こんにちは、SAYAです。



医療レーザー脱毛は強いエネルギーで脱毛していくため、早い段階で脱毛効果を発揮します。



しかし強いエネルギーだからこそ、お肌の炎症を気にする方が多くいます。



肌が炎症して色素沈着を起こすなら、美しい肌を手に入れたくて脱毛しているのに、本末転倒になってしまいますよね。



今回は、医療レーザー脱毛後の炎症が起きる原因と対処法について詳しく解説していきます。



スポンサーリンク




医療レーザー脱毛後、お肌が炎症するのはなぜ?




医療レーザー脱毛をした後、ほとんどの人が軽いヒリヒリ感と赤みが生じます。



それはなぜかと言うと、毛穴のまわりの皮膚が炎症を起こしているからです。



医療レーザー脱毛は効果的にムダ毛の毛根や毛根周囲の毛包へダメージを与えるために、強い出力のレーザー脱毛器を使用しています。



そのため副作用として皮膚の炎症を引き起こしてしまうのです。



医療レーザー脱毛で炎症しやすい部分は?




医療レーザー脱毛によって特に炎症を起こしやすいのは、太く濃い毛が密集している部分です。 



例えば、男性のヒゲのような部分はレーザーが強く反応します。



そのためレーザーを照射した範囲が全体的に炎症したり、部分的に炎症する場合があります。



反応が強く表れた場合は、軽く腫れることもあるようです。



赤みは1週間ほどで落ち着き、毛が細くなるにつれて炎症の度合いも軽くなっていきます。



医療レーザー脱毛後の炎症で色素沈着する可能性はある?




元々医療レーザー脱毛は、アザの治療法として開発されたものを応用しています。



アザの治療法を開発をしていく中で、アザが薄くなるのと同時に毛が生えなくなったことから、脱毛に特化した医療レーザー脱毛器を開発したのです。



美容皮膚治療を行う中でも、炎症後に色素沈着を起こすという例はすべてではありませんが可能性としてはあるようです。



しかし医療機関でのレーザー脱毛は、カウンセリングの時点で医師による診察が行われますし、脱毛当日も肌の状態を見たり、脱毛器も適したレベルを設定してくれます。



施術を担当するのも看護師なので、医療従事者による脱毛ということである程度安心できます。



しかし結果を出すためには、ある程度の炎症も仕方ないと考えられています。というよりも、レーザー脱毛自体が肌にとって負担のかかることなので、軽い炎症程度は避けられないのです。



炎症はもちろん肌にとって良いことではありません。



炎症によって肌が傷つき、それによってメラニンが大量に発生され、色素沈着を起こしてしまうということも考えられるのです。



炎症後色素沈着を起こす場合の例として、治療内容がハードになればなるほど可能性が高くなります。



医療レーザー脱毛に置き換えて考えてみると、脱毛器の設定出力が高くなればなるほど可能性が高くなるということになるのです。



強い出力でレーザーを照射すれば、毛が生えなくなる可能性は高くなりますが、炎症による色素沈着の可能性も高くなってしまいます。



特に日本人である黄色人種は、炎症後の色素沈着が起こりやすいと言われていて、白人は起こりにくいそうです。



さらに日焼けをしてお肌が黒くなっている人は色素沈着を起こしやすいという特徴があるので、日焼けには気を付ける生活を送りたいものです。



地黒の人も色素沈着の可能性が高くなるので、カウンセリングで相談してみましょう。



もちろん、レーザーによってシミや毛孔性苔癬(二の腕などに良くできるブツブツ)が改善される可能性もありますので、これらについても、カウンセリングの際、詳しく聞いてみるといいですね。



医療レーザー脱毛は、体毛の問題だけでなく、肌トラブルの解消に効果を発揮する可能性もあります。



それは女性にとって喜ばしいことではありますが、きちんと対応してくれる医療機関を選ぶということが一番重要なポイントとなりそうです。



⇒レーザー脱毛でシミが薄くなる理由!濃くなるケースとは?

⇒毛孔性苔癬でも医療レーザー脱毛できる!効果が得られる回数は?



医療レーザー脱毛で炎症した場合の対処法は?




医療レーザー脱毛後の炎症を抑えるために、施術後、炎症を抑える軟膏の薬を処方してもらうことができます。



炎症を抑える軟膏を塗れば、すぐに改善されるので心配する必要はありません。



脱毛後に薬を処方してもらうことができるという点も医療機関ならではです。



医療レーザー脱毛後に処方されるのはどんな薬?




医療レーザー脱毛後のお肌の炎症を抑えるために処方される薬は、軟膏のお薬です。



これはストロイド剤の可能性が高いでしょう。






医療レーザー脱毛後に処方されるストロイド剤で多いのが、「リンデロン」や「デルモゾール」です。



アトピーの治療薬として良く聞くステロイド剤ですが、ステロイド剤についてはいろいろな考え方があります。



中には「色素沈着を起こす」「皮膚が薄くなる」など怖い副作用を指摘する人もいます。



しかしそれはすべて長期的に使用した場合に表れる副作用です。



医療レーザー脱毛後の短期間の使用であれば、問題なく使用することができます。



美容クリニックの中には、「スタデルム」など非ステロイド剤を処方しているところもあります。



ステロイド剤よりも抗炎症作用は弱いですが、副作用が少ない薬です。



炎症が軽い場合や顔に使用する時に適していますね。



薬には合う・合わないという問題もあるので、「スタデルム」を使用して肌がかぶれるなど副作用が出る可能性もあります。



その場合は、代わりにストロイド剤が処方されるようです。



美容クリニックでどのような炎症を抑える薬を取り扱っているのか分かりませんが、なるべくストロイド剤を使用したくないという考えの人はカウンセリングで尋ねてみることをおすすめします。



ほとんどの美容クリニックでは、薬代は脱毛料金に含まれているので、無料で処方してもらうことができます。







医療レーザー脱毛後、気を付けることは?




医療レーザー脱毛を行った後は、生活の中で気を付けなければいけない事があります。



施術後気を付けること1.医療レーザー脱毛を行った当日は入浴しない




医療レーザー脱毛を行った後のお肌はとてもデリケートで、内側に熱を持った状態です。



そのため入浴して身体を温めてしまうと、熱を発散することができず、さらに熱をためてしまうことになります。



医療レーザー脱毛後はなるべく早く熱を逃がして、炎症を改善する必要があります。



そのため当日の入浴はせず、シャワーで済ませることを推奨しています。



施術後気を付けること2.肌をこすらないように気を付ける




医療レーザー脱毛後のお肌は非常に敏感でデリケートな状態となっているので、肌をこすったり、掻いたりしてはいけません。



弱い刺激でもダメージを受けてしまうので、回復が遅くなり、肌トラブルの原因となってしまいます。



医療レーザー脱毛後のお肌はゆっくりと休めて、冷却や保湿をするなど肌の回復に努めましょう。



施術後気を付けること3.紫外線対策を行う




炎症による色素沈着の可能性を減らすためには、紫外線対策を行うという事は欠かすことができません。



紫外線による日焼けは、お肌に強いダメージを与えてしまいます。



特に医療レーザー脱毛後の炎症しているお肌に紫外線が当たると、それだけでダメージを受けてしまうので、色素沈着を起こす可能性が高くなってしまいます。



医療レーザー脱毛後は、紫外線を通さないUVカットの洋服を着るなど、脱毛したお肌に紫外線が当たらないように気を付けましょう。






紫外線が強い時期はなるべく外に出ない、というのも選択肢の一つですね。



医療レーザー脱毛によるお肌の炎症と聞いて、脱毛するのが怖くなったという人もいるかもしれませんが、安心してください。



ほとんどの場合は1日で赤みが治まり、長くても1週間程度で炎症は改善されます。



医療レーザー脱毛のパワーが強いのは、医療機関だからできることです。



炎症を抑える薬を処方されたり、アフターフォローがしっかりしているのは、医療機関だからこそできる対応なのです。



また医師や看護師など医療従事者がカウンセリングを行うので、知識も豊富です。



万が一、強い炎症を起こす可能性のある人には、カウンセリングの段階でそのような説明が行われますし、脱毛出来ない場合もカウンセリングで説明されます。



カウンセリングを受けた時点で脱毛可能な場合は、安心して医療レーザー脱毛を行うことができるでしょう。



敏感肌やアトピー肌でどうしても医療レーザー脱毛に対して不安が残る人は、カウンセリングで詳しく話を聞き、相談することをおすすめします。



また、こちらの記事では医療レーザー脱毛の途中で妊娠した時の事についてまとめています。申し込む前にチェックしてみてください。



⇒妊娠したらレーザーで医療脱毛できないの?再開の基準とは?



今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



スポンサーリンク




P.S.



医療レーザー脱毛を検討されている場合は、そのメリットとデメリットをチェックしていくことで、より納得感をもって契約することができますね。



大手脱毛サロンの施術方法に代表される『光脱毛』との料金の違いなど、以下の記事でまとめておりますので、ご興味があればあわせてチェックしてみて下さい。



⇒医療レーザー脱毛のメリットとデメリットは?光脱毛と料金比較!



おすすめの関連記事



⇒医療レーザー脱毛しても抜けない3つの原因とその対処法!



⇒vioラインの医療レーザー脱毛の痛みは?麻酔はした方が良い?




おすすめの関連動画