ケノンの検索ワードを検証!


こんにちは、SAYAです。



ケノンを検索してみると、「埋没毛になる」というワードが一緒に出てきます。



せっかく高いお金をはたいてケノンを購入したのに埋没毛になってしまっては悲しすぎますね。



そこで今回、本当にケノンをつかって埋没毛になってしまうのか、対策があるとしたら何か、逆に、埋没毛には効果があるのか等について紹介していきます。




埋没毛になる原因とは?




埋没毛の原因は、ズバリ自己処理による肌へのダメージと乾燥です。



カミソリなどを使って自己処理を繰り返すと表皮が傷つけられるので、肌がダメージを受け、バリア機能が低下し乾燥した状態になります。



そのため肌が自らを守ろうと皮膚を厚く角質化し、毛穴を塞いでしまうのです。



埋没毛になりやすい部位は、ワキやビキニラインなどの皮膚に弾力がなくシワになっている部分や、毛の生える方向が一定ではない場所です。



埋没毛になると皮膚の中で毛が育ってしまうので、カミソリや電気シェーバーを使っても処理することができず、剃り残しがあるように見えてしまうため女性にとっては悩みの種となります。



1.ケノンを使うと埋没毛になる?


ケノンで埋没毛になるって本当なの?


ケノンの口コミを見ていると、ケノンを使って埋没毛になったという内容を見かけることがあります。



ケノンを使用し脱毛していく中で、正しい保湿ケアができていない場合、埋没毛になる可能性があります。



しかし、埋没毛になるかどうかというのは、個人差があるので一概に保湿ケアをしていないからといって埋没毛ができるわけではありません。



なぜかと言うと、毛質や肌質などに個人差があるように、皮膚が角質化しやすいなど埋没毛になりやすい体質があるからです。



ケノンを使って埋没毛になったからと言って、ケノンが粗悪品であるとか、使い方が悪いなどの理由ではありません。



埋没毛になってしまうのは、ケノンを使う過程で肌のお手入れをさぼっているからです。




2.ケノンで埋没毛にならないための対処法


保湿ケアを行いましょう!


埋没毛の原因は、肌のダメージと乾燥ということを説明しましたが、脱毛したあとの肌はダメージを受けて乾燥状態になります。



そのため脱毛している期間、特に脱毛前と脱毛後はしっかり気を付けて保湿ケアを行う必要があります。



ケノンを使って脱毛している期間は、毎日保湿ケアを行う事で、肌の乾燥を防ぐことができ、脱毛効果を高めることができます。



肌の乾燥を防ぐことで、埋没毛も防ぐことができます。



保湿ケアは、埋没毛を防せげるだけでなく、脱毛しながら美しい肌を作ることができ、最短で脱毛を終えることができるなど良いことばかりなのです。



埋没毛を作りたくなければ、肌を保湿して柔らかく保つことを意識しましょう。



またケノンで脱毛している期間、カミソリなどの方法で自己処理を繰り返していては、肌へのダメージも積み重なるばかりです。



脱毛している期間は、埋没毛を作らないためにもカミソリなどによる自己処理を控えることをおすすめします。



3.ケノンは自己処理よりも埋没毛になるか?ならないか?




結論から言うと、ケノンは自己処理よりも埋没毛になる可能性は低いです。



自己処理の頻度にもよりますが、カミソリや電気シェーバーの刃を直接肌に当ててムダ毛を剃るということは、皮膚を少なからず削り取ってしまうため大きなダメージを与えてしまう事になります。



一方、ケノンは皮膚に対して直接的なダメージを与えることはなく、黒い色素に反応する特殊光を使用しているため、毛のみに対して熱エネルギーを与えて脱毛していくことができるため、肌への影響が少ないのです。



自己処理とケノンを使った二つの方法を比べると、明らかに自己処理の方が皮膚へのダメージが大きいため、埋没毛になる可能性が高いと考えられます。



4.脱毛サロンのフラッシュ脱毛と比較して埋没毛になるリスクはどうか?




脱毛サロンのフラッシュ脱毛とケノンを比べると、埋没毛になるリスクは脱毛サロンのフラッシュ脱毛の方が少し高いではないかと考えます。



その理由は、脱毛器の出力の違いです。




元々家庭用脱毛器はプロではなく素人が使えるように、使い方は簡単に、出力が低く設定されているので、肌へのダメージも少ないということが分かります。



その点、脱毛サロンの脱毛機は使用者がプロであるため出力が高く設定されているということになるのです。



その理由が分かるように、脱毛サロンでは2か月、ケノンは2週間、次の使用までの間隔を空けることを推奨しています。



大切なことは、脱毛期間中にしっかり保湿ケアを行うということなのです。



脱毛サロンよりも出力が低いとはいえ、ケノンはバージョンアップを繰り返し、照射出力の最大値が10%アップしています。



ケノンの最新バージョンの違いを確認!3つの進化やメリットは?



脱毛サロンに及ばずも、相応の照射出力(マニュアル通りコツコツ手入れを繰り返せば十分な脱毛効果が得られるレベル)でお手入れすることが可能です。



また、ルメアとの比較記事をチェックすることでケノンの出力の強さを実感することができます。



ルメア(フィリップス光脱毛器)の口コミ&効果をケノンと比較!



5.ケノンは埋没毛にも効果があるのか?




埋没毛は放っておくと、ある程度の長さまで成長するので、皮膚を突き破って自然と出てきます。



毛の成長を待たず皮膚を毛抜きなどでほじくって無理やり毛を出すという人もいますが、ケノンを使うとその必要がなく、しっかり脱毛することができます。



埋没毛は自然と出てきますが、そのまま放置していると、ニキビのような毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれるものができる可能性があります。



そのため少しでも早く埋没毛を改善し、ムダ毛の生えない状態へと導きたいですよね。



ケノンで埋没毛になるかどうかの結論ですが、しっかり保湿ケアをしながらケノンを使用することで埋没毛は防ぐことができますよ。



ケノンの詳細&最新キャンペーン情報


ケノンのキャンペーン
ケノンのキャンペーン





 レベル10の強力照射&3連射エネルギー分散でサロン級の効果&安全性。

 余裕の全身脱毛。家族や恋人と使い回し放題。

 エステ超級の美顔器専用カートリッジ!旦那や彼の髭脱毛もOK。

 1発0.22円からの圧倒的コスパ。

 片ワキ1回18秒の超スピード脱毛。

 持ち手の重さが他社の1/5(120g)。細かい部位も自由自在。



ケノンの詳細を見てみる







ケノンの口コミ評判を見てみる


脱毛器の人気おすすめランキング&口コミ2017!家庭用光脱毛編