高校生の脱毛に反対する親の説得方法とは?イメージ


こんにちは。あかねです。

 

高校生の脱毛は今や当たり前。ところが、ご両親が脱毛サロンに通うことを許してくれずに悩んでいる方もたくさんいます。

 

許してくれないと困りますよね。だって未成年の場合は、親権者の同意書が必要になりますから、これが得られなければ、話は前に進みません。




特にミュゼのように、カウンセリングに親も同行することが条件になっている場合はなおのこと、ご両親の賛成を取りつける必要があります。

 

このような時は、ただ「うちのママは古い!」と嘆くのではなく、なぜ反対をするのか、親世代の意見も頭に入れましょう。



男子高校生も脱毛をしたい!どんな方法がベスト?



スポンサーリンク




 

高校生の脱毛に対する親世代の意見とは?

 
  • 脱毛自体は反対ではないけど金銭的な援助をするつもりはない
  • 高校生だけにサロン選びを任せたくない
  • 高校生のうちから贅沢をさせたくない
  • ホルモンバランスが安定するまで待つべき
  • 脇くらいなら認める
  • もしトラブルがあった時、高校生だけでは心配
 

主な理由は以上のようなものでした。金銭的な理由が一番ではないでしょうか。



脱毛経験のある親世代は、「自分の経験を生かして、娘のために評判の良いサロンを一緒に探してあげたい」という方もいますが、そんな方でも「通うならアルバイトやお小遣いを貯めて自分のお金で通いなさい」と、金銭面はシビアです。

 

「高校生のうちからそんなに贅沢をしたら、今後もっとエスカレートするのでは?」と心配する方の意見はこのようなものです。



脱毛がきっかけとなって、分不相応な金銭感覚を身につけてしまうのでは?と危惧しているようです。それでも「同じ女性として、ムダ毛の悩みは理解できる」という意見が圧倒的ですから、説得のしかた次第では賛成を得られそうです。


 

高校生の脱毛は贅沢なの?

高校生の脱毛に反対する親の説得方法とは?高校生の脱毛は贅沢なの?イメージ



残念ながら、これはジェネレーションギャップです。

 

病気になれば治療費を払う、これは必要経費です。髪の毛が伸びたから美容院に行く、これも贅沢ではなく、必要経費です。

 

でも脱毛サロンは、生活をする上で、どうしても必要なものではないから贅沢という意識が強いのだと思います。



親世代にとって、脱毛エステサロンは、まだ美容院に行くような軽い意識ではなく、”ちょっと特別なもの”、”一部のお金持ちが通うもの”という意識が根強いのです。

 

その理由はきっと、「脱毛=高額」というイメージがまだ根強く残っているからだと思います。



また、勧誘などのトラブルを心配されている方も同様です。かつてのエステサロンは、勧誘が当たり前という時代がありましたそれが問題になったこともあります。

 

「今はそんな時代ではない」というのを強くアピールして、サロンの安全性を理解してもらうしかありません。



低価格であること、脱毛以外にかかる追加料金はないこと、無理な勧誘がないこと、公式サイトやそこに寄せられた口コミを読んでもらうことが第一歩です。






 

自己処理の危険性を理解してもらう!

高校生の脱毛に反対する親の説得方法とは?自己処理の危険性を理解してもらう!イメージ


高校生にとってムダ毛処理は身だしなみの一貫ですから、ムダ毛処理が贅沢とは言えません。



高校生の場合は、カミソリや毛抜きを使うのが一般的ですが、それらの方法は、お肌に深刻なダメージを与えてしまいます。特に毛抜きを使った処理に関しては、埋没毛はもちろん、雑菌が入れば毛包炎を引き起こす可能性もあります。

 

それらの自己処理のリスクをしっかりと説明をして、脱毛サロンは自己処理よりもはるかに安全であることをアピールしましょう。「肌トラブルを起こす前に脱毛サロンで脱毛をしたい」と説明をすれば、反対する理由は確実に減るはずです。



ちなみに、高校生におすすめのむだ下処理方法をまとめた以下の記事が参考になるかもしれません。



高校生におすすめのムダ毛の処理方法とは?


 

本気度を示すためにお金を貯めてアピールする!

 

高校生の収入源といえば月々もらうお小遣いやお年玉がメインです。アルバイトが許される環境ならそれを貯めて脱毛にあてることができますが、そうでなければ限られた金額でやりくりするしかありません。

 

本気で脱毛をしたいなら、少しずつでもそのお金を貯めて「これだけ貯めたから脱毛をしたい」と堂々と言えます。その努力を全くしないで、「全額出して」となれば、その後の金銭感覚を心配されてもしかたがありません。

 

微々たる金額しか貯められなくても、限られた予算内でやりくりをして自分で作った資金に対してならきっと許してくれるはずですし、「足りないから少し貸してして」というのも言いやすくなるはずです。



援助してもらうのではなく、足りなければ期日を決めて借りるのです。そのお金を作るために一生懸命節約をしたという事実は、贅沢とか金銭感覚のズレとは対局の位置にありますし、本気度をアピールする上でとても有効です。

 

例えばこんな時、周囲の友人の中には、全額親が出してくれる人もいるでしょう。どんなに羨ましいと思っても、「人は人」と割り切って、自分の環境と比べないこと、親と話す時には他人を引き合いに出さないことがたいせつです。



スポンサーリンク



 

同じ女性である母親を味方につけるには?




ムダ毛の悩みは高校生だけでなく、母親世代にもあると思いますので、そこに着目してみてはいかがでしょうか。



サロンによっては親子割など、親と一緒に通うことで割引ができる場合もありますから、それを利用するのも一つの手です。




高校生におすすめの脱毛サロンは?格安キャンペーンまとめ!



金銭的なメリットが生じるだけではなく、実際に通うことで、食わず嫌い的な思い込みがなくなります。特に「古いな」と感じたなら、これは特に有効だと思いますよ。

 

一番良くないのは、理解をしてくれないからと、他人に頼んで同意書にサインをしてもらうことです。



長く通い続けるうちには、一緒に生活をしている以上、いつかは親に気づかれてしまいますし、その間、ヒヤヒヤしながら生活するのも嫌ですよね。そのため、きちんと順番を踏んで理解を得る努力をしましょう。


 

今回は以上です。最後までお読みくださりありがとうございました。



おすすめの関連記事



⇒高校生が脱毛器を選ぶコツは?使用上の注意4点まとめ!




おすすめの関連動画