ミュゼは授乳中でも脱毛できる?イメージ




こんにちは、SAYAです。



ミュゼでは妊娠すると脱毛することができないということは有名ですが、出産して授乳中は脱毛できるのでしょうか?



授乳中はお腹に赤ちゃんがいない状態なので脱毛できそうですよね。



しかし答えは、NOです!授乳中は脱毛施術を受けることができません。これはVラインなどのデリケートな部分に限らず、脇なども含めた全身で共通です。



なぜ授乳中は脱毛できないのか、またミュゼの脱毛再開のタイミングについても紹介していきます。



スポンサーリンク




なぜミュゼは授乳中の脱毛ができないの?


ミュゼは授乳中でも脱毛できる?イメージ(なぜできない?)




脱毛すると母乳に影響するのか、という点が一番気になるところですよね。



授乳中は風邪薬を飲むと、母乳と一緒に薬の成分が出てしまうため、病気になっても薬を飲むことができないなど神経質になりがちですが、それと同じように何か影響があるのでしょうか?



結論から言うと、脱毛しても母乳に影響はなく害があるというわけではありません。



フラッシュ脱毛は毛根部に対してダメージを与える施術なので、薬を内服するように成分が体内に入るわけではなく身体に対して影響はありません。



ではなぜ授乳中、脱毛がNGなのかと言うと、ホルモンバランスが影響していると考えます。



スポンサーリンク




授乳中に脱毛できない理由とは?




授乳中に脱毛できない理由には、エストロゲンという女性ホルモンが関係しています。



エストロゲンというホルモン




妊娠中は女性ホルモンが大量に分泌されていて、その中の一つであるエストロゲンは発毛の影響があると考えられているホルモンです。



そのホルモンは胎盤に蓄積されているので、出産したら急激に減ります。



そして産後一年くらいで徐々にホルモンバランスが戻るそうなのですが、その時期が生理の再開です。




生理が再開する時期は人によって異なりますし、授乳をやめる時期も人によって違います。



授乳をしていると生理がなかなかこないので、だいたいの目安としてミュゼでは、ホルモンバランスが安定する時期を授乳を終えて生理が二回きている事を条件としているのです。



またエストロゲンという女性ホルモンのバランスが整うのが、授乳を終えた頃と考えられていますね。



プロラクチンというホルモン




もう一つの理由として考えられるのが、授乳中に脳下垂体から分泌されるプロラクチンというホルモンです。



プロラクチンは乳腺の発達を促し、乳汁を分泌するホルモンなのですが、授乳中はこのホルモン値が高くなっているのです。




このホルモンの影響によって、毛が濃くなるという症状を感じる場合もあります。



そのため授乳中は、脱毛しても逆に毛が濃くなってしまう可能性があり、効率よく脱毛していくことができないのです。




そのため、ミュゼでは、授乳が終わるまでは脱毛することができないという決まりになっていると考えられえます。



やっと生理がきて、脱毛を再開しても毛が濃くなってしまうと、ミュゼの責任になる可能性がありますからね。



施術をしても確実な脱毛効果を得ることができない、肌トラブルになる可能性がある、という理由からミュゼでは授乳中の脱毛を断っているのだと思います。



中には授乳中でも脱毛可能となっているサロンがありますが、その場合は自己責任で脱毛してください、という事になります。



ミュゼは万が一の時のことを考えて、授乳中は脱毛できないとなっているのですね。



授乳中でも気にせず処理してくれるサロンもあるとは思いますが、脱毛効率がよくない時期は脱毛のお手入れができない、とはっきり決まっているミュゼは信頼できると思いますよ。



女性は脱毛している期間に妊娠、出産の時期が重なると、かなり神経質になってしまいますよね。



心配に感じる場合は、脱毛のお手入れを一度お休みして、必要な時はカミソリなどでの自己処理にとどめることをおすすめします。エステ脱毛がずっとできなくなるわけではないので、生理も復活して不安がなくなった状態で脱毛を再開するといいですよ。






ミュゼは出産後、どのタイミングで脱毛再開できる?




ミュゼでは「卒乳をして安定した生理が二回きた時点で脱毛再開できる」ということになっています。



先ほども説明したように、断乳する時期も、生理が再開する時期も女性によって異なります。



そのためハッキリした決まりを作っていないと、いつ脱毛再開すればいいのか分かりませんよね。



そこでミュゼは総合的にホルモンバランスが安定する、「授乳を終えて生理が2回きている」という条件を決めているのです。



生理が2回きているということは、安定した周期でホルモンバランスが機能しているということを意味しています。



そのことからも分かる通り、脱毛効果の点でも、精神的な面でも、安定した状態で脱毛をはじめることができるのです。



今回は、なぜ授乳中は脱毛することができないのか?という疑問を解説しました。





女性の身体に変化を起こす妊娠・出産・授乳時期については、ゆっくりと脱毛を休んで、身体が脱毛再開できる状態になってから女磨きを再開してくださいね。



お得にキレイになりたいというママにも使いやすいのがミュゼの全身脱毛です。一気にまとめてキレイになれるので一回にかかる時間は長いですが、トータルで脱毛にかかる時間は短いといえます。



⇒ミュゼの料金表まとめ!全身脱毛コースの値段と回数を比較!



sponsored link