解約乗り換え




こんにちは、SAYAです。



ミュゼに通ってみて、予約が取れないなど、何らかの不満を感じている場合、解約して別のサロンを検討するのも選択肢になり得ますね。



今回、ミュゼの解約方法について詳しく紹介した後、他サロンへの乗り換えを検討する際のポイントを3つ絞ってご紹介致します。



スポンサーリンク




脱毛サロンミュゼの解約方法って?




ミュゼ解約の第一歩は、コールセンターに電話をかけて、解約したい旨を伝えます。



コールセンターでは、会員番号と解約理由を聞かれます。



そのため、あらかじめ会員番号と解約理由を控えておくことがポイント。



ミュゼのスタッフから解約理由をアレコレ聴かれる事はなく、「通うのが大変」などだいたいのもので大丈夫です。



注意しなければいけないことは、電話だけでは解約が完了しないということ。



次に、コールセンターからコース契約した店舗サロンへ電話を繋いでもらい、契約店舗からコース解約の説明を聞きます。



そして、実際に契約店舗へ出向き、解約手続きをするという流れになります。



引っ越ししたから、コース契約した店舗サロンへは遠くていけないんだけど…と思うあなたも安心して下さい。



基本的には、コース契約をした店舗サロンに行って解約をする必要がありますが、コールセンターでコース解約する旨を伝えるときに、契約店舗サロンへ行くのは難しいことを伝えると、最寄りの他の店舗サロンを紹介してもらえたり、何かしらの代替え提案をしてもらえます。



ミュゼの契約書を紛失していても大丈夫?




ミュゼの契約時には、必ず契約書をもらいますが、解約時、それが必要になります。



契約書を紛失してしまった場合、コールセンターに電話をかけた際、そのことを伝えておけば、問題なくコース解約できますので、ご安心下さい。



サロンに行ってから伝えると、スムーズにいかないので、必ずコールセンターに電話をかけた時にコース契約書紛失の旨は伝えておきましょう!



ミュゼの解約時に返金してもらえる?




脱毛サロンミュゼコース解約時に一番気になるのは、返金のことではないでしょうか?



脱毛サロンミュゼでは回数契約していると、ミュゼコース解約時に残っている脱毛施術回数をすべて返金してもらえます。



ただし、最後にミュゼで脱毛施術を受けてから1年以上経っている場合は、返金対象外になります。



施術を受ければ、またそこから1年以上経てば…ということなので、コース解約したい時に最後の施術から1年以上経っているのであれば、もう1度施術を受けるのもいいかもしれませんね。



そして動画にもあるように、会員サイトを見ると1年間で使える回数が表示してあって、年が変わるとその回数が無効になると不安になるかもしれませんが、その心配はありませんのでご安心下さい。







注意したいのは、ミュゼコース解約時の店舗サロンで即日返金されないこと。



コース解約から、1ヶ月ぐらい先に振り込みで返金されることになります。



そのため、残り回数がある場合は、契約店舗サロンへ行く際に、返金振り込み用の口座番号が必要です。



忘れたとしても、後からネットを通してでも返金手続きができるので安心です。



また、美容脱毛完了コースを契約している場合は、コース契約から1年以内であれば、支払った額を返金してもらえるようです。



多くの脱毛サロンが途中解約した場合、返金されないのに対し、ミュゼでは途中解約でもほぼ返金されます。



これって、とてもお得ですよね。



特に全身脱毛をしようとした場合、全身終えるまでにはある程度の金額がかかりますが、安心してチャレンジできますよね。ミュゼでは他サロンに比べてかなりお得な値段で全身脱毛が出来ますよ。



⇒ミュゼの料金表まとめ!全身脱毛コースの値段と回数を比較!



スポンサーリンク




さて次に、ミュゼを解約して、別のサロンに乗り換える場合の知っておくべきチェックポイントについて、3つご紹介しましょう。



ミュゼを解約して乗り換える時のチェックポイント1 乗り換え割サービスがあるかどうか




脱毛サロンの中にはサロンを乗り換えする人だけに適応される「乗り換え割」というサービスがあります。



これは新規のお客さんも、既に利用しているお客さんも利用することができない特別なサービスなので、サロンを乗り換えようとしている人は是非利用してほしいサービスです。



ちなみに、ミュゼにはこのようなサービスはないようですね。(記事執筆当時)



ミュゼを解約して乗り換える時のチェックポイント2 ミュゼの脱毛範囲との違い


脱毛範囲の違い




脱毛サロンによって脱毛箇所の範囲が違う可能性があります。



例えば、Aではひざ下脱毛にひざが含まれていたけど、乗り換えたBでは含まれていなかった、などです。




せっかくいいサービスを受けようとサロンを乗り換えしたのに、脱毛範囲が変ったら意味がないですよね。



サロンを乗り換えするときには、カウンセリングではっきり「ミュゼから乗り換えしたい」ということを伝えておきましょう。



そして脱毛範囲について尋ねると詳しく教えてもらうことができます。



ライバル店に通っていたということを知られると相手に悪いのではないか、という気持ちになって隠してしまう人もいますが、乗り換えしようとしているサロンとしては包み隠さずに伝えておいてもらう方がサービスをしやすいのです。



脱毛範囲についても相談に乗りやすいので、まわりくどく尋ねるのではなくストレートに聞いてみてくださいね。



ミュゼを解約して乗り換える時のチェックポイント3 料金ではなくサービス内容で判断する


お金ではなくサービス内容




ミュゼを解約して、他サロンに乗り換える場合、料金ではなく譲れないサービス内容を一番に考えてサロン選びをして欲しいと思います。



料金を優先してサロンを選んで満足できなかった場合、譲れないサービスの良し悪しを優先して選ぶことでミュゼから乗り換えた後の満足度を高めることができるのです。



料金が安いことは魅力ですが、いろいろな経費を削っているということを理解してサロンの乗り換えをしてほしいと思います。



sponsored link