医療レーザー脱毛とシミ


こんにちは、SAYAです。



医療レーザー脱毛を行うとき、女性のシミは悩みの種になりますよね。



「シミがあると脱毛することができないの?」と不安になる女性が多いのではないでしょうか。



またレーザー脱毛するとシミが薄くなったり、濃くなるというケースもあるようなので、詳しく見ていきましょう。



今回は、医療レーザー脱毛とシミの関係について詳しく解説していきます!



スポンサーリンク




医療レーザー脱毛はシミがあっても施術可能?




カウンセリングで相談しましょう!


シミがある部分にも医療レーザー脱毛をすることができるかと言う点ですが、シミの濃さによっては脱毛可能となる場合があります。



医療レーザー脱毛は黒いメラニン色素に反応する光を照射して脱毛していくため、メラニン色素の濃いシミについては脱毛することができません。



そのためシミの濃さによって、脱毛可能か、脱毛不可となるのです。



なぜ濃いシミに対して医療レーザー脱毛を行うことが出来ないのかと言うと、メラニンの濃いシミに対して照射するとムダ毛だけでなくシミに対しても反応してしまい、その部分が火傷をする可能性が高くなるからです。



ホクロのように黒いシミに対しては脱毛不可となるので、白いシールを貼ってそれ以外の部位の脱毛施術を行う事になります。



どの程度の濃さまで脱毛可能かということは、脱毛器による違いもありますし、クリニックによっても違いがあります。



そのためカウンセリングを受けて、シミの程度を診察してもらうのが確実でしょう。



また、こちらの記事では妊娠した場合に医療レーザー脱毛ができるかについてまとめています。併せてチェックしてみてください。



⇒妊娠したらレーザーで医療脱毛できないの?再開の基準とは?



どうしてもシミがある部分を脱毛したい場合は?




シミがある部分のムダ毛もしっかり脱毛したいという場合は、まずシミに対しての美白ケアを行う必要があります。



美容クリニックでもシミに対してのレーザー治療を行っていますし、自宅でも美白美容液などで集中ケアを行う事でシミを薄くしていくことができます。



まずはメラニン色素の濃いシミを薄くしてからであれば、シミがある部分のムダ毛もしっかり脱毛することができますよ。



またもう一つの方法として、シミにも照射可能なレーザーを使用しているクリニックを利用するという方法もあります。



レーザー脱毛でシミに強くおすすめのクリニックを見てみる



これについてはいろいろな注意点があるので、後程紹介しますね。







医療レーザー脱毛でシミが薄くなる?




シミが薄くなる場合もある!


医療レーザー脱毛を行った人の中には、シミが薄くなったという人もいるようです。



なぜシミが薄くなることがあるのかと言うと、医療レーザー脱毛は真皮層までエネルギーを届けることができるので、新陳代謝も活発になり、メラニンを排除してシミを薄くするということにつながるからです。


それだけでなくコラーゲンの生成を促すことができるので、肌のハリも生まれます。



また医療レーザー脱毛の中には、シミやそばかすの治療のために開発されたレーザーを利用しているクリニックもあるので、シミに対しても効果があると言えるのです。






シミに効果のある医療レーザー脱毛には、アレキサンドライトというレーザーが使われています。



大手美容クリニックの中では、湘南美容外科クリニックがアレキサンドライトのレーザーを使用しています。



「消したくないホクロには照射しないのでお申し出ください」ということなので、シミが薄くなる可能性もあると期待していいのではないでしょうか。



シミを消したくないという人はいないと思いますが、チャームポイントになっているホクロを消したくないという人もいますよね。



そのような場合は、ホクロをしっかり残しつつ、脱毛を行ってくれるようです。



黒いホクロが薄くなって茶色く色素が抜けるとシミに見えてしまうなど、ホクロが消えることで問題になることもあるので、しっかり考えてから決めるようにしましょう。



基本的にはムダ毛を脱毛する施術であるため、シミが薄くなる事を期待して利用しない方が良いと思います。



クリニックの方のお話でも、シミ治療で行われるレーザーの出力とは違うということなので、シミ治療にはかなわないということでしょう。



しかし気になるムダ毛と一緒に、女性の敵であるシミが薄くなる可能性があるというのは嬉しいですよね。



アレキサンドライトはシミがある部分も問題なく脱毛できるという点では、非常に画期的な脱毛方法なのではないでしょうか。



しかし注意してほしいのは、シミの種類によってはシミが濃くなってしまう可能性があるということです。



肝斑(かんぱん)という種類のシミは、レーザーに反応して色が濃くなってしまいます。



シミの種類を判断できないという人は、まずカウンセリングを受けて脱毛可能なシミかどうか判断してもらうのが確実ですよ。



医療レーザー脱毛でシミのようなものができる?




医療レーザー脱毛を行った人の中に施術後、シミのようなものが出来たという人もいます。



それは、医療レーザー脱毛による色素沈着です。



美容クリニックで使われる脱毛器は非常に出力が強いため、皮膚が軽いやけどを起こす場合があります。



通常レーザー脱毛後に炎症することもありますが、それは脱毛後にもらう軟膏を一週間ほど塗って、落ち着かせていきます。



しかしその炎症がひどい場合、炎症が肌に残ってしまいシミのように沈着してしまうのです。



レーザー
(画像引用;ヤフー知恵袋ページより)



ほとんどの場合は、肌に影響のないところまで出力を下げて脱毛していくので、色素沈着が起こるということはありません。



しかし脱毛効果ギリギリまで上げようとするばかりに、強すぎる出力でレーザーを照射してしまうとシミのように炎症が残ってしまうのです。



このシミのような色素沈着に関しては、時間が経過すると少しずつ薄くなり、元通りの肌に戻ることがほとんどですが、中には薄くなる程度でシミが残ってしまったという事もあるようです。



そうならないためにも美容クリニックで医療レーザー脱毛を行う場合は、美容クリニックのホームページはもちろんですが、口コミなどを合わせて確認しておきましょう!



⇒毛孔性苔癬でも医療レーザー脱毛できる!効果が得られる回数は?

⇒医療レーザー脱毛2回目の効果は?クリニック選びはどこで判断?