肌荒れせずにお手入れする3つのコツとは?イメージ


こんにちは、SAYAです。



ムダ毛を確実に処理できるフラッシュ脱毛ですが、せっかくなら肌荒れせずに行いたいですよね。



美肌を保ちながら処理するためには、気を付けたいポイントがいくつかあります。



今回は、肌荒れせずに脱毛するためのコツを3つ紹介致します。



スポンサーリンク





肌荒れせずに脱毛するコツ1.保湿ケアを徹底する

肌荒れせずにムダ毛処理する3つのコツとは?保湿イメージ


フラッシュ効果を高めるためにも、美肌を保ちながらお手入れするためにも、保湿ケアを徹底するということが大切です。



なぜ肌荒れしないために保湿ケアをするのか?



それは、フラッシュ脱毛を行うと肌が非常に乾燥するからです。



フラッシュは一瞬ではありますが、特殊な光を照射し熱を発します。



その光を受けた肌は非常に乾燥し、小さな刺激でも大きなダメージを受けやすい状態になってしまうのです。



よって、サロンでは施術後に冷却し、保湿ジェルなどを塗ってくれるところがほとんどですが、自宅に帰った後や期間中は自分で保湿ケアを行うことが必要です。



保湿ケアをしておくと、肌のバリア機能が正常に機能するので、少々刺激を受けても大丈夫な強い肌を作り上げることができます。



期間中は乾燥しやすい秋や冬だけでなく、春や夏もしっかり保湿しておくようにしましょう。



私はアトピー肌で特に乾燥には気を遣っているのですが、徹底保湿ケアをしながら手入れをしていたおかげで、つるつるな美肌を保つことができています。



もちろん保湿ケアをしなくてもフラッシュ光を当てる事はできますが、美肌を保ちながら効果的にお手入れしたい人は徹底保湿ケアをしてくださいね。



脱毛サロンの効果を短期間で最大化させる6つのコツとは?



肌荒れせずに脱毛するコツ2.紫外線予防をする

肌荒れせずにムダ毛処理する3つのコツとは?紫外線予防イメージ



フラッシュ光を当てた肌はダメージを受けやすい状態になっているので、サロンから帰宅するときはしっかり紫外線予防をすることが必要です。



UVクリームを塗って帰るということはもちろんですが、肌をなるべく出さないということも大切。



また、施術前は日焼けをしないということも大切な条件です。



日焼けをしてしまうと、効果が低くなってしまうことはもちろん、肌が紫外線の影響を受けて敏感な状態になってしまいフラッシュ光をあてることで肌荒れを起こす可能性があります。



また肌の状態が悪いとメラニンを出しやすくなるので、シミなどの原因になるというポイントも気になりますね。



施術していない期間であっても紫外線予防は美肌に欠かすことができないケアです。







肌荒れせずに脱毛するコツ3.体調のいい日に施術を受ける




肌の状態は体調に大きく左右されるので、施術を受ける日は体調を整えるようにしましょう。



予約をキャンセルしたくないという気持ちから体調の優れない日に無理に施術を受けてしまうと、皮膚や毛穴の炎症など肌トラブルを起こす原因になってしまいます。



体調が悪いと感じた日は、他の日に予約を変更するようにしましょう。



また予約をした当日に合わせて体調を整えておくということも大切です。



「前日は早めに寝て十分な睡眠をとる」「朝ごはんをしっかり食べる」など基本的な生活習慣を見直すようにしてくださいね。



“ムダ毛がない”ということだけでなく、“美肌である”ということが貴方にとってさらに自信の持てる肌になります。



気軽にサロンで施術を受けられるできる時代になりましたが、フラッシュ光は肌に少なからずダメージを与えるものだということを再認識することが大切です。



肌の状態を整えてから施術を受ける、ということが美肌を保ちながら脱毛する秘訣です。



ムダ毛が薄くなる食べ物とは?おすすめの食事メニューとは?