毛孔性苔癬と医療レーザー脱毛


こんにちは、SAYAです。



お肌の悩みはいろいろありますが、二の腕や太もも、お尻、ふくらはぎに出来やすい毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)のプツプツに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。



毛孔性苔癬に関しては、病院に行ってもこれといった治療はなく、治るまで待つことになるそうです。特に健康被害がないため、治癒に緊急性がないということでしょうね。



放置して治ればいいですが、いつまでかかるか分かりませんし、何よりも見た目が良くないので女性にはツライ皮膚疾患だと思います。



今回は、女性の悩みである毛孔性苔癬と医療レーザー脱毛の関係について解説していきます。



スポンサーリンク




皮膚にぷつぷつとできる毛孔性苔癬の正体とは?




若い人・敏感肌 太り気味の人にできやすい!


毛穴のあるところであればどこにでもできる毛孔性苔癬ですが、特に二の腕や足にできやすいと言われています。



ブツブツ、ぷつぷつと隆起したできものができ、かゆみはありませんが、触ると肌がザラザラとしています。



特に若い人や敏感肌、太り気味の人にできやすく、原因としては毛穴の中に角栓や垢などが詰まる事で発生します。



毛孔性苔癬のある部分は医療レーザー脱毛できるのか?




毛孔性苔癬があると脱毛できないのでは?と不安になるかもしれませんが、医療レーザー脱毛は可能です。



医療レーザー脱毛はムダ毛を細く、毛穴を綺麗にすることができるので、毛穴に角質が詰まる毛孔性苔癬の改善にも効果的です。



しかし脱毛サロンの多くは、脱毛を断られる可能性が高いです。



なぜかと言うと、毛孔性苔癬は皮膚の疾患の一つとして考えられているので、脱毛できないと考えられているからです。



万が一脱毛できることになっても毛孔性苔癬のある部分は光を当てることができないため、避けて施術を行う事になります。






ではどうすればいいのかというと、医療レーザー脱毛という方法があります。



医療レーザー脱毛は医療機関で行う施術なので、毛孔性苔癬に関してもしっかり対応してくれます。



脱毛後のトラブルを避けて脱毛を断る脱毛サロンとは、医療機関なので対応が異なります。



医療レーザー脱毛で毛孔性苔癬は改善するのか?




毛孔性苔癬にも効果がある!


医療レーザー脱毛の口コミを見ていると、「毛孔性苔癬が薄くなった」というのをたくさん見つける事ができます。






ムダ毛を細くして、毛穴を綺麗にすることで、毛穴に角栓が詰まりにくくすることができるため、毛孔性苔癬が改善されるという仕組みです。



症状の度合いにもよりますが、医療レーザー脱毛で症状の改善を期待することができます。







医療レーザー脱毛を行ってからの毛孔性苔癬の症状の経過は?




医療レーザー脱毛の施術を受けて一週間は毛穴が赤く腫れた状態になるので、毛孔性苔癬のブツブツもひどくなる場合があります。



しかし、もう一週間経つと毛穴の腫れがおさまり、毛孔性苔癬がましになるケースがほとんどです。



毛孔性苔癬は皮膚表面の問題ではなく、毛穴に角質が詰まることが原因の疾患なので、皮膚表面をケアするピーリングなどでは効果を期待することができません。



そのため毛穴を通して毛根部までレーザーを照射する医療レーザー脱毛によって、毛穴の中までしっかりケアできるというわけです。



しかし、一回の施術だけで目に見えて毛孔性苔癬に変化は起きません。



医療レーザー脱毛の施術を6回ほど繰り返すと、毛孔性苔癬の大きなボロボロが小さなブツブツになるという変化が起きるようです。



もちろんムダ毛も少しずつ薄くなるので、ムダ毛と毛孔性苔癬を同時にお手入れできるということになりますね。



どれくらいで毛孔性苔癬がきれいになる?




毛孔性苔癬で医療レーザー脱毛を行った人の口コミを見ていると、1年半ほどで綺麗になったという人がいました。



1年半かかったということは、二か月に一回の施術として医療レーザー脱毛を9回ほど行うと悩んでいた毛孔性苔癬が綺麗になったということになりますね。



医療レーザー脱毛は毛穴に詰まっている毛を細くして、徐々に薄くしていく事を目的としているので、結果的に毛穴に詰まった角質を取り除くという点でも効果を発揮していると考えます。



ムダ毛で悩んでいる人も、毛孔性苔癬で悩んでいる人も、医療レーザー脱毛は効果的な改善方法だと思います。



毛孔性苔癬は皮膚科で診察してもらっても特に治療法がないので、途方に暮れる人も多いです。しかし医療レーザー脱毛で改善される可能性があるということは朗報ではないでしょうか。



脱毛する前に毛孔性苔癬を治してから・・・と思わずに、脱毛すると同時に毛孔性苔癬を改善することができるのです。



脱毛したいけど毛孔性苔癬があると悩んでいる人は、どちらの悩みも同時に解消できる方法として、医療レーザー脱毛を選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。



⇒医療レーザー脱毛のメリットとデメリットは?光脱毛と料金比較!

⇒医療レーザー脱毛でシミは薄くなる?注意すべきポイントとは?

⇒医療レーザー脱毛は体験OK!大手クリニックの脱毛器の違いは?



また、こちらの記事では医療レーザー脱毛の途中で妊娠した時の事についてまとめています。申し込む前にチェックしてみてください。



⇒妊娠したらレーザーで医療脱毛できないの?再開の基準とは?



今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。



スポンサーリンク




おすすめの関連記事



⇒医療レーザー脱毛2回目の効果は?クリニック選びはどこで判断?



⇒医療レーザー脱毛は毛深いうなじもOK!かかる回数と人気の形は?