高校生の脱毛は当たり前?親が心がける3つのこと!イメージ



こんにちは、あかねです。



私がミュゼを訪れたとき、カウンセリングに来ていた親子を見かけたことがあります。



娘さんは高校生くらいでしょうか、脱毛の低料金化で未成年でも気軽に脱毛できるようになりましたね。



しかしいざ自分の子供が脱毛したいと言ってきたら、どう対応すればいいのか悩んでしまうのではないでしょうか。



そこで今回は、高校生が脱毛サロンに通うメリットと、子供に脱毛したいと言われたときの親の心がけについて解説していきます。



なぜ高校生の脱毛にミュゼがおすすめなの?



ムダ毛が気になり出すのは何歳くらい?

高校生の脱毛について!親が心がける3点とは?悩みに早いも遅いもない!イメージ


ムダ毛が濃くなる時期はホルモンバランスが変化する高校生の時期だと言われています。



もちろん中学生の頃からムダ毛にコンプレックスを抱えている女の子はいると思いますが、まわりを自分の比較対象としてみはじめるのが高校生くらいからです。



そのためムダ毛の自己処理もはじめますし、メイクやファッションなど、身なりを整え始めるのです。



そんなとき脱毛という選択肢があれば、どれだけ子供の悩みを軽くすることができるでしょうか。



「学生のうちは脱毛なんて早い」という意見もありますが、子供の立場で言わせてもらうなら、自分のその年頃の悩みを思い出せば、「学生だからまだ早い」とは言えないはずです。






では、高校生のうちに脱毛をはじめるメリットとはどのようなものでしょうか?



高校生のうちに脱毛をはじめるメリットは?




大人になってからではなく、高校生のうちに脱毛をはじめるメリットを紹介します。



メリット1.ムダ毛の悩みが深刻化しない




ムダ毛はカミソリで剃ると、断面図が大きくなるのでより目立ちます。また自己処理を繰り返すと、ムダ毛自体が濃くなる硬毛化という現象が起こります。



ムダ毛を自己処理する事でムダ毛の悩みを深刻化させることになるので、高校生のうちに脱毛を開始することで、ムダ毛の悩みの深刻かを食い止めることができます。



メリット2.色素沈着など肌トラブルが悪化しない




カミソリや電気シェーバーを使ってムダ毛処理していると、刃の摩擦や乾燥によって肌が色素沈着を起こして黒ずみます。



特にワキやデリケートゾーンが黒ずみやすく、コンプレックスに感じている女性は多いのが現実です。



色素沈着を起こさないためには、カミソリや電気シェーバーによる自己処理をしないこと。しかしそれはムダ毛が生えている場合、不可能に近いですよね。



一つだけそれを叶えてくれるのが、脱毛するということなのです。



メリット3.自己処理にかかる時間の短縮




両ワキの自己処理にかかる時間が3分ほどだとして、1週間に1回の自己処理を一生繰り返すと、どれほどの時間をシェービングにかけるのでしょうか。



高校生のうちに脱毛しておけば、ムダ毛の自己処理にかかる時間を短縮することができ、その時間をもっと他のことに使うことができますよね。



自分の子供が脱毛に興味を持ったときの親の心がけとは?




現代の高校生はオシャレに敏感ですし、まわりの友達と自分を比べがちです。



そんな環境の中で、自分の子供が脱毛に興味を持ったとき、どのような対応をすればいいのでしょうか。



ムダ毛の悩みを共有する




まずムダ毛の悩みをお子さんと共有することが必要です。脱毛したいと告白されて、頭から否定してはいけません。



多感な時期を過ごしている子供は、自分の意見を否定されると、諦めて他の方法を模索します。



どうしても自分の親が許してくれないからと、よその親のサインを持っていって、親に隠れて脱毛をするケースもあるようです。



いくら「ダメ」と言ったって、時代の流れには逆らえないし、どうしてもやりたければやるのが子供です。



それならムダ毛の悩みを共有して、高校生でも安心して脱毛ができるサロンを一緒に探してあげた方がずっと良いはずです。



そのような対応をされた娘さんはきっと大人になって昔を振り返ったときにお母さんに感謝の気持ちを抱くようになるでしょう。





子供だけで心配なら一緒にサロンに通う




どうしても子供だけで脱毛サロンに行かせることに不安を感じるのであれば、お母さんである貴方も一緒にサロンに通えばいいのです。



脱毛に興味がなくても、フォトフェイシャルをしている脱毛サロンもありますし、顔脱毛は少なからずフォトフェイシャルの効果を含んでいるので、アンチエイジングとしてエステを受けることができます。



こんなときは、女性同士の親子関係というメリットを最大限生かすときではないでしょうか。



高校生の脱毛について!親が心がける3点とは?親も積極的に脱毛について学ぶべき!イメージ


未成年者の場合でも、ほとんどの脱毛サロンは、親の同意書さえあれば脱毛が可能です。



けれど個人的な意見としては、カウンセリングに同行して、大切な娘さんを任せるサロンについて詳しく学んで欲しいのです。




そうすれば娘さんと同じ物事を共有することができ、より身近に感じることができますよね。



高校生には部分脱毛か全身脱毛、どちらがおすすめか?




高校生は全身脱毛よりも部分脱毛の方が気軽にはじめやすい、という意見もありますが、そんなことはありません。



もちろん部分脱毛の方が料金は安くなりますが、学割制度を採用している脱毛サロンが多いので、お得に全身脱毛できる可能性が高くなります。



学割をしている脱毛サロンは、キレイモや銀座カラーなどですね。



もちろんワキやヒザ下など人気の高い部位から脱毛をはじめるのもおすすめです。




全身脱毛となると、総額でかなりの費用が必要になりますし、いくつかの部位の脱毛で済ませることができるなら部分脱毛がおすすめです。



高校生に人気の脱毛部位・両ワキとVラインを格安で脱毛するなら、ミュゼプラチナムがおすすめ。




なぜならば、初心者に対して親切・親身に対応してくれるだけでなく、脱毛完了まで両ワキとVライン合わせても100円で済むからです。



お金のない高校生でも100円なら気軽にはじめることができるでしょうし、親としても安心ですよね。



家庭用脱毛器を使うという選択肢もある




高校生のムダ毛の悩みを解消する方法として、脱毛サロンに通うというだけでなく、家庭用脱毛器を使用するという方法もあります。



私の友人は、家庭用脱毛器・ケノンを購入して親子で使っています。脱毛サロンを利用するよりも家庭用脱毛器を使った方が恥ずかしさを感じなくて済むから、というのがその理由だそうです。



家庭用脱毛器は、このような恥ずかしさや、近くに脱毛サロンがない地域にお住まいの方にとっては、画期的なアイテムですね。最近では機能面、費用対効果、お客さんの支持において、ケノンがダントツ人気です。



家庭用脱毛器をお探しの方は、元エステティシャンのSAYAさんがまとめたこちらのランキング記事が参考になりますよ。



家庭用脱毛器ランキング!



家庭用脱毛器を選ぶ際の4つのポイント、についてまとめた記事がこちらです。



家庭用脱毛器の選び方!4つのポイントとその理由とは?



エステ脱毛はより身近に、より気軽な存在になっています。ムダ毛の悩みを根本から解消する方法として提案してあげてはどうでしょうか?



おすすめの関連記事



⇒高校生向け脱毛サロンのおすすめはミュゼ!自己処理の注意点は?



⇒ミュゼは中学生の脱毛OK?施術プランと条件まとめ!




おすすめの関連動画