TBCの顔脱毛施術の直後に化粧したイメージ
顔脱毛後に化粧をした女性のイメージ




こんにちは、あゆみです。



サロンで顔脱毛した後、人と会わなければならないケースがあった時、施術直後のタイミングでメイクをしてもいいのでしょうか?



今回、私の失敗談となりますが、TBCの顔脱毛の直後に化粧をしてしまった時の様子について、細かくレポートさせていただきます。



ひどいことになってしまったので、ぜひこれを読んでいるあなたには、同じ失敗をしないよう願っております。



スポンサーリンク




脱毛後に化粧をしてもいいの?




脱毛後のお肌はデリケートな状態なので、できれば化粧をしない方がいいです。



しかし、薄化粧ならOKとしているサロンがほとんどです。




TBCの顔脱毛の直後に化粧をした失敗談とは?

顔脱毛の施術後の化粧は控えるイメージ




私は元々敏感肌なので、施術後の化粧はまずいかなと思ったのですが、その後に友人と会う約束をしていたので、キッチリ化粧をしていこうという思いが強かったのです。



TBCにはパウダールームがないので、施術が終わった後、ビル内にあるお化粧室でメイクを開始しました。



化粧下地を塗った段階でお肌がヒリヒリと痛かったのですが、重ねてファンデーションを塗ってしまいました。



さらにそこに汗が混じると、ヒリヒリという痛みと痒みが発生しました。



炎症などは起きなかったのでよかったですが、顔脱毛した後は化粧をしない方がいい理由がそこで分かりました。



メイクの成分はお肌にとって異物でしかありません。



施術後の敏感な状態には少し負担をかける行為
だった、と反省しました。



それからは顔脱毛の後に化粧をしないようになりました。



マスクやメガネで隠して、なるべくすっぴんがばれないように。



施術後、自宅に真っ直ぐ帰るように、お友達と食事の約束もしなくなりました。



顔脱毛する『前』は化粧をして行ってもいいの?




通常顔脱毛のときは化粧をしていっても、していかなくてもどちらでも良いです。



化粧をしないと外に出たくないという人も多いので、無理してノーメイクで行く必要はありません。



しかし私としては、化粧をしていかないノーメイクの方が良いと考えます。



目のまわりの脱毛は出来ない脱毛サロンがほとんどなので、マスカラやアイシャドウなどアイメイクは関係ないですが、化粧下地やファンデーションは塗らない方が良いでしょう。



顔脱毛前に化粧をしない方が良い理由1.脱毛効果が弱くなる




化粧下地やファンデーションを塗ると、肌の表面だけでなく、毛穴にまでメイクの粒子がしっかり入り込みます。



そのため化粧落としシートを使ってメイクを落としたとしても、毛穴に詰まったファンデーションまで落とし切ることができないのです。



IPL方式のフラッシュ脱毛はメラニンに反応する特殊な光を照射して、毛根にダメージを与えていくので、毛穴にファンデーションが詰まっていると毛のメラニン色素に反応しにくくなります。



顔の産毛は元々色素が薄いので反応しにくいですが、毛穴にファンデーションが詰まった状態だと余計反応しにくいという事になるのです。



そのため脱毛効果が弱くなってしまい、脱毛完了までに回数がかかってしまいます。



またジェルと光の相乗効果によって脱毛していくS.S.C.方式の脱毛も、毛穴にファンデーションが詰まっていると、ジェルの入り込む隙間がなくなり、脱毛効果が低くなってしまいます。



どちらにしても毛穴を通じて脱毛効果を与えるフラッシュ脱毛は、ファンデーションなどのメイクの粒子が毛穴に詰まっていると、脱毛効果が低くなってしまうため、効率が悪いと言えるでしょう。



脱毛前には保湿クリームや日焼け止めクリームを塗ってはいけないとカウンセリングでも言われるように、化粧品の細かい粒子が毛穴に入り込むと取り除くことが難しくなってしまうので、顔脱毛の前は化粧をしない方が良いのです。



顔脱毛前に化粧をしない方が良い理由2. 火傷を起こす可能性がある




毛穴にファンデーションなどメイクの粒子が詰まった状態でフラッシュ脱毛をすると、熱エネルギーがメイクの粒子に反応してしまい、火傷を起こす可能性があります。



エステサロンでクレンジングまでしてくれるのであれば、毛穴の奥までメイクを落とすことができますが、化粧落としシートだとすべてのメイクを落とすのは難しいでしょう。



火傷などの肌トラブルを起こさないためにも、毛穴の詰まりの原因となる化粧はやめておくと安心です。



顔脱毛前に化粧をしない方が良い理由3.化粧落としシートが刺激になる




化粧落としシートは、シートに染み込ませた薬剤によってメイクを落とすので、顔全体をこすらなければいけません。



そのこするという行為が肌への刺激となるので、肌が弱い人は赤みが出るなど肌トラブルを起こす可能性があります。



脱毛サロンが用意している化粧落としシートが、必ず肌トラブルを起こさないという訳でもありません。



また顔脱毛する直前に肌トラブルを起こすと、脱毛自体できない可能性もありますし、部分的に脱毛できない可能性もあります。



そのため敏感肌の人や乾燥肌、アトピー肌の人は、なるべく化粧をせずに来店すると、そのまま顔脱毛することができるので安心です。



顔脱毛の時はどのように化粧を落とすの?




顔脱毛のときに化粧をしていくと、脱毛前に化粧を落とさなければいけません。



脱毛サロンによって洗面台がない場合もあるので、どのように化粧を落とすのか異なります。



顔脱毛前に化粧を落とす方法1.メイク落としシートを使う




一般的な脱毛サロンでは、顔脱毛前にメイク落としシートを使って化粧を落とします。



メイク落としシートは脱毛サロン側で準備してくれていることがほとんどですが、自分で用意しないといけない可能性もあるので、カウンセリング時にしっかり確認しておきましょう。



着替えをすると同時に化粧落としシートを使って、メイクを落としていきます。



肌が強い人は問題ありませんが、化粧品によって肌荒れを起こしやすい人は、自分の肌に合った化粧落としシートを持参していくのが安心です。



また肌をゴシゴシとこすらずに、肌に馴染ませながら優しくメイクオフしていきましょう。



顔脱毛前に化粧を落とす方法2.脱毛サロンでクレンジングをしてくれる




フェイシャルエステも行っているエステサロンでは、フェイシャルエステの施術ベッドに横になってクレンジングしてくれるところもあります。



フェイシャルエステのクレンジングと同じように、クレンジングと洗顔を合わせてしてもらうことができるので、毛穴の中までしっかりメイクを落とすことができます。



肌に優しく、脱毛前にきれいにメイクを落とすことができるので、とても安心して顔脱毛をすることができます。



その分料金が高くなってしまいますが、肌にとっては負担がなく顔脱毛できるでしょう。



しかしクレンジングまでしてくれる脱毛サロンやエステサロンは非常に少なく、脱毛専門サロンは基本的に自分で化粧を落とさなければいけないと考えておきましょう。







顔脱毛と美肌の関係は?

TBCの顔脱毛はエステ効果が高いイメージ




顔脱毛には抑毛効果だけでなく、美肌効果もあるということは有名ですよね。



施術部位にあてる光には、フォトフェイシャルと同じということから、コラーゲン生成を促進し、美肌効果が期待できます。



実際、私も、施術が終わった後、お肌がモチモチすべすべになりました。



そしてこの効果は(肌の質感)は、1週間くらい持続していました。



肝心の効果に関しては、顔脱回目では全く分かりませんでした・・・。特に顔のようなうぶ毛は効果を実感できるまでに回数が必要になるそうなので、根気よく続けたいと思いました。



TBCのスッタフさんの話によると、今ではフェイシャルエステよりも顔脱毛の方が、人気が高いそうです。



何故かと言うと、ムダ毛が生えなくなる効果はもちろん、フェイシャルエステにも負けないエステ効果を実感できるからだそうです。



TBCの顔脱毛では、フェイスエステ並みのジェルを使用していますし、光を照射することで細胞が活性化されるのです。



フェイシャルエステと同じくらいの料金で、ムダ毛が生えにくくなるだけでなく、美肌になれるのはとても嬉しいですね。



TBCの顔脱毛1回目の口コミ体験談!美肌効果と痛みについて!


TBC顔脱毛の口コミや効果は?2回の体験談まとめ!