処理するのは難しく、皮膚を傷つける可能性もありますよね。



クリニックでは剃り残しのシェービングを無料でお手伝いしてくれるところもありますし、有料でシェービングしてくれるところもあります。



うなじ脱毛の場合は、おおまかに自己処理をしておいて、髪の毛の生え際など細かい部分に関してはクリニックの看護師さんに任せるのがいいでしょう。



看護師さんにシェービングしてもらえば、うなじの形についても相談しやすいので、自分に似合う形に脱毛することができます。



クリニックのシェービング代に関してですが、例として、湘南美容外科クリニックは1部位500円でシェービングしてもらうことができます。



自分が利用するクリニックでシェービング代が必要になるのか、いくらかかるのか、カウンセリングのときに質問しておくと安心ですよ。







医療レーザー脱毛で自然なうなじに仕上げる方法は?




スタッフと相談してお任せしましょう!


うなじは脱毛の仕方によっては、とても不自然になってしまうので、注意が必要です。



脱毛する際に希望の形などを聞かれるので、その場で考えるのではなく、ある程度脱毛する形を事前に決めておくのがおすすめです。



美容クリニックによっては髪の毛の生え際と脱毛するうなじを自然につなげるようにお任せで脱毛することもできますし、希望を提示して脱毛することも可能です。



美容クリニックでは何例もうなじの脱毛を行っているので、一応脱毛の仕方を確認して任せてしまう方が自然にうなじを脱毛することができるでしょう。



もし「このようなうなじにしたい!」という強い希望がある場合は、クリニックの担当者に伝えてみることをおすすめしますが、一番大切なことは第三者から見てきれいなうなじであるかどうか、だと思います。



そのことを考えると、やはりクリニックのスタッフと話し合って決めるのがいいでしょう。



うなじの医療レーザー脱毛で人気の形は?




うなじの形は、山形や横に真っ直ぐ、谷型、キバ型(ドラキュラのキバのような型)があります。



好みや希望はあると思いますが、元々のうなじを活かした形に脱毛すると自然できれいな形に仕上がります。



元々のうなじの形を無視して、無理に脱毛で形を作ってしまうと、仕上がりに違和感が残ります。



頭の形や首の太さ、長さを考慮しても、自然に仕上がるのは元の形を活かしたうなじだと言えるでしょう。



うなじを医療レーザー脱毛するときの注意点は?




うなじの毛が濃い場合、医療レーザー脱毛後に赤みが出やすく、それに伴って痒みが生じる場合があります。



医療機関であるクリニックでは、脱毛後に炎症を起こしたときに備えて炎症を抑える軟膏をもらいます。



万が一赤みが出た場合は、処方してもらった炎症を抑える軟膏を塗り、それでも赤みや痒みが引かないという場合は患部を冷やしてみましょう。



美人のうなじは最強、後ろ美人を手に入れるために医療レーザー脱毛で綺麗なうなじを手に入れてくださいね!



また、こちらの記事では医療レーザー脱毛の途中で妊娠した時の事についてまとめています。申し込む前にチェックしてみてください。



⇒妊娠したらレーザーで医療脱毛できないの?再開の基準とは?



今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



スポンサーリンク




おすすめの関連記事



⇒医療レーザー脱毛2回目の効果は?クリニック選びはどこで判断?



⇒レーザー脱毛でシミが薄くなる理由!濃くなるケースとは?



⇒毛孔性苔癬でも医療レーザー脱毛できる!効果が得られる回数は?