こんにちは、SAYAです。



ミュゼで脱毛を開始した人にとって避けて通ることができないのは、ムダ毛の自己処理の心配ではないでしょうか。



ミュゼで脱毛しているとしてもムダ毛は生えてきますし、自己処理をしないとムダ毛が生えたままになってしまいますよね。



脱毛している期間は自己処理を控えないといけないとは言っても、女性として生えたままのムダ毛は放置する事ができないのではないでしょうか。



脱毛の自己処理をしたいけれど、自己処理は控えないといけないという状況の中で、どうしたらよいのでしょうか?



今回は、ミュゼで脱毛施術した後にムダ毛を剃るのはOKか、脱毛効果への影響を説明します。



★ミュゼの最新キャンペーン情報★

ミュゼ公式サイトイメージ



脱毛は急ぎたい。支払いはゆっくりしたいなら、ミュゼの全身脱毛がおすすめ!


 勧誘なし、丁寧な接客で口コミ良好

 全身脱毛22ヶ所、月々8400円(税込)で利用可能

 全身脱毛が月2回通え、1回60分、最短6カ月で脱毛完了

 全身脱毛1回の来店で一気に全身お手入れ可能

 途中解約も可能

 痛みがほとんどないSSC脱毛方式










ミュゼで脱毛後にムダ毛を剃るのはOK?




ミュゼの脱毛方法は成長期の毛に対してダメージを与えることができ、施術後2週間ほど経つと毛が自然に抜け落ちます。



10日~2週間ほど経ったときに軽く毛を引っ張るとスルッと抜けますし、何もしなくても毛が抜け落ちます。



もちろん自分の指で抜いても、自然に抜け落ちてもどちらでもかまいません。



脱毛施術によって毛根にダメージが加わるので、施術した時からすでに毛は毛根から離れています。



しかしなぜすぐに抜け落ちず、2週間ほど時間が経たないと毛が抜け落ちないのかというと、毛根付近に毛があるからです。



2週間ほど経つと毛根が上へと上がっていき、抜け落ちるところまで毛が上がってくるので放っておいても自然と毛が抜けおちるのです。



脱毛後にムダ毛を自己処理しても毛根から離れた状態に変わりはないので、脱毛後にムダ毛を剃っても大丈夫ということになります。



しかしたいていの脱毛サロンでは、毛が抜け落ちるまで自己処理をしない方がいいとアドバイスされます。



それはなぜかと言うと、自己処理をせずに毛が抜け落ちた方が脱毛効果が目に見えて分かるからです。



脱毛後にムダ毛を剃ってしまうと、2週間ほど経っても毛が抜け落ちるのを実感することができません。



2週間のうちに毛が伸びてきて、引っ張ると抜けるという一連の流れを自分で体験することで、脱毛効果を実感することができるのです。



カミソリなどで毛を剃ってしまうと、それだけ毛の長さも短くなってしまうので、毛が抜けたという脱毛効果の実感がありません。



脱毛を続けていくためには、しっかり脱毛の効果が出ていると実感する事が大切ということになります。



そのためミュゼなどの脱毛サロンでは、脱毛後の自己処理を控えるようにアドバイスしているのです。



部位により効果が出るまでの時間は異なります。



ミュゼでは脱毛箇所の組み合わせをいろいろと選べるようになっているので、料金表と合わせて確認してみてくださいね。



ミュゼの料金表まとめ!全身脱毛コースの値段と回数を比較!



ミュゼで脱毛後に自己処理すると効果が弱くなる?




ミュゼで脱毛してから毛が抜け落ちるまでの期間にムダ毛を自己処理すると、せっかくの脱毛効果が弱くなってしまうのでしょうか?



お金を出して脱毛したにも関わらず、自己処理によって脱毛の効果が弱まってしまうとなると、なるべく自己処理をしないでおきたいですよね。



先ほど脱毛施術を行ったときに、ムダ毛が毛根から離れていると説明したように、脱毛後に自己処理をしたからといって脱毛の効果が弱まるということはありません。



毛根に対して脱毛効果を与えることができるのは、脱毛後ではなく、照射したときです。



脱毛後に自己処理をしたからといって脱毛効果が弱まるということはありませんが、自己処理による肌へのダメージによってそれ以降の脱毛効果が弱まるということはあり得ます。



カミソリや電気シェーバーなど自己処理の方法はいろいろありますが、いずれも肌にダメージを与える方法であることに変わりはありません。



出来れば脱毛後の自己処理は最小限まで控えた方が、脱毛の効果を高めることができるのです。



ミュゼで脱毛後のおすすめ自己処理は?




脱毛が完了するまでは、毛抜きやワックス脱毛など毛根や皮膚に負担を与える自己処理は控えた方がいいでしょう。



毛抜きを使用すると、毛根から無理やり毛を引き抜いてしまうことになるので、毛根や毛穴に負担をかけることになり炎症を起こす可能性もあります。



また毛周期を狂わせることになるので、脱毛期間中の自己処理としてはおすすめできません。



毛抜きを使って毛を無理やり抜くと、毛穴が角質化するので、毛穴にフタを作ってしまい埋没毛になりやすくなります。



埋没毛になると、ミュゼで脱毛施術をしても脱毛効果を与えることができないので、毛抜きでの自己処理はやめておきましょう。



またワックス脱毛も毛抜きと同じように、毛根から無理やり毛を引き抜く処理法なので、脱毛期間中には適していません。



脱毛中の自己処理として負担が軽く、毛根や皮膚に影響が少ない方法が電気シェーバーです。







電気シェーバーを使えば肌への負担を軽くすることができますし、毛根に影響を与えません。



電気シェーバーの中にもいろいろな種類がありますが、顔用の電気シェーバーが肌に優しいです。



顔は皮膚が薄いので、刺激の弱い電気シェーバーでなければいけません。



肌への負担が軽い顔用の電気シェーバーを使う事で、体毛も優しく自己処理をすることができるのです。



肌に優しい電気シェーバーであっても、頻繁に自己処理には使用しない方がいいでしょう。



なるべく自己処理の間隔をあけて、肌への影響を最小限にすることで脱毛効果を高めることができるのです。



電気シェーバーが脱毛に良いと言われるツイ―トがありました。





https://twitter.com/miyabi_Rady/status/745574247402070016








ミュゼ脱毛後に剃る場合気を付けるポイントとは?




ミュゼでの脱毛後にムダ毛を剃る場合、いくつか気を付けるポイントがいくつかあります。



ミュゼ脱毛後の自己処理で気を付けるポイント1.自己処理前に温める




ミュゼで脱毛した後に、どうしてもムダ毛を自己処理したい場合は、まずムダ毛を剃る部分を温めましょう。



乾燥した状態でムダ毛を剃ると、皮膚を傷つけてしまうだけでなく、キレイにムダ毛を剃ることができません。



キレイにムダ毛を剃ることができないということは、何度もカミソリや電気シェーバーを皮膚に当てなければいけないことになります。



その回数だけ皮膚に与えるダメージが大きくなるということは容易に理解できますよね。



皮膚へのダメージを最小限に、1回で綺麗に剃るためにも処理前には肌を温めてから行うことで肌へのダメージを最小限にすることができます。



肌へのダメージを最小限にするということは、脱毛効果を高めるということにもつながるのです。



ミュゼ脱毛後の自己処理で気を付けるポイント2.脱毛後すぐに無理やり抜かない




脱毛施術をした段階で毛根から毛が抜けているということを説明しましたが、その段階で無理やり毛を抜いてしまうのはよくありません。



放置していると毛が伸びてきて、自然に抜け落ちるくらいまで毛が移動してきます。



その時点ではじめて毛を抜くのであればいいですが、脱毛後の早い段階で無理やり抜いてしまうというのは、毛穴を痛めてしまう原因になります。



毛を太くする硬毛化の原因は、何らかの刺激に対して毛を太くして守るということにあります。



脱毛すると毛根から既に離れているということは正しいですが、その状態ではまだ抜けていい状況ではありません。



毛根が毛乳頭から離れただけなので、抜ける準備はまだ出来ていないのです。



脱毛後は急がず自然と抜け落ちるのを待ってから、指や毛抜きで引っ張ってみましょう。



今回紹介したように、ミュゼの脱毛後にムダ毛を剃っても、脱毛効果に変わりはありません。



しかし脱毛後は肌がデリケートな状態になっているので、肌が落ち着くまでは自己処理などのお手入れを休憩した方がいいでしょう。



またミュゼで脱毛施術をしたすぐに後に毛を無理やり抜くというのもおすすめできません。



脱毛後は肌を落ち着かせることを第一に考えて、ムダ毛のお手入れを行いましょう!



ミュゼの公式ページを見てみる