高校生におすすめのムダ毛の処理方法とは?イメージ


こんにちは。あかねです。

 

最近はツルツルの肌がもてはやされる時代ですから、毛深いことを悩んでいる小学生もいるそうです。そんな時代ですから、中学生や高校生にとっては、もっと深刻な悩みではないでしょうか。



そこで今回は、高校生のムダ毛処理に最も適している方法について考えていきたいと思います。



男子高校生も脱毛をしたい!どんな方法がベスト?



スポンサーリンク





高校生のうちから正しい知識を仕入れるべき!

高校生におすすめのムダ毛の処理方法とは?正しい知識をイメージ


私がムダ毛で悩みだしたのは、異性の存在を意識し始めた中学生の頃でした。高校生になってからはムダ毛処理に頭を抱える日々が続き、夏のプールの授業や部活が憂鬱で、当時はよく周りの女子友達と「脇のムダ毛、どうやって処理している?」などと、情報交換をしていました。

 

不思議なもので、中学生の頃は、恥ずかしくてそんな話しは全くできませんでした。でも高校生になってからは「もうみんな生えているんだから当たり前」という感じで、親しい友達になら聞くことができました。

 

けれど、聞くことで逆にショックを受けたことも事実です。ムダ毛には個人差があり、薄い子もいれば私のように毛深い人もいるという、今となっては当たり前の事実に直面したのもこの頃です。



もしあなたが、高校生の子供を持つ親だったとしたら、親御さんの立場からお子さんに心がけてあげられる事について考えていけたらいいですね。そういう意味で、以下の記事が参考になるかもしれません。


高校生の脱毛について!親が心がける3点とは?



高校生の脱毛に反対する親の説得方法とは?

 


さて、ムダ毛に関する知識が浅かった当時高校生の私がやったムダ毛の処理方法といえば、お風呂に入ったついでに家にあるカミソリを使ってジョリジョリ…。あるいは暇な時間に毛抜きを使って一本一本抜いていく…。せいぜいこの程度でした。


 

もちろん保湿に心がけるなんてこともせず、ただ表面のムダ毛がなくなれば良いという程度の意識です。ネットの環境もなかったので、姉や友人からの聞きかじりが当時の私の情報源。黒ずみなどのトラブルを心配することもなく、今から考えるとなんと浅はかなことをしていたのかと後悔します。

 

今のように格安の脱毛サロンはもちろん、優れた家庭用脱毛器もなかったその時代、頼れるのは除毛クリームでした。でもあまり効果はなく、結局はカミソリや毛抜きを使い続けていました。

 

時代は違っても、正しい知識がなければ、今の高校生も当時の私と同じことをするのではないでしょうか。



確かにカミソリや毛抜きは手軽でお金はかかりません。けれど、肌への負担は大きく、埋没毛や黒ずみの原因になります。そのため、ムダ毛の処理をするなら正しい方法を理解して実践していくことをおすすめします。



特に高校生のタイミングで、すでに脇が黒ずみになってしまった場合は、その後も脱毛対策をしなければ継続的に自己処理することになるため、早めのケアをすることが望ましいですね。



この方法を実践している方の90%以上が満足している効果的な方法であるため、ご興味がある場合、参考になるかもしれません。




お金をかけたくないなら部位別に適した方法を実践する!

 
高校生におすすめのムダ毛の処理方法とは?部位別に適した方法イメージ


高校生のネックは金銭的な負担です。家族に理解があってお金を援助してもらえるようであれば何万もする家庭用脱毛器を買うこともできるでしょう。でもそれができないなら、お金をかけずに除毛する手段を考えていくしかありません。

 

安いものでいいので、プレケア用に乳液を一本購入します。除毛したい部位を蒸しタオルでよく温めてから、乳液をたっぷりと塗布します。


 

家庭用の電気シェーバーを使う場合ですが、毛の生え方をよく見ると、部位別に毛流れが違いますよね。手足に比べると脇やVラインは毛流れがバラバラです。処理する時もそれに合わせる必要があります。

 

手足は毛流れに沿ってやさしく剃りましょう。肌への負担を考えて、何度も剃らないことがポイントなので一気に剃ります。

 

Vラインは、ハサミを使って短くカットしましょう。脇も毛の流れをよく見ながら毛流れに逆らわないように処理することがポイントです。



他の部位と違って脇は利き手の問題もあり、一度できれいに処理することは難しい場所ですが、残った毛があったらハサミで短くカットしましょう。そして処理したあとは、保湿用のローションをたっぷりと与えます。


 

これが最もお金をかけずにすむ除毛の方法ですが、もう少しお小遣いに余裕がある方なら、次は高校生におすすめの除毛クリームやローションをご紹介していきます。

 





高校生におすすめの脱毛クリーム&ローションは?

 

 

1.鈴木ハーブ研究所・パイナップル豆乳除毛クリーム(2,700円)

 

上記でご紹介した方法は、確かにお金はかかりませんがムダ毛は残ります。ムダ毛をきれいに取り除きたい、だけどお肌をツルツルにしたいという方には電気シェーバーより脱毛クリームがおすすめです。

 

除毛クリームといえば、国内外問わず、数多くの商品が出回っています。ドラッグストアーに行っても、たくさん並んでいて、どれが良いのか迷ってしまうのではないですか?

 

その中でも特に高校生にオススメしたいのは、鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳除毛クリームです。デリケートな高校生のお肌には、美肌ケアも同時にできて肌負担を極力抑えた除毛クリームが適しています。

 

使用方法も簡単で、チューブから直接除毛したい場所にクリームを乗せ、専用のスパチュラでムラなく伸ばすだけという手軽さです。そのまま5?10分置いて拭き取ります。あとは石鹸を使ってよく洗いながし、仕上げにローションでお肌を整えます。



きになる口コミ情報はこちらでまとめております。



パイナップル豆乳除毛クリームの口コミまとめ!悪い評判と理由は?


 

2.鈴木ハーブ研究所・パイナップル豆乳ローション(2,700円)

 

ローションだけならいつも使っているものでいいのでは?と思いますよね。ところが鈴木ハーブ研究所のパイナップル豆乳ローションは、抑毛成分が配合されたローションです。

 

ムダ毛は男性ホルモンが作り出しますが、逆に女性ホルモンは、ムダ毛を抑える役割があることで知られています。豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じ役割を持ちます。そこに着目して作られたのが鈴木ハーブ研究所・パイナップル豆乳ローションです。

 

またパイナップルに含まれる酵素は、毛の主成分であるタンパク質を分解する働きがあるので、ダブルの効果でムダ毛にアプローチしていきます。

 

本当はパイナップル豆乳クリームと合わせて使うのが理想ですが、こちらのパイナップル豆乳ローションだけでも効果的にムダ毛の処理ができます。使い続けているうちに、ムダ毛の伸びが遅くなります。

 

最近はムダ毛対策の一貫として豆乳ローションが注目を浴び、手作りの豆乳ローションの作り方を紹介しているサイトも数多くあります。豆乳はスーパーでも入手できる身近な存在ですが、含有量の違いから効果の出方には明らかな違いがあります。価格を見ても高校生のお小遣いで十分に手の届く範囲ですから、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

 


こちらの商品についても、以下の記事で口コミ評価をまとめてみました。



パイナップル豆乳ローションの脱毛効果は?



今回は以上です。最後までお読みくださりありがとうございました。

 

スポンサーリンク




おすすめの関連記事



パイナップル豆乳ローション | スズキハーブ研究所



⇒高校生が脱毛器を選ぶコツは?使用上の注意4点まとめ!



⇒高校生におすすめの脱毛サロンは?格安キャンペーンまとめ!




おすすめの関連動画