ケノンのIライン脱毛 安全な照射方法


こんにちは、SAYAです。



ケノンはVIOにも使用できますが、Iラインの粘膜部分を照射してしまうと、肌トラブルの原因になり、効果も半減してしまいます。



安全、かつ、高い効果を引き出す照射テクニックを事前に知っておくと良いです。



そこで今回、ケノンのVIOでIラインを安全かつ効果的に照射するための3つのお手入れ方法を具体的にご紹介します。




スポンサーリンク




VIO脱毛時に注意したい家庭用脱毛器ケノンの使い方




ケノンは、男性のムダ毛にも女性のムダ毛にも使える家庭用のフラッシュ脱毛器です。



ケノンの脱毛は、ムダ毛が気になる部位に光照射を行うことで脱毛処理が行えます。



全身脱毛にも利用できますが、使い方や設定レベルを間違えると赤みやヒリヒリなどの肌トラブルが起こしてしまうこともあります。



クリニックやサロンでは、脱毛効果だけでなく肌トラブルについても気を配ってくれているのと、長い付き合いになるため(少なくとも数年単位)、事前にしっかり検討したほうが良いです。



正しい使い方をすることでしか効果は期待できませんし、特にデリケートの部位は、肌が敏感であるため、細心の注意が必要です。







ケノンのVIO脱毛でIラインの粘膜を照射すると、何故ダメなの?


ケノンでIライン照射はダメなの?


ケノンはVライン脱毛に関しては推奨していますが、Iライン脱毛に関してはあまりおすすめしていません。



Iラインの粘膜部位は黒ずみ部位であるため、ここに照射してしまうと、粘膜部位が高い熱エネルギーを吸収してしまい、肌トラブルの原因となってしまうからです。




それに、粘膜は非常にデリケートな部分である上に、毛は生えていません。



そのためケノンで照射する必要もありませんし、毛で隠されることもないので、直接光が粘膜に当たることで、さらにダメージを受けてしまうのです。



また粘膜はもちろんですが、その周辺の肌は非常に薄いので、痛みを感じやすい部分でもあります。



毛が生えていないので照射する必要もないので、間違えて照射してしまうということになると思いますが、粘膜照射は危険です。



Iラインというデリケートな部分の脱毛を行う場合は、細心の注意を払いながら行いましょう。



ケノンのVIO脱毛でIライン粘膜を守り、脱毛効果を上げるアンダーヘアケアのやり方3選


タオルなどで粘膜を隠すのがおすすめ!


ケノンでIラインを脱毛する際、粘膜に照射光を当てない3つの方法を具体的にご紹介します。



ケノンのVIO脱毛でIラインの粘膜を照射しない方法1.ショーツで粘膜を隠しながら照射する




Iラインを脱毛するときは、ショーツを履いて粘膜を隠すことで誤って粘膜に照射してしまうのを防ぐことができます。



普段履いているショーツを使用するのに抵抗がある人は、使い捨ての紙ショーツを用意しておきましょう。



ショーツを少しずつずらしながら脱毛していけば、常に粘膜が隠れた状態になるので、ケノンの光が当たってしまうことはありません。



ショーツであれば普段履いているものなので違和感がないですし、なんといっても履いた状態で脱毛できるのでショーツが落ちるということもありません。



ゴムで固定されているので、ずれにくく安定した状態でケノンを使用することができます。



ケノンのVIO脱毛でIラインの粘膜を照射しない方法2.布やタオルで隠しながら照射する




ショーツ以外にも、布やタオルで粘膜を隠しながら脱毛するという方法もあります。



そのまま当てるだけでは落ちる可能性があるので、布やタオルのはじっこをお尻でふんづける形で敷き、もう片方の端を動かしながら粘膜を隠して脱毛していきましょう。



また厚みのあるタオルを使えば、安定して固定できるので、脱毛しやすくなります。



ケノンのVIO脱毛でIラインの粘膜を照射しない方法3.ティッシュを当てて照射する




粘膜部分は乾燥していないので、少し湿り気のある部分です。



そこにティッシュを貼りつけておくことで、粘膜部分に照射することなく、Iラインを脱毛することができます。



仮に心配であれば、ティッシュを貼りつけている上からショーツやタオルなどを当てて、ケノンで脱毛をすれば大丈夫でしょう。



ケノンは黒い色素に反応するため、ショーツやタオルを使用する際には、白い色を選んでくださいね。



スポンサーリンク