こんにちは、SAYAです。



女性の憧れ・触りたくなるほどのつるすべ肌、どうやって手に入れることができるのか?と日々努力している女性が多いのではないでしょうか。



つるすべ肌が手に入れば毎日化粧するのが楽しくなり、自信をもって前を向くことができますよね。



そこで今回、『つるすべ肌』を手に入れる3つの習慣について紹介します。



スポンサーリンク





つるすべ肌を手に入れる習慣1;フラッシュ脱毛をする

化粧のりバツグンのつるすべ肌を手に入れる3つの習慣まとめ!フラッシュ脱毛イメージ


メイクのりを悪くする原因は、ムダ毛の存在です。



なぜムダ毛によってメイクのりが悪くなってしまうのかというと、毛穴に毛が残ることによって肌表面に凹凸ができてしまい、ファンデーションを均等にのせることが出来ないという事と、自己処理によって肌にダメージを与えるからです。



電気シェーバーを使って顔のうぶ毛を処理する女性がほとんどですが、どうしても毛穴には毛が残ってしまうので、よく見ると黒い点々とした毛が目立ちます。



そのため毛穴を目立たせることなくムダ毛処理をするためには、毛穴の中からムダ毛を処理できるフラッシュ脱毛が最適なのです。



フラッシュ脱毛なら毛穴の中から、毛を処理できますし、施術を重ねるごとに毛を薄くすることができるので、自己処理の必要がなくなります。



カミソリや電気シェーバーを使って自己処理すると、肌に刺激を与えるだけでなく、乾燥や角質をはがす原因になってしまうのです。



頻繁に顔のうぶ毛を自己処理していると、肌への負担も積み重なるため、肌の状態が悪化するので、メイクのりも悪くなります。



肌表面の凹凸をなくして、ツヤのある肌を維持するためには、顔のうぶ毛の自己処理から解放されることが大切ですね。



顔脱毛でおすすめしたい脱毛サロンは、ディオーネです。高熱を使用しない脱毛方法で、発毛因子に作用するので、デリケートな顔の脱毛に最適です。



ディオーネの顔脱毛の効果は?おすすめできる理由を動画で!



つるすべ肌を手に入れる習慣2;たくさんの泡でこすらず洗顔する

化粧のりバツグンのつるすべ肌を手に入れる3つの習慣まとめ!泡洗顔イメージ


美肌の基本は洗顔、と言ってもいいほどですね。



つるすべ肌になる正しい洗顔方法は、たくさんの泡でこすらずに洗顔する、ということです。



顔のお肌は他の部位と比べて薄くデリケートなので、なるべくこすらない、圧をかけないということが大切です。



洗顔するときに手や指でこすったり、摩擦を与えてはいけません。出来るだけ、濃密な泡を作り、その泡をクッションにして優しく洗顔していきます。



乾燥肌で悩んでいる人は、W洗顔不要なクレンジングを使用したり、朝はお湯だけで洗顔することも意識してみてくださいね。



お肌が乾燥すると、シワができるだけでなく、老化を促進させるのでシミやたるみなども引き起こします。



最近ではほとんどの女性が知っている常識ですが、私がエステサロンで勤務していたとき、特に脂性肌の人は間違った洗顔方法を行っている人が多かったです。



洗顔一つで肌質が全く変わってしまうので、フェイシャルエステを行う前にまず洗顔指導からはじめていました。



毛穴の黒ずみや肌の乾燥、オイリー肌など、肌質による悩みを改善する洗顔料を使い分けて、負担の軽い洗顔方法がおすすめです。







つるすべ肌を手に入れる習慣3;週に一回の角質ケア

化粧のりバツグンのつるすべ肌を手に入れる3つの習慣まとめ!角質ケアイメージ


毎日きちんと洗顔していれば、特に角質ケアをする必要はありませんが、シミや毛穴の黒ずみが気になるという人は、週に1回の角質ケアを取り入れてみましょう。



不要な角質や毛穴の黒ずみがたまると、肌がザラザラして化粧のりも悪くなります。



毎日角質ケアするのはおすすめできませんが、ざらつきを感じたときにピーリングすると肌触りがよくなりますよ。



ピーリングをすると化粧水や美容液の浸透もよくなるので、続けてパックをすると効果的です。




今回は、化粧のりバツグンのつるすべ肌を手に入れるための3つの習慣を紹介しました。



3つの習慣の中で一番効果があるのはやはり顔脱毛です。なぜなら、ムダ毛がゼロになることでお肌の印象が大きく変わるからです。



顔の皮膚はデリケートなので、なるべく負担の軽い脱毛方法を選びたいですよね。先ほどディオーネのハイパースキン脱毛を紹介しましたが、脱毛サロンによってIPL脱毛やS.S.C.脱毛を採用しているところもあります。



どの脱毛方法が自分にとって高い効果を発揮するのか、また美肌効果も期待できるのか、是非体験してみてくださいね。



フラッシュ脱毛に使われる光は、フォト美顔に使われる光を含んでいるので、フェイシャルケアとしてもおすすめですよ。



スポンサーリンク