家庭用脱毛器おすすめ比較ランキング



こんにちは、SAYAです。



自宅で光脱毛のできる家庭用脱毛機器として人気のケノン。



ケノンはどれくらいの頻度で使うのが一番効果的なのでしょうか?



使い方としてはケノンの取り扱い説明書に記載されている通り使用するのが一番ですが、今回はケノンの効果をさらに高める使い方を紹介していきます。



家庭用脱毛器の人気おすすめランキング&口コミ第1位 ケノン





 レベル10の強力照射&3連射エネルギー分散でサロン級の効果&安全性。
 エステ超級の美顔器専用カートリッジ!旦那や彼の髭脱毛もOK。
 1発0.22円からの圧倒的コスパ。
 片ワキ1回18秒の超スピード脱毛。
 持ち手の重さが他社の1/5(120g)。細かい部位も自由自在。

ケノンの公式ページを見てみる




ケノンの効果的な使用頻度は?




ケノンの取り扱い説明書によると、ケノンは2週間に1回のペースで使用するのを推奨しています。



2週間おきに繰り返しケノンを使って毛根部にダメージを与えることで、ムダ毛の成長力を弱めることができ、最終的に毛の再生力を奪うことができるのです。



ケノンで結果を出したい場合は、推奨されている2週間に1回の頻度で使用するのが最低限の頻度になります。



それ以上の間隔があいてしまうと脱毛効果がなくなってしまうわけではありませんが、効果は少なからず減ってしまうでしょう。



脱毛の間隔が半年、1年とあいてしまう場合は、ムダ毛の状態が元に戻ってしまう可能性も高いと考えます。



脱毛の口コミを見てみると、1回の脱毛照射のみ行って、それ以降脱毛していない場合ムダ毛の生える量が増えたという内容もありました。



照射による刺激によってムダ毛が濃くなったり、毛質が変わるなどムダ毛をなくす効果とは逆に毛が増えてしまう可能性もあるので、推奨されている頻度で継続したケノン使用がおすすめです。



ケノンの回数を3日周期に増やす裏技とは?




ケノンを使用して効果を実証しているブログを見てみると、ケノンの効果をアップさせる使用頻度の裏ワザを紹介されています。



それは、「ケノンを使用した3日後にもう一度同じ部分に照射すると、目に見えて効果が出る」ということです。



ワキで例えると、ケノンで照射した脇に3日後にもう一度ケノンで同じ部分を照射します。



そしてその2週間後にまた脇に照射して、その3日後にもう一度照射、ということを繰り返すのです。



これを2か月ほど続けると、目に見えて結果が出るということです。



ここで気を付けるのは、2回目の照射はシェービングせずにそのまま行うということ。



少し毛が伸びた状態で照射する、ということになります。



1回目の照射で仮に十分なダメージを与えることができていれば、毛根部から既に離れていると思われます。



しかし、すべての毛に対して1回の照射で脱毛効果を与えることが出来るというわけはなく、照射漏れの毛が残る可能性があるのです。



1回目の照射で十分なダメージを与えることができていなかった毛は、まだ毛根はしっかりつながっていると言えるでしょう。



1回目の照射ですべての毛に対して十分なダメージを与えることができていればいいですが、もしもそれができていなかった場合は、2週間間隔を空けてしまうとせっかく成長期だった毛が休止期になってしまうことも考えられます。



1回目の照射の3日後に再び照射することで、1回目の照射でダメージを与えられなかった成長期の毛の毛周期が成長期から休止期に変わってしまう前にダメージを与えることができるということです。



間近に連続して2回照射を行うことで、照射漏れを防ぐことができ、すべての毛に対してダメージを与えることができるため、確実な脱毛効果を実感できるのではないかと考えます。



もちろん3日おきという頻度で脱毛施術を行うのもいいかもしれませんが、それではキリがありませんし、肌への影響も気になるところです。



そこで1回目の照射の3日後にもう一度照射するというサイクルを2週間おきに繰り返すことで、結果を出すことができるのです。



また結果を出すことができるもう一つの理由は、毛の長さを変えて照射できるということです。



ケノンは照射する前日にムダ毛を自己処理しておくのですが、ケノンで脱毛する場合毛の長さ1mmがベストと言われています。



仮に1回目の照射で毛の長さが1mmに足りなかった場合、最大限のダメージを与えることができないということになります。



しかし、3日後にもう一度照射をすることで、ベストな毛の長さ、1mmの長さの毛に照射できる可能性があるのです。



どのタイミングの照射がベストなタイミングなのか、ということは個人差があるため、誰にも分かりません。



しかし3日後にもう一度照射することで、1mmというベストなタイミングで照射できる可能性が高くなるということになります。



裏技の安全性をコールセンターに確認!回答は?


コールセンターに確認してみました!


1回目の照射のあと3日後にもう一度同じ部分に照射する方法が効果的というのは、ケノンを使用して脱毛している人があみ出した裏ワザです。



しかし、ケノンは説明書では2週間に1回の頻度での使用を推奨していますが、コールセンターに確認するとどれくらいの頻度で使用していいのでしょうか?



質問した結果、最低1週間は空けた方が良いということでした。



今回紹介した方法は2回連続して照射していますが、その後2週間肌を休ませているので、肌にはあまり影響がないのではないかと感じます。



もちろん3日おきにケノンで照射すると、肌に負担がかかりそうですが、基本の間隔でケノンを使用しているので大丈夫でしょう。



結局、3日おきに連続使用しても大丈夫なの?


自分の肌質に合わせて使いましょう!


ケノンを3日おきの頻度で使用する方法ですが、ケノンを使用している人の中には3日おきにケノンで照射している人もいます。



その方は男性で、ヒゲ脱毛のために3日おきにレベル10でケノン照射していました。



皮膚が薄い顔という部分だけに頻繁なケノンでの照射には不安が残りますが、その方は赤みや腫れなどは一切なしです。



しかし肌質には個人差もありますし、その人は元々肌が強い人だったのですね。



その方の写真を見る限り、とてもヒゲが濃く(自己処理した状態でも毛穴が青く見えている状態)、肌は強そうでした。



肌が丈夫であれば3日おきの照射も耐えられるものと考えられます。



しかし、女性の肌はメイクやスキンケア、自己処理によって敏感な状態ですし、一般的に男性と比べて皮膚が薄くデリケートですので、3日おきの照射はおすすめできません。



家庭用脱毛器であるケノンは、家庭で素人が使用できるように安全性に優れているので、肌トラブルの可能性は低いです。



ケノンを使用して脱毛している人は、少しでも早く脱毛の結果を出したいという気持ちをもっているので、頻繁に使用したい気持ちはわかります。



ケノンで脱毛する場合に大切なことは、使用する皆さん一人一人が自分の肌質を理解してケノンを使いこなすということ。



肌が強い人は頻繁に照射しても大丈夫でしょうし、肌が敏感な人は自分の肌の状態と相談しながら行うのがいいと思います。



ケノンの公式ページで詳細を見てみる

⇒ケノンの口コミ評判まとめ!ポジティブ・ネガティブの内容の実際は?



ケノンの美顔や髭への効果的な使い方は?




ケノンはカートリッジを交換する事で、目的や部位に合わせて性能を変えられる家庭用脱毛器ですが、



出力や範囲を変えるだけでなく、スキンケアカートリッジというカートリッジにする事によって美顔器としても使用する事が出来ます。



カートリッジを交換するだけで脱毛器が美顔器になるなんて凄いですよね。



スキンケアカートリッジには以下のような効果があります。


・産毛を脱毛

・毛穴を引き締める

・シミとくすみの軽減

・シワの改善とハリの維持



より効果的に使うには、使用前に顔をよく洗っておきましょう。



毛穴の汚れや肌の余計な油分を落としてからの方が効果が高まります。



また、照射した後は肌が乾燥しているので化粧水等での保湿ケアを入念にすると良いです。



保湿することで照射エネルギーが表皮に集中せず毛根に行き届きやすくなり、肌トラブルも防げるため、保湿ケアはとにかく重要で、脱毛サロンではしっかりケアしてくれますが家庭用脱毛器はそこを自分でケアしなければならないため、意識的にやっていくといいですね。



それから、旦那や彼氏がいれば、男性の髭の脱毛器として一緒に使えますね。その場合、出力が高いストロングカートリッジが推奨されています。



髭は他の部位の毛よりも濃い毛ですので必然的にレベルも高めに設定する事になると思いますが、気をつけなければならないのが火傷です。



これは保冷剤で冷やしながら処置する事によって防ぐ事が出来ます。



髭に限らず顔は肌が敏感ですから、顔脱毛は慎重にやりましょう。



部位ごと・使い方でどれくらい効果の違いがあるの?


レベルの強さで効果が違う!


部位によってムダ毛の濃さに違いがありますが、効果の出方を大きく左右するのは、レベルの強さです。



ケノンは1から10までレベルがありますが、レベルを強くするほど効果が高くなる分、当然、肌への刺激も強くなります。



肌が弱い人はまず小さいレベルから脱毛していくことをおすすめしますが、少しでも早く脱毛したいという人はレベル5以上での照射をおすすめします。



また、ケノンは黒いメラニンに反応する特殊な光を熱エネルギーに変換して脱毛していくので、濃く太いムダ毛の方がより早く効果を実感することができます。



そのことからも分かる通り、ワキやデリケートゾーンなどは効果が出やすく、お腹や背中など元々毛が薄い部位は効果が出にくいということになります。



ケノンを使って全身脱毛も可能です。手間はかかりますが、サロンで全身脱毛するよりもコスパは高いです。



ケノンで結果が出にくい人の条件とは?


効果を出しにくい人の3つの条件


ケノンで効果を出しにくい人の条件は、以下の3つです。



「肌の乾燥がひどい人」「毛が元々薄い人」「脱毛の痛みに極端に弱い人」です。



脱毛にとって肌の乾燥が効果の出方を左右するということは何度も説明してきましたし、ケノンは濃い毛に対して高い効果を発揮するということも先ほど説明しました



最後の一つである「脱毛の痛みに極端に弱い人」という条件ですが、痛みに弱い人はどうしても小さいレベルでケノンを使うことになります。



レベル5以上で高い効果を発揮するケノンをレベル1から4で使用していても、なかなか結果を出すことができません。



また少なからずケノンは痛みが発生するものなので、痛みに極端に弱い人というのは恐怖心が出てしまうんので、ケノンから遠ざかってしまう可能性があるのです。



ケノンを継続して使えるか分からないという人や、ケノンを使うことに自信のない人は、脱毛サロンを利用した方がいいでしょう。



脱毛サロンを利用すれば、施術前にジェルを塗るので痛みが軽減されますし、人の手によって脱毛施術をしてもらうことができるので、照射時の痛みに対する恐怖心が薄れるので、確実に脱毛を進めていくことができます。



ケノンは決してや安い買い物ではないので、手に入れて満足してしまっては意味がなく、使い続けることで効果を出すことができる商品です。



ケノン自体に効果があるのかどうか、という点だけでなく、自分は使い続けることができるのかということを考えて購入しましょう。



ケノンで結果を出す効果的な使い方は?




ケノンを使って確実な結果を出すためには、使用する頻度と保湿ケアが重要なポイントです。



推奨されている2週間に1回の頻度を守り、毎日保湿クリームを塗るなど保湿ケアを行う事で、脱毛効果を高めることができます。



脱毛効率を悪くする原因は、肌の乾燥です。



肌が乾燥していると、ケノンの熱エネルギーの通りを悪くしてしまい、効率よく毛根部にダメージを与えることができなくなってしまいます。



特に脱毛前日に念入りに保湿ケアをしておくと、ケノンの効果を高めることができるので、効果的に脱毛を進めていくことができます。



またカミソリによる自己処理も肌にダメージを与え、乾燥の原因になるので、ケノンによる脱毛期間中は、なるべくカミソリによる自己処理を控えて、肌にダメージを与えることは控えておきましょう。



ケノンの詳細を見てみる