こんにちは、SAYAです。



「脱毛サロンやクリニックに通うのが面倒くさい」「剛毛を誰にも見られたくない」というのは、ムダ毛のコンプレックスを抱えている人に共通している悩みではないでしょうか。



エステ脱毛や医療脱毛など第3者に施術してもらう手段の他に、家庭用脱毛器を使って自分で脱毛する方法があります。



家庭用脱毛器にはいろいろなブランドがありますが、その中でもトリアとケノンが比較検討されることが多いです。



そこで今回、家庭用脱毛器トリアの2chでの口コミ評判とケノンと比較してvio脱毛とヒゲ脱毛の効果の違いについて検証し、紹介していきます。



スポンサーリンク





家庭用脱毛器トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xの特徴とは?




家庭用脱毛器のほとんどがフラッシュ脱毛を採用している中、トリアはレーザーを採用している脱毛器です。



レーザー脱毛器はメラニン色素のみにレーザーが反応するので、フラッシュ脱毛よりも高い脱毛効果を期待できます。



特徴1.米国厚生省FDAの認可を受けている




トリアは日本の厚生労働省にあたる、米国厚生省のFDA(米国食品医薬品局)から認可を受けた家庭用レーザー脱毛器です。



アメリカではFDAの厳しい治験・審査承認体制により、多くの製品が厳重に治験審査された上で市場に流通しています。



このような厳しい基準をクリアしているため、利用者が多く、効果に納得している人が多いのも頷けますよね。



特徴2.ダイオードレーザー技術を採用




トリアはレーザーの専門家が開発した家庭用脱毛器で、ダイオードレーザー技術を採用しています。



周辺の皮膚にダメージを与える事なく、ムダ毛に含まれる黒いメラニン色素に吸収され、熱を発してムダ毛を生み出す毛根のみにダメージを与えます。



これまでの家庭用脱毛器とは異なり、レーザーを使用した脱毛器なので、濃い毛に対して効果が高いという点が魅力です。



家庭用脱毛器トリアで効果の高い照射レベルとは?




トリアは照射レベルを1から5まで自由に設定でき、レベル1が最小レベル、レベル5が最大レベルです。



レベルが高くなればなるほど出力が高くなるので、毛根へのダメージは大きくなりますが、痛みを感じる度合いは強くなります。



照射の痛みを我慢すると炎症や火傷などのトラブルを起こす可能性が高くなるので、我慢できるレベルで照射することが大切です。



トリア2


2chのレビューでは、レベル3で効果を実感できる人が多く、効率よく脱毛効果を実感できることが分かります。



しかしレベル3は涙が出るほど痛いという意見もあるので、いきなりレベル3で照射するのではなく、レベル1からはじめて徐々にレベルを上げていくことが前提です。



無理してレベルを上げてトリアに恐怖心を抱くよりも、レベルを抑えても恐怖心を抱かずに長く愛用できるのが大切ですね。



私も家庭用脱毛器を使用していましたが、早く効果を実感したいからといきなり高レベルで照射したところ、恐怖心が出てしまい脱毛器から気持ちが離れてしまいました。



脱毛サロンに通うよりも家庭用脱毛器を使用した方が効率が良いのではないか、という軽い気持ちで購入したのですが、5万円ほどの買い物で決して安くはありませんでした。



「家で、自分で簡単に脱毛ができる~」という軽い気持ちで購入して、早く結果を出したいという思いからいきなり最大レベル5中の4で照射したら慣れていないこともあってすごく痛かったんです。



家庭用脱毛器は脱毛サロンと違って自分で照射しないといけません。



脱毛サロンだと痛みがこわいと思っているうちにピッピッピッとリズムよく照射してくれますし、「痛い!」と思ったときには次の部位を照射してくれるので痛い気持ちが紛れます。



自分で照射すると痛いと思ったときには手がとまり、痛いという恐怖心で次の部分を照射できなくなるんです。



その繰り返しで、ついには家庭用脱毛器を見るのも嫌になって処分し、脱毛サロンに通い直すことになりました。



私の経験からおすすめしたいのは、照射レベルに慣れるまで急がずにゆっくり進めて欲しいということです。



トリアvsケノン 脱毛器比較




トリアとケノン、脱毛器比較をしていくと、大きな違いはトリアがレーザー脱毛器、ケノンがフラッシュ脱毛器という事です。



実際にトリアやケノンを使用して脱毛している人は、どのような効果を実感し、どのような感想をもっているのでしょうか。



トリアvsケノン vio脱毛の効果




レーザー脱毛器のトリアとフラッシュ脱毛器のケノン、vio脱毛にはどちらの脱毛器が効果的なのか気になりますよね。



まずトリアのvio脱毛についてですが、照射レベルによっても異なりますが、1回の照射ではあまり期待できません。



トリア3


次にケノンのvio脱毛の効果を見てみると、3、4回の照射でかなり薄くなったという意見が多いです。



ケノン1


ケノンはvio脱毛にも効果的だという事が分かりますが、デリケートゾーンの毛は他の部位と比べて毛周期が長いので、一度毛が抜けると次の毛が生えてくるまでかなり期間があきます。



そのため効果が出ていると実感できるわけですが、次の成長期の毛が伸びてくると毛量が元に戻ってしまいます。



これに関しては、ケノンだけでなくトリアにも共通することなので、vio脱毛を完了させるためには、気長にコツコツと照射していくことが必要です。



トリアvsケノン ヒゲ脱毛の効果は?




トリアのヒゲ脱毛の効果を見てみると、効果の出方に大きな違いがあるようです。



顔は他の部位に比べて皮膚が薄く、ヒゲは太く濃いので、どうしても照射レベルが低くなります。



また男性のヒゲの濃さには個人差があり、女性のように細くうぶ毛のような人をはじめ、頭髪のように太く濃い毛が生えているという人もいて、毛質の幅が広いです。



トリア


トリア4


2chのレビューからも効果の出方に個人差がある事が分かりますが、皮膚を極限まで伸ばして照射すると効果が出やすいようです。



効果の出るコツを実践すると、頑固なヒゲ脱毛も効果を発揮します。



またダイオードレーザーのトリアは、根の深いヒゲの脱毛には効果が薄い可能性が高いです。



トリア5


根の深いヒゲには、波長の長いヤグレーザーの方が適しているので、効果が出ないときはトリアを使い続けるよりもヤグレーザー脱毛機のクリニックを利用した方が効果的ですね。



ケノンのヒゲ脱毛の効果を見てみると、やはりこちらも個人差があるようです。



ケノン2


何度照射しても効果がないようであれば、医療レーザーをおすすめします。



トリア1


人によっては、体のどの部分と比べても断トツヒゲが硬い・太い・濃いという人は、家庭用脱毛器では対応しきれない毛質の可能性があります。



その場合は、残念ですが医療機関のレーザー脱毛を利用した方が短期間で効率よく脱毛できます。



トリアもケノンもヒゲ脱毛に一定の効果を実感している人が多いので、ヒゲ脱毛に家庭用脱毛器はムダということはありません。







トリアには安心の保証とサービス




トリアは自宅で気軽に脱毛できるのがメリットですが、家庭用脱毛器だけに自宅で本当に脱毛できるのか不安が残りますよね。



ほとんどの家庭用脱毛器は販売のみで、その後のアフターケアについては一切関わっていないのが現状です。



その結果が購入後の不安につながってしまうのです。



しかしトリアは「30日間返金保証」「2年間保証」「専用オペレーターによるサポート」がつきます。



既製品の多くは一度使用したら返品できない中古品になってしまいますが、トリアは購入後30日以内であれば返品可能となっていて、全額返金してもらえます。



使用後に返品できない、脱毛のお試しができないというのは、家庭用脱毛器を購入する上で一番の不安材料になるので、それを払しょくできるのは大きなポイントですね。



トリアは試した時に満足できなければ返品できるという安心感が、家庭用レーザー脱毛器の使用へ一歩踏み出す勇気をくれます。



また購入後2年以内に欠陥や故障が発生した場合、無料で対応してもらえるので、高額な家庭用脱毛器を購入する際の不安材料が減ります。



家電量販店で電化製品を購入しても故障したときや使い方が分からない時に直接メーカーに問い合わせるのはついためらってしまいますが、トリアは専用のオペレーターが配置されているので、その点も安心して使用できます。



トリアのメーカーに直接問い合わせられるので、細かい不安や疑問に対しても誠実に答えてくれるのは嬉しいですね。



トリアとケノンの2chでの評判を調査しましたが、どちらも使用している人は効果を実感しているという事が分かりました。



効果を出すためには、皮膚を伸ばして毛の深いところまでレーザーが届くように意識するなどのコツがあります。



それでも肌質や毛質などの個人差によって、鼻下だけ効果が出ない、などの口コミもありました。



効果の出やすいコツを実践しても毛が全く薄くならないという場合は、ヤグレーザーなど、他のレーザー脱毛も体験してみるのがおすすめです。



トリアもケノンも30日間返金保証がついているので、実勢に自分の肌で体験して効果を体感してみるのも一つの手。



照射して10日から2週間ほど経てば毛が抜け落ち、また生えてくるので照射する、を繰り返すと徐々に毛が細くなります。



30日間使用しても効果を期待できないと判断したときは返品すればリスクがないですし、他の脱毛器やクリニックにかえることもできます。



まずは1ヶ月間じっくり体験してみて、毛の変化を体感してみるといいですね。



スポンサーリンク