自宅でのムダ毛の自己処理、どうしていますか?



一般的には、比較的ムダ毛が薄いところはカミソリや除毛クリームで処理したり、腋毛など毛が太めで生えやすいところは毛抜きで抜いて自己処理するケースが多いですね。



しかし、調べてみると毛を抜くのは皮膚への負担などがあり、あまりいい方法じゃないみたい。。。




そこで今日は、毛を抜いたらどうなるのか?生えなくなるのか太くなるのか・・・どういう影響・効果・危険性があるかについて詳しくご紹介します。



スポンサーリンク




毛を抜くと濃くなる・太くなるはホント?


毛を抜くと生えなくなる?それとも太くなる?太くなるってホント?イメージ





自己処理で「毛を抜いたり剃ったりすると、毛深くなるよ!」という口コミを聞いたことがある人も多いかと思いますが、実はこの口コミには医学的な根拠はありません。




むしろ「毛乳頭」にどんどんダメージが与えられるので、抜けば抜くほど細くなったり薄くなる効果が出るケースもあります。



最初は抜くと痛かったのに、何度も抜いていたらするっと抜けるようになる効果は、そういった理由のためなんです。



私達に生えている毛は、大きく2つの部分に分けることが出来ますね。



毛の組織図のイメージ
(画像引用;www.b2c.co.jp)




皮膚から上の部分を「毛幹」、皮膚から下の部分を「毛根」といい、毛根の先端に「毛乳頭」があり、その部分が毛細血管から毛に栄養を与えて育てている仕組みです。



毛抜きで毛を抜くと、その「毛乳頭」にダメージが与えられるので、次の毛が生えにくくなったり、生えてきても薄くなったりする効果が出るケースがあるわけです。



しかし気をつけなければいけないのは、毛抜きで毛を抜くことで毛が濃くなる可能性もあるということです。



この現象を硬毛化と言います。



毛根への刺激によって毛が濃くなってしまうのですが、それまで産毛だった毛がいきなり濃くなってしまったというのはこの現象です。



科学的にはっきりされていませんが、体質によっては毛を抜くことで、むしろムダ毛が太くなってしまう効果があるのです。



なお、カミソリでムダ毛を剃った場合、毛の根元のほうが太く、その分断面が広くなるため、濃く・太く見えるのですが、本当に太くなっているわけではありません。



⇒ シェービングで毛は濃くなる?女性向け・プロの剃り方とは?



毛を抜くとどうなる?なぜ抜いてはいけないのか?




ムダ毛を抜いて生えにくくなるのであれば、「カミソリで剃るよりも抜いたほうが良いのでは?!」って思うかもしれません。



広い範囲は、痛いけれどテープとかワックスとかの方法もあるし、良い処理方法な気もします。



しかし、基本的に、毛を抜くというムダ毛の処理方法は良くありません。



ムダ毛処理の中でも一番してはいけない方法が、毛を抜くことだと言ってもいいくらいでしょう。



なぜなら、毛を無理やり抜くことで毛穴に大きな負担がかかり、炎症を起こすことがあるからです。また、その炎症がおさまる過程で色素沈着を起こし毛穴が黒ずむ可能性があるからです。



また根元からしっかり毛を抜くことができず、途中で切れてしまうと埋没毛と呼ばれるトラブルになりやすくなります。



それ以外にも、乾燥肌、たるみ、吹き出物といった色々なトラブルが発生するリスクが高まります。



無理な自己処理は、肌にとって良い事がありませんね。



特にVIO部分など太くて強い毛は強く引っ張って抜いてしまうと跡が残りやすいので気を付けましょう。脱毛サロンの施術ならば、デリケートゾーンも跡が残らずきれいに処理できますよ。



⇒VIO脱毛体験in脱毛ラボ!剛毛OK!パンツなしで恥ずかしい?



『毛を抜いてはいけない理由』について、さらに詳しくみていきましょう。



毛を抜いてはダメな理由1~毛嚢炎(もうのうえん)の原因になるから!


毛を抜いた時のトラブル(毛嚢炎)のイメージ
(画像引用;xn--n8j270pzpcdwx.com)




毛を抜くと、毛穴に菌が入ってニキビのようになったり、膿が溜まってしまう「毛嚢炎」になりやすくなります。



特に脇毛や女性の場合ビキニラインなどは元々の毛が他より太く、体の中でも汗をかきやすい部位でもあるので特に危険なんです。



「毛嚢炎」はひどい状態になってしまうと、皮膚を切開して膿を出すという手術になってしまうこともあるという怖い病気。



最悪、跡が残ってしまう可能性があるため、女性は特に十分な注意が必要です。




毛を抜いてはダメな理由2~脱毛サロンでお手入れする時に効果が出なくなるから!




ミュゼなどのサロンでしっかりと手入れしたいと思っている場合、とりわけ、ムダ毛を抜いて自己処理する事はNGです。



なぜなら、サロンでは毛根にある毛乳頭にダメージを与えていく光を照射する一方、自己処理で毛を抜いてしまうと、毛周期の乱れや肌の色素新着・硬化等によって本来の脱毛効果が得られない可能性があるからです。



無理な自己処理が原因で、何度サロンに行っても効果がない!なんてことになる可能性も…。さらに、毛周期も乱れてしまうので、毛がバラバラなタイミングで生えてきてしまいかねません。



それぞれの毛には退行期と休止期という施術しても効果がない時期があるのですが、毛の生える時期がずれてサロンに行ったタイミングが休止期に重なることが多くなると、通常よりも多い回数通わないと効果が出なくなることもあるんです。




このことを知ってから私はムダ毛を毛抜きで抜くのをやめ、自宅ではカミソリで剃る自己処理しかしていません。



なお、初めてサロンに行くとしたら、ミュゼをおすすめします。



なぜなら、ミュゼならキャンペーンを活用することで、初回に数百円から数千円支払えば(その時のキャンペーンによります)、以降追加料金なしで、以下のメリットが得られるからです。



  • ムダ毛の悩みを根本から解決できる

  • 肌や毛穴のトラブルを防ぐことができる

  • 煩わしい自己処理から解放される





  • ミュゼの脱毛効果の実際の声を、施術回数別に、以下の記事で詳しくまとめていますので、無理な自己処理をどうして良いか分からず悩んでいる場合は、ぜひ、チェックしてみて下さい。



    ミュゼの口コミで実際の効果をチェック



    すね毛のおすすめ脱毛方法!




    一般的に、すね毛を抜くケースは多いですが、埋没毛やもうのう炎など、様々なトラブルの可能性があり、別の方法に切り替えた方が得策ですね。



    もし、あなたに数万円の予算を捻出できるのであれば、すね毛の自己処理には家庭用脱毛器のケノンがおすすめです。



    すね毛は脇毛や背中の毛などと違って、目視しながら無理のない姿勢で脱毛出来る部位であるため、セルフサービスであってもストレスを感じずに簡単に続ける事が出来まるからです。



    もちろん、ケノンはすね毛だけでなく全身にも使用出来ますし、自宅で処理出来るので時間がない方も使いやすいです。



    また、ケノンは美顔器としても使う事ができるため、費用の面でもコスパが高いといえます。



    スポンサーリンク