デリケートゾーンの黒ずみの原因と対策は?デリケートゾーンに自信を持ちたいメージ




こんにちは、SAYAです。



大人っぽい下着やかわいい水着を着るときに、どうしてもデリケートゾーンのムダ毛が気になるのではないでしょうか。



手軽に自己処理する方法として、多くの女性が行っているカミソリや電気シェーバーを使用してムダ毛を剃るという方法があります。



しかし、長い期間、自己処理を続けていると、毛の生える範囲が広くなってしまうだけでなく、敏感なデリケートゾーンの肌が緊張し自己防衛しようとするため、黒ずみが発生してしまうのです。



そして、一度黒ずんでしまうと、ミュゼや脱毛ラボに代表される光脱毛のサロンに通う場合、1回あたりの施術効果が薄れてしまうため、それだけ回数が増えて料金がかさむため、できる限り黒ずみにならないよう意識をしてく事が大切です。




とは言えども、急に水着を着る必要が出てくる場合や、vio脱毛の前日など、デリケートゾーンを自己処理しなければならないタイミングもありますね。そういう場合は、なるべく負担のかからない正しい自己処理方法を行うのがいいですね。



私が実際にエステティシャンとして働いていたときに、お客様にアドバイスしていた内容を、こちらの記事で詳しくまとめましたので、ご参考ください。



vio脱毛の自己処理方法は?デリケートゾーンの事前処理のやり方!



黒ずむ前にvio脱毛することがベストではありますが、今日は、デリケートゾーンの黒ずみの原因と対策についてまとめた上で、黒ずんでしまった人の脱毛効果への影響や、黒ずみがあっても効果的な脱毛を行ってくれるサロンを具体的に紹介します。



vラインの黒ずみに良いクリームはニベア!効果的活用法まとめ!



スポンサーリンク





デリケートゾーンの黒ずみの原因と対策は?

肌の黒ずみをなんとかしたいイメージ




デリケートゾーンの悩みで自分ではなかなか解決することができないのが、肌の黒ずみではないでしょうか。



デリケートゾーンの黒ずみの原因は、自己処理による摩擦・乾燥・トイレットペーパーによる摩擦・下着による擦れなどです。



実際にどのように対策をしていけばいいのでしょうか?詳しく見ていきましょう。



デリケートゾーンの黒ずみ予防策1 ムダ毛処理を控える




デリケートゾーンの自己処理を控えることをおすすめします。なぜなら、カミソリなどで毛を処理すると摩擦によって色素沈着を起こして黒ずんでしまうからです。



どうしても自己処理をしないといけない時は、ハサミでカットする・電気シェーバーを使用して肌を摩擦しないということを心がけてください。



デリケートゾーンの黒ずみ予防策2 保湿ケアをする




色素沈着を防いで改善するためには、保湿ケアも効果的です。



ムダ毛処理をした後だけでなく、お風呂あがりなど一日一回は保湿クリームを塗るなど保湿ケアをしてくださいね。



レーザー脱毛は光脱毛と違って効果は高いですが、脱毛料金も相応に高くなります。



その中でも自己処理による摩擦・乾燥は、脱毛することによって防ぐことができるので、黒ずみになってしまう前に脱毛をしてほしいです。



またトイレットペーパーによる摩擦や下着による擦れは毎日の生活の中で気を付けてください。



肌の黒ずみは気が付いたときには、既に自分ではどうすることもできない状態になっていることがほとんどです。



vioの黒ずみは脱毛効果に影響するの?

デリケートゾーンが黒ずむ前に脱毛した女性イメージ





デリケートゾーンが黒ずんでしまってからでは、脱毛効果にも影響があるので、黒ずむ前に脱毛を始めることが一番です。



フラッシュ脱毛をするときは、太い毛ほどメラニンが濃いのでそこに特殊な光を集中させて強い熱を発することができますが、周りの肌が黒いと毛に集中して熱を与えることができず、脱毛効果が弱くなってしまいます。



日焼けをしていたり、地黒の人は脱毛効果が弱くなってしまうのと同じように、デリケートゾーンが黒ずんでしまっているとvio脱毛をしても脱毛効果が弱くなり、脱毛施術に対する納得感が得られるまで時間がかかってしまいます。



このような理由から、デリケートゾーンが黒ずんでしまう前に脱毛を開始してほしいと思います。



では、既に黒ずんでしまった人は、効果のあるvio脱毛ができないのでしょうか?



結論からいいますと、ディオーネという脱毛サロンであれば、デリケートゾーンが黒ずんでいても効果的なvio脱毛が可能であり、さらに黒ずみが改善される可能性があります。



そもそもの脱毛方式がミュゼや脱毛ラボとは異なるため、特に、Iラインの黒ずみが気になる場合、ディオーネを候補の1つに入れても良いかもしれませんね。







vio脱毛のメリットは?





まず一つ目のメリットは、なんといっても自己処理の必要がなくなるということです。特に、おしゃれな水着を着るときの自己処理は大変ですよね。



二つ目のメリットは、生理のときの不快感がなくなり、清潔に保つことができるということです。



デリケートゾーンに毛が生えていると、生理時だけでなく普段から蒸れることが多くなり、そのために様々な菌が繁殖しやすくなり、ニオイも気になります。



vio脱毛することで、菌の繁殖を防ぐことができ、常に清潔に保つことができるのですよ。



どうやってvio脱毛するの?恥ずかしくないの?と疑問に思われる方も多いと思いますので、脱毛ラボでの体験談を参考にしてみて下さい。スタッフさんは慣れているので意外とあまり気になりませんよ。



⇒VIO脱毛体験in脱毛ラボ!剛毛OK!パンツなしで恥ずかしい?



スポンサーリンク




vio脱毛が終わる回数は?




一般的に、デリケートゾーンの脱毛が終わるまでにかかる回数は、12から18回ほど見ておくといいでしょう。



毛の周期に合わせて2か月に1回施術を受けると、最短で脱毛を終えることができます。



脱毛期間があいてしまうと、元の毛の状態に戻りやすく、かかる時間も費用もその分増えてしまうので、vio脱毛すると決めたらやり通すことが大切。




vio脱毛はディオーネがオススメですが、費用面で折り合わない部分もあるかもしれません。であれば、やはり、比較的安価で口コミでも実際に脱毛効果に期待が持てるミュゼがお勧めです。



ご興味があれば、一度ミュゼのハイジニーナ脱毛の効果についてまとめた以下の口コミ情報が1つの参考情報になるかもしれません。



ミュゼのハイジニーナ脱毛の効果は?口コミまとめ!



ちなみに、脱毛サロンで脱毛をしても効果が感じづらいケースもあります。脱毛方法があっていなかったり、回数が足りていなかったり、色々な原因が考えられます。
以下の記事で対処法と一緒にまとめていますので、合わせて参考にしてみてくださいね。



⇒iライン脱毛しても毛が抜けない?効果が出ない4つの原因と対処法は?



ミュゼでデリケートゾーンの黒ずみも解消できるの?




ミュゼでVラインを処理している方で、施術を受けるたびに肌がキレイになっているのを実感している方がいますね。



ミュゼで黒ずみが改善した人の口コミもみておきましょう。






ミュゼの脱毛方法は光脱毛で、ジェルを塗った上からライトを当てるのですが、その光はメラニンに反応する波長を持っています。



シミを取り除くフォトフェイシャルエステと同じ原理。



そのため、ミュゼでデリケートゾーンの脱毛処理を繰り返していくと、黒ずみを改善していくことができるのです。



しかもミュゼでは美肌効果のあるジェルを塗り、仕上げのトリートメントにはプラセンタエキス配合のミルクローションを使用します。



その相乗効果で黒ずみが解消されると考えられます。



ミュゼでは黒ずみが酷いと脱毛できないの?




ミュゼで黒ずみが解消されるのか?という疑問と同時に、ミュゼでは黒ずみが酷いと脱毛できないの?という不安がありますね。



答えから言うと、ミュゼでは黒ずみが酷いと脱毛できません。



それはカウンセリングへ行くとわかるのですが、カウンセリングの際、答えるアンケートに日焼けや黒ずみがひどいと答えると契約できないようになっているのです。



日焼けや黒ずみは色素が沈着していて、メラニンに反応する波長を持つライトをあてると火傷の恐れがあるためです。



ミュゼに通うためには、まずは、酷すぎる黒ずみを解決する必要がありますね。