ミュゼ予防接種・美容注射はダメ?イメージ




こんにちは、SAYAです。



ミュゼは、より安全に施術するために、「お手入れできない条件」というものをいくつか提示しています。



その中の一つに、「前後10日以内の予防接種」という条件があります。



注射時期を見越した綿密な計画のもと、予約をする必要が出てきたりと、正直、厳しい拘束ですね。



今回、なぜ、『施術日の10日前後に予防接種をしてはいけない』というルールがあるのか、詳しく解説します。




スポンサーリンク




なぜ、予防接種の前後10日間は施術できないの?




お手入れをすることができない注意事項に入っているので、素直に聞くしかないと思いますが、単純になぜ予防接種をすると施術できないのか、気になりますね。



ミュゼのホームページでは、「予防接種は体質により体調を崩す方がいらっしゃるため、お手入れをお断りしている」ということが記載されています。




一般的な考え方をすると、インフルエンザの予防接種を受けた場合、ウイルスをワクチンとして注射するということなので、通常の健康状態とは異なります。



インフルエンザの予防接種を受けたあとは、個人差がありますが、微熱やだるさなど人によって身体に副作用を感じることがあります。



もちろん、全く副作用を感じないという人もいますが、インフルエンザの予防接種を受けた人は身体の中でインフルエンザに対する抗体を作っている期間なので、肌と体に少なからず影響が出ることには変わりありません。



そのような状態で施術を行ってしまうと、肌トラブルを起こしたり、身体の調子が悪くなる可能性がある、ということでお手入れを断っているのです。




予防接種を受けた後は、安静にして体調管理に気を付ける必要があります。



予防接種を受けてすぐに施術を行い体調を崩してしまったとなると、疑われるのはミュゼですので、そのような疑問を排除する安全対策をしているのですね。



スポンサーリンク




施術前後に予防接種をした場合はどうなるの?




予防接種をした後に体調の悪化などが起きても責任を取ることができないということから、お手入れできない条件として含まれているということを説明しました。



しかし、それでも予防接種をした場合、どうなるのか気になりますよね。



フラッシュ脱毛は比較的弱い出力の光を使用しているので、実際のところは、それほど影響はないと言えるでしょう。



人やその日の体調によって様々ですので一概には言えませんが、全身脱毛でも特に問題ないでしょう。ミュゼの全身脱毛はおトクな値段にも関わらずカウンセリングがしっかりしていますので、気になる方はスタッフに聞いてみましょう。


⇒ミュゼの料金表まとめ!全身脱毛コースの値段と回数を比較!



光を照射したとしても毛根まで届かないくらいなので、特別身体の中に影響を与えるということはありません。



つまり体調の悪化など起こる可能性は低いと言えますが、万が一何か起こった場合は自己責任ということになります。



ミュゼ側の考えとしては、より安全に、より確実に脱毛する事を求めているため、そのような判断になるのだと思われます。



うっかり予防接種をしてしまった場合は、スタッフに確認するか、契約前でしたら無料カウンセリングで詳しく聞くのが確実です。



sponsored link