ミュゼ自己処理剃り残しの対応は?イメージ




こんにちは、SAYAです。



脱毛サロンに行く前には、脱毛する部位をシェービングするなど、事前処理が必要になります。


この事前処理はサロンによって、シェービング代を取られたり、スタッフが無料で剃ってくれたり・・・サービスに対する対応が異なるもの。



特にミュゼの場合、15年4月1日から一部のシェービングサービスが廃止となりました。



しかし、背中や襟足、腰のような自己処理が難しい部位については、自分でどう処理していいのか不安です。



そこで今回、ミュゼのシェービングサービス廃止の話と絡めながら、背中や襟足など自己処理が難しい部位に剃り残しがあった場合にどうなるのか詳しくご紹介します。




ミュゼの公式サイトも併せてチェック



ミュゼは脱毛前の事前処理が必要!剃り残しの対応は?





ミュゼでは基本的には事前の毛処理が必要。



剃り忘れや剃り残しがあるなどで、長いムダ毛が残っていると、剃り残しのある箇所を避けて施術を行う対応か、お手入れ自体を断られてしまう可能性もあるのです。



この内容は、シェービングが廃止になった際のアナウンスとして、次のように詳しく記載されています。



ミュゼのシェービング廃止のアナウンス
(引用画像;ミュゼ公式HP)




では実際にどうなのかというと、以下にまとめたミュゼのシェービングに対する声でもわかるとおり、断わられてしまうケースもありますね。






私のミュゼ体験談ですが、以前、当日になって自己処理をしていないことに気が付き、駅のトイレの中で急いでシェービングした事があります。



落ち着いてムダ毛を剃ることができなかったので、剃り残しがたくさんあったと思うのですが、その時でさえもミュゼのスタッフの方は優しい対応でシェービングをしてくれました。



しかし、現在はこのような対応はしてもらえませんので、忘れずに前日までにしっかり自己処理をしておきたいところです。



ミュゼではなぜシェービングサービスが変更になったの?




ミュゼのシェービングサービスが変更になった理由として、「お手入れ予約の混雑緩和」となっています。




ミュゼは高速脱毛器を導入し、施術時間を半分にしていますので、以前と比較すると、だいぶ予約を取りやすくなりました。



しかし、シェービングサービス変更前に契約した人からは、以下のような不満の声も。。。







一方、脱毛ラボなど、別のサロンでは、別途シェービング代が発生するものの、その分キッチリ処理をしてくれるところもあります。



とくにラボの場合、超破格のキャンペーンを展開していて、1年全身で通っても、1万円ちょっとで済んでしまうケースもあります(記事執筆当時。11か月全身脱毛無料+それ以降月額約1990円という破格キャンペーン)。



こういったキャンペーンをうまく利用すると、シェービング代を差し引いても、ミュゼよりも圧倒的にコスパ高く全身の手入れが可能です。



このように、シェービングはプロにまかせてしまうのも一つの手。



剃り残しの不安を無くし、スッキリ気持ちよく通うことを考えるなら、費用や期間も含め、脱毛ラボのほうがミュゼよりもオススメです。




シェービングについて2chの口コミ




脱毛ラボの詳細を見てみる



ミュゼの全身脱毛の自己処理はどこまで?襟足や背中のシェービング代はかかるの?




自己処理が基本とはいえ、自分では手の届きにくい「襟足・背中上下・ヒップ奥のみ」については、自己処理するのは至難の業。



そのため、ミュゼでは、そのような部位に限ってシェービングを手伝ってくれます。



以前は、自己処理をしていなくても「襟足・背中上下・腰・ヒップ・ヒップ奥のみ」は代わりにシェービングをしてくれていました。



しかし変更後は、先ほど紹介したアナウンスにもあったとおり『襟足・背中上下・ヒップ奥のみお手伝い』、となっています。



つまり、これらの部位に限って、剃り残しがある場合は処理を手伝いますが、基本的には自分で処理をしてきてくださいね、というメッセージとなっているんですね



可能な限り、自己処理していきたいですが、襟足、背中、ヒップ奥については、万一、剃り残しがあっても、ミュゼのサロンスタッフがシェービングの手伝いをしてくれますので、ひとまず安心と言ったところです。



とはいえ、これらの部位を、まったく自己処理をせずに当日施術に臨むと、サロンでの居心地が悪くなります。



気持ちよく施術を受けられるよう、無料カウンセリングで、これらの部位の自己処理方法については確認をしていきましょう。



グーグルで、『背中 自己処理 方法』で調べれば、具体的なやり方も出てきますが、ネットの情報ですので参考にとどめたほうが無難。



にわか知識で、カミソリで背中や襟足を自己処理して、肌を傷つけてしまうと、こんどはその傷によって施術NGとなってしまうからです。



特に自己処理の難しい背中や襟足については、ミュゼの無料カウンセリングで事前の毛処理についてしっかりやり方を教えてもらいましょう。



ちなみに、襟足のムダ毛を手入れする場合、背中もセットで考えていくのがおすすめ。



なぜなら、どちらか片方だけだと、境目が目立ってしまい、逆にみっともなくなってしまうので、まとめての施術を相談してみてくださいね。





ミュゼの事前処理の長さはどのくらい?




脱毛前の事前処理をする場合、どのくらいの長さにしなければいけないのでしょうか。



ムダ毛の長さは具体的に言うと肌表面から2mm以下ならOKです。



私はミュゼで脱毛していますが、普段のお手入れ法で事前処理をしていって、特にダメだと言われたことはありません。



シェービングは、カミソリや電気シェーバーでいつも剃っている状態で行けば大丈夫でした。



ツイッターで断られた方の口コミがありますが、『ここまでキッチリやったんだから大丈夫でしょう』というレベルで、しっかり意識して処理していけば、まず大丈夫です。



ミュゼで脱毛前に事前処理しないといけないのは何故?




ミュゼでは脱毛前にシェービングなどで毛の処理をしなければならないということはわかりましたが、ではなぜ処理をしないといけないのでしょうか。



それは、シェービングの事前処理をせず毛が生えたまま、光を当ててしまうと、火傷をしてしまうためです。



ミュゼの脱毛方法は光脱毛と呼ばれ、黒い毛に光をあてることで毛のメラニン色素に高い熱を発生させ、その熱によって発毛組織にダメージを与えるもの。



毛が長い状態で光をあてると高熱の範囲が表皮等におよび、火傷の原因となるのです。



自分の肌を守るためにも、予約当日までに、シェービングの事前処理はしっかりしておきましょう。



自己処理の方法については、こちらの記事のリンクにて紹介しています。



自己処理の失敗でミュゼ脱毛が当日キャンセル?原因と対策まとめ!







色々気を付ける点があって難しいなと思われるかもしれませんが、キレイに脱毛をするためにはどれも大切な点ですので注意してください。






また、『その光を肌にあてるのが危険なんじゃないの?』と、感じるかもしれませんが、少なくとも、私の場合、今までミュゼで光脱毛をして、肌に問題を起こしたことがありません。



日焼けした肌には光脱毛は施術できないことになっているので、とくに夏場に脱毛サロンミュゼに通う場合は注意が必要。



また、他サロンで脱毛施術したり、ワックス脱毛した場合は、そこから3か月の間、ミュゼで脱毛施術ができませんので、こちらも要注意です。



ミュゼの質問
画像引用;ミュゼの公式サイトより




総合的にミュゼの脱毛の口コミについて知りたい方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。


⇒ミュゼの脇脱毛の効果の実際は?1回・2回の体験写真&口コミ!



まとめ




初めて脱毛をやってみようかな、と思っても自分の肌に合うかなど心配事は尽きません。



しかし何か問題があった場合には、きちんとクーリングオフ制度も利用することができるので、あまり緊張せずまずはチャレンジしてみてはいかがでしょうか。



⇒ミュゼのクーリングオフの方法は?コールセンターへの電話と書面!



脇や腕の部位ならともかく、デリケートゾーンなどは、予約当日までに電気シェーバーで事前処理するのが難しいもの。



私はミュゼで、ひざ下の脱毛施術をしていますが、シェービングの事前処理でひざの裏側部分に剃り残しがある場合があります。



本来、ミュゼでは剃り残しの部分は、施術してもらえません。



しかし、私の通うミュゼでは、少しの剃り残しなら「剃り残しに気をつけてくださいね」と言われながら、ミュゼのスタッフが手伝ってくれます。



このように、少しの剃り残し程度であれば、多めに見てくれるケースもありますが、あくまでもこれはイレギュラーな対応。



剃り忘れや剃り残しがないよう、しっかり自己処理をしていきましょう。



ミュゼの詳細を見てみる