どのくらいバージョンアップしたの?


こんにちは、SAYAです。



ケノンは定期的にバージョンアップを繰り返し、常に進化し続けている家庭用脱毛器です。



出力をアップさせたり、照射回数を増やしたり、使いにくいところを改善したりなど、利用者の意見を取り入れて新しいモデルに改良していくのがケノンの最大の魅力です。



最近では2015年1月にバージョンアップしています。



今回は、間近にバージョンアップしたケノンについて紹介していきます。



とりあえず、ケノンの公式ページで詳細を見てみる



ケノンの最新バージョンの違い1;照射出力が10%パワーアップ(当社比)




新型にバージョンアップしたケノンは、旧型のケノンよりも照射出力が10%もパワーアップしました。



照射出力がパワーアップしたということは、必要照射回数が少なくて済むということです。



ケノンの最新バージョンの違い2;照射数が最大20万発になり単価が安く!




コストパフォーマンスが良くなった!


バージョンアップしたケノンは、レベル1で脱毛する場合、ショット数が最大16万発から20万発に照射数が増えました。



またレベル1で美顔カートリッジを使用してスキンケアする場合、最大16万発から20万発に増えたのです。



つまり旧型のケノンよりもお手入れできる回数が増えたということです。



レベル1は一番出力の低い、痛みの少ないレベルですが、最大レベル10の照射可能数も同じように増えています。



「レベル1の出力の強さ」といっても、なかなかピンと来ませんよね。



「ケノンのレベル1の強さは、ミュゼの照射回数の○分の1程度です」というような表現で比較できれば良かったのですが、ミュゼもお客さんの肌や毛の状態によって出力を調整しているため、はっきりと断言ができないんですよね。



ただ、レベル1は本当に弱い出力なので、継続して使用してもなかなか脱毛効果は期待することができないということは言えます。



ケノンはレベル5以上で目に見えて毛の生えるパワーを失わせることができます。



しかし照射回数が増えたということで、レベル1だけでなくレベル10での使用でも、使用可能回数は増えています。



照射数が増えたということで、1発の単価が0.048円から0.038円となりました。



照射出力が上がり、照射回数も増えたということで、これまでのケノンとは比べて、より安くたくさんお手入れできるようになったということです。



出力と照射回数のバージョンアップにより、コストパフォーマンスが良くなったということを物語っています。



ケノンの最新バージョンの違い3;日本語表示に加えて英語表示も可能に




英語の表示が可能になった!


前回までのケノンは照射レベルやカートリッジの照射回数などが日本語で表示されていました。



バージョンアップしたケノンは、日本語に加えて英語でも表示されるようになったので、日本人だけでなく海外の人にも対応しています。



分かりにくかった部分が英語で読み取れるようになったので、日本語表示では使いづらかったという人には朗報ではないでしょうか。



バージョンアップ後の注意点は?




ケノンがバージョンアップして照射回数が増えていますが、ケノン本体がバージョンアップ前の古いタイプだと照射回数は少ないままです。



カートリッジの照射回数は、本体に左右されます。



バージョンアップされた照射回数や出力で使いたい場合は、最新のバージョンアップしたケノンを手に入れる必要があります。



バージョンアップしてもケノン本体の外観は変更されていないので、気をつけてくださいね。



バージョンアップしたケノンのメリットとは?




出力と照射回数が増えた事で、カートリッジを追加購入する必要がなくなり、全身脱毛がより可能になりました。



⇒ケノンで全身脱毛に必要な回数と頻度は?最速で完了するコツは?

⇒ケノンでVIO脱毛!Iラインの粘膜を照射しない効果的なやり方は?



脱毛サロンでの脱毛と比べて元々ケノンはかなり経済的な方法でしたが、今回のバージョンアップにより、さらにお得な脱毛手段となったのです。



脱毛のコストパフォーマンスがよくなったということなので、他の脱毛器と比べてより高品質になったということになります。



ケノンのようにバージョンアップを繰り返している脱毛器は他にはありません。



家庭用脱毛器を使って脱毛しようと思っている人は、低価格で選ぶのではなく、品質で選ぶのが重要なポイントです。




ケノンの公式ページで詳細を見てみる



ケノンの口コミ評判を見てみる


脱毛器の人気おすすめランキング&口コミ2018!家庭用光脱毛編